こどもデザイン造形教室

2018年7月21日 (土)

金曜日の造形教室・小学生クラス

Dsc_5573


こどもデザイン造形教室 金曜日の様子。
猛暑日の連続で、なかなか涼しくならない室内・・怖いくらいに日本列島の気温上昇中! どうか地球が壊れていかないように・・祈るばかり・・typhoon

今日、終業式だったこどもたち、いよいよ夏休みですね。

アトリエでは、デッサンの続き。改めてよく見つめて、さあ描こう!


Dsc_5561


先週まで描いていた線や形・・消してしまったこどもたちもいました。
消す前に、・・ちょっと待ったpaper! いっぺんに消さないで、確かめながら 残しながら 新しい線や影や形を描いて行こう。
それから、どうしても形を線として捉えがちだけど、影はどうかな? 光るところ影のところ、色の違いを感じてみよう。


Dsc_5559


顔だけでなく、身体、髪の毛、頭の形。比較しながら、描いて行こう。
鏡の奥に見える自分、画用紙の上に描かれる自分、手を動かして描いている自分。・・・なんだか不思議だね。


静かな空間に、鏡と画用紙と鉛筆と練り消しと。それだけを与えられて、ほっぽり出された数時間。

みんなは何を見つけられたのかな?


Dsc_5587


最後にみんなで作品を見合いました。 そして感想や、難しかったところや気になったところを発表。

みんな積極的に自分と向き合い、果敢にデッサンに取り組みました。成果は画面にしっかりと現れていますよ!


Dsc_5598


↑ツル先生からは、ピカソの自画像の話。若い頃からなくなる直前まで、こんなにたくさんの、しかもこんなに表現方法の違う自画像をピカソは描いていたんだね。

そこには、何かを見つけてやろう、考えたこと気づいたことを表現してやろう、自分だけの表現方法を見つけようと格闘し、常に変化し表現し続けていたピカソの姿が。

みんなも、どんなときにも何か見つけよう発見しようという気持ちを忘れずに、自分を表現していってほしいなと思います。

いよいよ楽しみな夏休み。
今年は、ことさら暑いので体調管理に充分気をつけて過ごしてくださいね。

長いお休みの中で、さて、何を発見するのかな? 新しく見える世界は何だろう?
お休み明けに、みんながどんなことを話してくれるのか楽しみにしています。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月20日 (金)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

192


こどもデザイン造形教室 木曜日の様子。
小学生クラスは先週からの続きで、えんぴつデッサン。 
一週間ぶりに見る自分の顔。自分が動けば、鏡の中の自分も動く。捉えるには、自分自身をコントロールしなくては!

そこに存在する自分を
鏡を通して見つめて見つめて。


193


どれだけ集中できるだろう?
心の中に何が浮かぶ?
静かな部屋で 自分と画用紙と鉛筆と。
そこから何を見つけられる?

自分の中からわき上がる感覚を大切に。
自分の中から発見する力を大切に。

自分との対話ができるようになるといいのですが。


幼児クラスでは・・


191_2

卵のカラのお絵かき。
背景の空白も、すべて卵のカラで埋め尽くす目標!
かわいいものが大好きなKちゃんは、かわいいな〜、とつぶやきながら制作中。
そういう思いが作品にも出てきますね。

夏休み前、最後の木曜日クラスでした。

まだ休みになっていないのに すでに日本列島は、例年にない猛暑日記録を更新しています!

これから始まる夏休みにどんな体験ができるかな?
どんな発見ができるかな?


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月19日 (木)

水曜日の造形教室   幼児・小学生クラス

連日の猛暑sun  こどもたちにも少しずつ疲れが見え始める頃ですね。
夏休みはもうすぐ・・ 体調を崩さないように気をつけましょう!
特に送迎のお母様方、日中の一番暑い時間帯に本当にお疲れ様です。ありがとうございます!

こどもデザイン造形教室 水曜日の様子・・


181


先週からの続き、順序を覚えて卵のカラでお絵かき! 受け皿にこぼれた卵のカラも、丁寧に集めて集めて〜、そして元の入れ物に戻します。こどもたちはとても几帳面にキレイに戻していますよ!


182


↑模様がたくさん描けたね。黒い紙に卵のカラをのせると、鮮やかに見えるね。
今日は時々おしゃべりもでるくらい ゆったりとした時間の中で制作。・・明日がお誕生日だって!とっても楽しみみたい、おめでとう〜birthday


183


↑細かい点々模様をボンドで描き、卵のカラをのせていきました。カラを払うときも、自分で!
遊びの延長で、絵ができあがっていく・・卵のカラのお絵かきはそんなところが楽しいのです。

続いて、小学生クラス。

えんぴつデッサンの続きです!

