しょく感教室

2018年7月28日 (土)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.45」 ご報告!


111


日本列島が沸騰しそうなほど異例の猛暑日が続いていた今週前半。

7/24(火)に行った
見て聴いて香って触れて味わう・・五感を使ったワークショップ 
しょく感教室vol.45 「ゴロゴロアイスをつくろう!」
 

当日の様子をご報告します。



今年の夏があまりにも暑いので、氷もすぐとけてしまうのでないかと心配していました。普通に室内で過ごしていても、暑い暑いsweat01と汗が出ます。

まだ、夏休みは始まったばかり。 暑さの中、こどもたちは元気に集まってくれました!


Dsc_5730_2


いつものように、自己紹介から始まりましたよ!
みんなの前で発表したり、自分を紹介することに慣れていこう。

そして、今回のテーマ「塩」についてのお話。

塩はどうやって作られるか知っているかな? 
海、湖、岩! 
世界各地からとれるんだよ。


Dsc_5645


その塩ですが・・
今回は、三種類の塩に触れたり、触ったときの音を聞いたり、香りを確かめたり、舌で味わったりしてその差を感じてみました。

Dsc_5661_2


ドイツの塩は、味が強いね?
イタリアは、少し味が薄く感じるよ。
日本の塩は湿り気があるね。味わいが違うね。
塩には、香りがないんだね。


Dsc_5670_2


お家にある塩は、どこの国のものかな? どんな種類の塩かな?
帰ったら調べてみてね。 塩は、とれた国の料理に合うと言われているよ。
日本の塩は、おにぎりや和食に合うかな?
イタリアの塩は、トマトにかけると よりおいしくなるよ!
ドイツは肉料理に合うかな?
舌で味わい、風味を確かめてみよう。

それから、塩を氷にかけるとドンドン温度が下がって冷たくなっていくという現象がおきます。今日はその現象を利用してアイスクリームを作ってみよう!

そうして、いよいよアイス作り。


Dsc_5673_2 Dsc_5681_2


タマゴの黄身、牛乳、生クリーム、バニラエッセンスを瓶に入れて蓋をしたら・・
よ〜く振るよ〜! まざったかな?
その瓶を ペットボトルに入れて周りを氷と塩で埋めてからバスタオルで包み込み、ゴロゴロゴロ〜typhoon


Dsc_5690_2 Dsc_5763_3 Dsc_5767_2


ホントにアイスクリームができるのかな?
ゴロゴロ転がしている間に、しりとりをしたり 自分の通う幼稚園や小学校を紹介し合ったりしました。しゃべっていると、ついつい手が止まってしまう〜! ダメダメずっとゴロゴロころがそう!


Dsc_5777_2 37731712_1888186457905545_3471939_2


アイスを冷やしている間に、クラフトタイム!
今日は、へんてこペットボトルキャップを作るよ〜。
材料は、モールとカラーペーパー、ストロー。
短い時間で、それぞれ個性的なボトルキャップマスコットができました。


Dsc_5706_2 Dsc_5783_2 Dsc_5785_2


いよいよ! ゴロゴロアイスの試食タイム〜
どうだろう、ちゃんとできあがっているかな?
ドキドキですが、バスタオルを解いてみます。


Dsc_5792_3 Dsc_5797_2


お〜!蓋を開けたら・・・ 固まってる〜!
え?蓋が閉まったみたいになってるよ!

果たしてそのお味は?


Dsc_5712_2 Dsc_5803_2 Dsc_5806_2

おいしい〜!
こどもたちの笑顔にすべて表れていますね!

とけないうちにたべちゃおうhappy01
でも、お迎えのお母さんたちにも試食してもらいたいな〜
待ってるけど・・とけちゃうよ〜!

材料はシンプルに、お家にあるものばかり!
余計な混ぜ物も入っていないので安心ですね。
夏休みのおやつにピッタリ。

たくさんの笑顔に包まれた しょく感教室。
お家でも、ゴロゴロアイスはカンタンに作れるので
家族で楽しんで作ってみてくださいね。


今回のしょく感教室も、にぎやかに終了。
次回は、秋頃を予定しています(現在のところ10月最終日曜日)

これまでの しょく感教室については こちらをご覧ください

| コメント (0)

2018年4月 1日 (日)

食育と造形 しょく感教室vol.44の ご報告

2018年3月27日火曜日に行われた しょく感教室の様子をご報告します!

見て聴いて香って触れて味わう 五感を使ったワークショップ 食育と造形「しょく感教室」も、なんと!今回で44回目となりました。
これまで、たくさんのこどもたちが参加してくれました。
始めた頃に参加していた当時小学校2年生は、もう高校2年生になっています!こどもたちの成長は、本当に早いですね。
当時、触れたり香ったりした経験は今、活かされているかな?
(これまでのしょく感教室の様子は、こちらをご覧ください)

今回は、春休み中と言うことで、久しぶりの平日開催!
テーマは、 
にぎやかに始まりましたよ〜。 いつものように、自己紹介、そして早速生地作り。強力粉に お砂糖、塩、オリーブオイル、ドライイーストを混ぜていきます。

そして・・まぜて・・・こねて・・・こねて・・時々たたきつけたりして・・
生地をいじめてあげる! そして、まるめて・・・しばらく発酵タイム!