お! みんな、ちゃんと先週と同じシャツを着てきました〜t-shirt
一週間経ってから、また自分自身と向き合うとどんな感じかな?


184


改めて見てみると、あれ?ちょっとここは大きいかな?シャツの模様や襟首のところはどうかな?
よ〜く見つめて、ちがうかな?と思ったら潔く修正を加えて、何度も見直して・・鉛筆の濃さを活かしたり 練り消しで鉛筆線を取ったり。
一本の鉛筆から表現できる方法を工夫しよう!
そして、見つけた形や影に対して、心の中でつぶやこう・・

なんで?
なんで、そんなかたちなの?
なんで?
なんで、そんな色なの?
本当に、この形でいいのかな?

こうなんじゃないかな?
これでいいのかな?
こんなふうだぞ!こうみえるぞ!
これだ!

問いかけたり、考えたりしたことを画面に表せるといいな〜。


185


最後に今日の日付とサインをして・・終了!
お迎えのお母様たちに見守られつつ、簡単な講評会、感想発表会もしました。
みんなが興味を持ったところはどこだったのかな?

髪の毛の色が、濃いところと薄いところがあった
目の表面に見ているモノが写り込んでいた
目を見たら、一つの色ではなかった

みんな、たくさんの気付きがあったはず!
その気付きを忘れずに、対象を見つめる・発見する力をもっともっとつけて行こう!


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月18日 (水)

火曜日の造形教室 幼児・小学生クラス/おとなクラス

外にいたら、とけそうなほど!!
sun暑い暑い日が続いている日本列島〜!
まだ、夏休みにもなってないんですが・・・・・sweat02

体力、持つでしょうか?

いやいや・・こどもたちに負けられません。

夏休み前、最後のこどもデザイン造形教室。火曜日クラスも元気に始まりました!


171_3


↑卵のカラでお絵かき。先週からの続きです。

やり方、覚えているかな?

みんなは、覚えてる〜! と元気いっぱいな答えだったけど念のため復習してからスタート。


172


↑それぞれが、お絵かきを楽しみました。空いているスペース、なるべく色で埋めていこう、どんな形がいいかな? どの色がいいかな? 
きれいな模様が紙の上に!


続いて、小学生クラス。

先週に引き続き
えんぴつのみで 自画像を描きます。


173_3


↑良く見ること。デッサンは描く時間と見る時間と、半分半分でもいいくらいです。見つめたその形を描く。

どうかな? 本当に、首はまっすぐかな? どうかな? 実際にTシャツの首のカーブは、きちんとした丸みかな?
目の周りは、くるんと丸いだけなんだろうか? 良く見て、良く見て〜!

自分に問いかけ、
自分で考え、
こうなんじゃないか?という形を描く。


174


↑先週と違う服を着て来ちゃった! というこどもたち。
でも、そこからまた新しい発見をしてくださいね。 大丈夫!
迷った線は消さないで・・新しく見つけた線と、前に描いた線と、形が決まったらピントを合わせていこう!

二回だけのデッサンでは、まだまだ描き足りないところもあるでしょう。
エンジンがかかって、いよいよこれから! というときに終了・・ということもあるかもしれません。でも、対象は自分自身。おもしろい、と思ったら家でも描くことができますね。 

最後に簡単な講評会、作品を見合う会をしました。それぞれが感じたことを話し合ったり、お友だちの作品を見合ったりすることが大切と考えます。
取り組んだ姿勢や気持ち、自分を見つめた体験を次の制作にも活かしていけるといいですね。

隔週火曜日夜moon3は、
おとなのための造形教室。

写真を撮り忘れましたがsweat02
のんびりゆったり活動中。ただ今、木っ端のオブジェを制作しています。
下地を塗ったカケラを、紙やすりで仕上げてからアクリル絵の具で色を塗っていきました。
日常の喧噪(?)や酷暑coldsweats01から離れて・・時々おしゃべりを楽しみつつ、手を動かしています。

ご興味あれば、ぜひご参加ください。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 おとなのための造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月13日 (金)

金曜日の造形教室・小学生

All


こどもデザイン造形教室 金曜日クラス
えんぴつデッサンで、自画像にチャレンジ!

それは、モノクロの世界・・ えんぴつ一本で表現していきます。

デッサンは自分と描く対象とのやりとりですが
今回は、モチーフが自分ですから、まさに自分とのやりとりです。
自分と向き合い、自分に問いかけ 自分を客観的に見つめる・・・

小学生の段階で、おしゃべりの無い静かな空間で、そういう心の中のやりとりができることはとても貴重な体験。

さあ、どこまで見つめることができるかな?
そして、どこまで自分と会話できるかな?
そして、何かを発見しそれを画面に表現することができるかな?

いざ、答えの無い世界へ!


Haruno


↑目の表情、髪の毛の影・・見つめて見つめてどんな表現をしようか考えながら描いていました。柔らかな色合いに光を感じる表現です。


Manaka


↑初えんぴつデッサン! えんぴつの持ち方も違うのでちょっと戸惑うけれど、いつもの潔さでドンドン描けそう・・・目、鼻、口・・描いては消して、来週はどんな風に発展するのかな?


Riyo


↑初えんぴつデッサン! でもとても興味をもって積極的に向き合っています。
横向きに見つめる瞳が印象的。そんな自分のポーズを捉えて、とても大きく描いています。見えたままに描こうというその姿勢に、こちらも刺激されます。


Koharu


↑一度に引き切らず、形を確かめながら見えたままに描こうとするそのえんぴつのラインが、よく見つめていることを証明するかのようなデッサン。えんぴつ表現にも様々な表情を出せること、寝かせたり立てたり、工夫していますね。


Hana


↑顔に対しての目鼻口の大きさ、位置、それぞれを丁寧に確かめるようにしながら描いています。自分の顔の特徴をよく捉えていますね。ゆっくりで良いから、強く見えるところを黒く、柔らかく見えるところはやわらかく淡く・・と見えるままに表現できるといいね。



こどもたちのデッサンは、テクニックで押し通そうとしたり、結果を予測しながら時間配分したり、理屈だけに凝り固まったり・・ということが無いので、とてもユニークで自由。
その姿勢にこちらも学ぶところが大きいのです。 デッサン力とは、物を見て測って描ける力だとは思いますが、そこに描く人の興味や思いが表れてこなければ、ただの写し取りにすぎない絵になってしまいます。

来週、どんな発展を見せるのか、各クラスのデッサンを楽しみにしています。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月12日 (木)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

122


こどもデザイン造形教室 小学生クラスでは、今週えんぴつデッサンにチャレンジしています。モチーフは、自分!
毎日つきあっている自分自身を改めて見つめる。


123_2


↑デッサン初チャレンジのRくん、なかなかいい調子!えんぴつの持ち方も、いつもとは違います。
Mちゃん、何度も見つめて最初はやや横向きだったポーズでしたが、後半になってから正面の顔に変更。悩んで悩んで・・でも、その迷いも画面に残して良し! 
来週、どういうふうに追求していけるかな。


幼児クラスでは・・

楽しみ〜!
と、アトリエに入ってくるときにつぶやいていたKちゃん。
何が楽しみなの?

卵のカラをわれる!


121


先週塗った卵のカラを、とうとう今週割ることができます!
どんな音がするかな? どんな感触なんだろう?
棒を使って割っていたけど、手を使って割ってみたら・・・まん中に穴があいたよ!
自分の中に「カワイイ」という基準があるKちゃん。「カワイイ」という色の卵のカラを「カワイイ」という模様にのせて表現。そして

ねえ、これって何だと思う?
と聞いてくるので、

なになに?教えて!・・・とたずねてみると?

乙女!

・・ほほぅ〜

幼稚園でも、おともだちといろいろなやりとりがあるのでしょうね〜。
そんな時期の年長さん。思いを形に表しています!


そして、今日は 小学生クラスのRくんが、寝る前にいつも描いているという絵を見せてくれました。スケッチブックに描きためているのですね。


124


↑頭の中に浮かぶたくさんの形や思いやアイデアを、おそらくすごいスピードで描きあらわしているのじゃないかな!  小学生のうちから、ずーーーっと続けていけば、その積み重ねはオトナになる頃には莫大な量になるはず。それは誰にも負けない力になると思うな〜!  おもしろいので、また見せてほしいと思います。 筆ペンで描いているそうですが、時々違うペンも使ってみたりして自分にしっくり来る画材があったらそれをまた使っていく・・色を塗ってみる。 自由に楽しんでほしいと思います!


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月11日 (水)

水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

水曜日も蒸し暑い一日でした。
よく考えたら、まだ夏休みにもなってないのですから・・coldsweats02
先を考えると、夏ばてしないように対策しないとですね。
今年は、長期戦ですよ〜。

でも、どんなに暑くても やっぱりこどもたちは元気!!happy01
そのエネルギーに負けないようにしないと〜sweat01


111


↑卵のカラをトントンパリパリと細かく砕きました。いい音がします!棒を通して、割れる音の感覚も楽しい。五感を刺激しますね。
先週塗った卵のカラを小さく砂粒のようになるほどに、棒でやさしく突いていきます。


112


↑ボンド水で模様を描き、カラフルな卵のカラをサラサラとかけて、絵にしていきます。順序を覚えて制作しないとうまくいきません。
来週も続きます!


続いて、小学生クラス


今週来週と、自画像デッサンをします。
何も知らされていなかったので・・・
え!!

と、ちょっとビックリな反応をしつつも、集中して取り組んでいますよ。


113


↑まず、えんぴつを持って大まかな形をとる練習。普段のえんぴつの持ち方とは違います。 そして、良く見て比較して だいたいの位置を確認。

耳は、目より上についてるの?
鼻は、顔の中心にあるよね?
目の大きさは、耳より大きい? 

詳しく描く前に、たくさん見比べよう。


114


↑描く対象が自分だから、見比べながら形をとるときに動く。動く自分を見つめながらまた測る。これが結構難しい・・・sweat02
そして、自分を客観的に見つめていると、自分ってこんな顔なの? あ、ここにこんなキズが?と新たに発見したり。Tシャツの模様が、鏡に映るから反対側になるね。

見えるままに描けばいいのだと、確かに言われたらその通りだけど・・
よ〜く見て、画面に目を移してそれを描くとき・・そこでどう表現していくかなんだよな〜。

まさに自分を見つめ、そして心の中で自分と問答するデッサン!
・・・様々な気づきがあるデッサン。

今年は、みんなの心にどんな物を残してくれるでしょう?


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月10日 (火)

火曜日の造形教室 幼児・小学生クラス

酷暑が続いています。
こどもデザイン造形教室 火曜日の様子。


101


↑先週色を塗った卵のカラを、今週は細かく砕きました。


102


↑それぞれ思い思いに筆を動かし模様を描きます。そこに卵のカラで色づけ。

続いて、小学生クラス


103_2


今週来週と二回続けて、えんぴつデッサンをします。
モチーフは?・・・・・どこ?
アトリエに来たとき、ん? モチーフがない! と、戸惑った表情・・・
え? 何を描くの?

モチーフは、あなた自身です!

そう、自画像のえんぴつデッサン。
どんな二週間になるかな?


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

金曜日の造形教室・小学生クラス

Dsc_4600


金曜日のこどもデザイン造形教室。 体験のお友だちといっしょに。 


Dsc_4596


↑張り子の入れ物作り。先週よりはだいぶ堅くなっています。でも、たくさんの紙をもっともっと貼らなくてはいけません。


Dsc_4588


↑羊毛でペンケースを作り始めました。まずはデザイン画。そして羊毛を選んでほぐしていきます。


Dsc_4610


↑時計を作ることに決めたのですが、アイデアをたくさん出すところで苦戦しています。


Dsc_4595


↑張り子の入れ物の続き。だいぶ堅くなってきたので、無地の紙を貼り始めました。


Dsc_4603


↑ペーパーフラワーを入れる箱について作っています。定規やカッターを駆使しています。


Dsc_4613


↑体験レッスン。絵の具でお絵かき!

今週は、お天気の変化がめまぐるしく変化しました。
来週のこどもデザイン造形教室小学生クラスは、デッサンの予定。

さて、今年のモチーフは?


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

天候不順ですね〜。
また、梅雨に逆戻りしたような長雨、台風が近づいて強風が吹いたり。
体調もそれに伴い、振り回され気味ですがsweat01・・元気出していきましょう!

さて、こどもデザイン造形教室 木曜日の様子。


051


↑卵のカラに色を塗っています。やさしく丁寧に・・・自分の好きな色は特に、はりきっちゃいますね。
早く砕きたいけど・・それは来週のお楽しみ。

続いて小学生クラス・・


052


↑張り子の入れ物に、着々と紙を貼っています。入れ物の端もカットしてから、縁をくるむようにしてドンドン貼っています。


Dsc_4567_4


↑クジラを羊毛で作りたい・・と考えていますが、実際にどのクジラにしようか?図鑑で見てみました。シロナガスクジラは体調が30mもあるので、作ったときにその大きさを感じさせるものやそのクジラの住む世界が感じられるもの、お話を感じられるもの等・・が加わるようにと、声をかけています。どんな世界を作りたいんだろう?
いざ制作を始める前のこの準備期間が、とても大切なのです。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

より以前の記事一覧