281_2


発酵している間に、色のお話
おいしく見える色は?  盛りつけの仕方によっても見え方が変わりますね。

Dscf1245


色の実験もしましたよ〜! 
じっと見つめていた色の反対色が見えてくる実験や、周りの色に影響を受けて色が違って見えてくるお話など・・


Dscf1282


そこで、今回はピザの箱を黒い紙にしました!
中に入れるピザの色は、いきいき鮮やかに見えるかな?
シールやマスキングテープでカラフルにデザインアレンジ。

Dscf1324_2




282


色のお話を思い出しながら、ピザのトッピングはカラフルに!
赤/ プチトマト・赤ピーマン・サラミ
黄/ チーズ・コーン・黄ピーマン・オレンジピーマン
緑/ ピーマン・いんげん・おくら
白/ ちくわ
黒/ 刻みのり

いろんな素材、いろんな色、いろんな形! どんな風にレイアウトしようかな。


283


手作りの生地、焼きたての味はいかがでしたか?
粉の感触、生地の手触り・・たべものの色。
そして、できたてのピザを置くお皿の色・・
ピザの焼き色が鮮やかに見える色はどんな色だろう?

・・でも、とにかくできたてがおいしいね! 
香りや色を楽しみながら いただきま〜す!
みんなの笑顔が嬉しい時間です。

最後に感想発表をして、しょく感教室は終了です。

今回も、大忙しの二時間でした。こどもたちは、使ったまな板やお皿の片付けもがんばりましたよ! 
お家でも、この経験を活かしてくださいね。

Dscf1246Dscf1248Dscf1250Dscf1252Dscf1253Dscf1254Dscf1319Dscf1320Dscf1321Dscf1327Dscf1329Dscf1330Dscf1335



次回 vol.45は 夏休み頃を予定しています。 詳しい内容等は、およそ一ヶ月前くらいからお知らせする予定です。
どうぞお楽しみに!

これまでのしょく感教室の様子はこちら

アプレットプラス  http://aplt.jp/



| コメント (0)

2017年10月31日 (火)

食育と造形 しょく感教室vol.43の ご報告

このところ、毎週末に雨が降り こどもたちにとっては 外遊びができなくて残念ですね。秋のイベントも延期や中止になったりと大変です。

そして、この土日もなんとまた、二週続けて台風が来るという・・rain
例年にない気象状況・・typhoon
しょく感教室が始まる時間は大丈夫かな? と心配しましたが
こどもたちはみんな、元気に集まってくれました! 送迎をされる保護者の皆様も、雨の中 ご協力いただき本当にありがとうございます。

食育と造形 しょく感教室も、なんと43回目!! 第一回目(2009年)から参加してくれていた当時小学二年生だったこどもたちは、もう・・高校二年生になっています。
あっという間のような・・でも密度の濃い年月。

しょく感教室で様々な食材や味とふれあった体験(食&蝕 の しょく感)が こどもたちの成長の一助になっていれば幸いです。

291_2

さて、今回のテーマは スパイス。
6年前にも同じ内容をやったことがありますが、今回再び2017年版として登場!

紙コップに入れて蓋をしたスパイスをよ〜く香ってみて
どんな言葉が思い浮かぶか、順番に答えてもらいました。

少々長いですが、おもしろい答えがたくさんあるので読んでみてくださいね。
こどもたちの年齢によって、経験値の大小できっと、感じるモノもちがうかもしれませんが、香りを一生懸命感じ取ってあらわされた言葉はとっても楽しいのです。

●オレガノ
・近くのおうちのにおい
・カレーのにおい
・薬箱の中の薬
・車のにおい
・からしのにおい
・カレーに入れる甘口のやつのにおい

●ナツメグ
・うめぼし
・あまいくすり
・レモン
・アンモナイトの香り(!)
・薬
・バジル専門店?

●ガーリックパウダー
・にんにくのにおい
・うまい棒
・焼き鳥のにおい
・きゅうりキムチ
・空の雲のにおい coldsweats02
・古びてきれたにおい?

●シナモン
・あまいかおり
・甘いパン
・シナモン
・ドーナツ
・ローズのにおい
・まっちゃのかおり

●コリアンダー
・ショウガのにおい
・ショウガのトマトのにおい
・バジルのにおい
・花瓶とか花壇のにおい
・柚のにおい
・唐辛子のにおい
・車のガスのにおい

●クミン
・ちょっと辛子をいれた唐揚げのにおい
・カレーのにおい
・野菜カレーのにおい
・シソ
・イタリア料理屋
・扇風機のにおいcoldsweats02
・タコスのにおい

●バジル
・みんながいつも飲んでる抹茶のにおい
・ブルーベリー
・毛虫のにおいcatface
・パクチー
・日本茶

●ターメリック
・ハーブソーセージ
・気球のにおい eye
・ピーマンのにおい
・唐辛子の抹茶のにおい eye
・雑草のにおい
・草のにおい

たくさんのスパイスを香ったあとは
その記憶を何度も確認しながら、パリパリスナックをつくっていきます。
自分の気に入ったスパイス いくつか組み合わせるとどんな香りになりそうかな?
カレーっぽい? 甘い感じ? ピザ風?
チーズと合わせるとおいしくなりそうなのは、どれかな〜?

293_2


↑餃子の皮に溶けるチーズをのせて そこにスパイスを振りかけます。


294


↑ホットプレートでパリッと焼いたら出来上がり!
試食してみたお味は? どうかな? 予想通りかな?


295


↑スパイスを使って、工作もしましたよ。月桂樹の葉や、八角、クローブや粒胡椒シナモンスティック を使って小さなマスコットを作りました。
ほんのりスパイシーな香りが漂います。


296


↑パリパリスナック二枚はお持ち帰り! そのためのラッピングもしましたよ!

たくさんの香りの中から、お気に入りのスパイスは見つかったかな?
カンタンに作れるスナック、お父さんやお母さんのビールbeerのおつまみにもピッタリ。 今度はご家族で、香りを楽しみながら作ってみてくださいね。

次回の しょく感教室 vol.44は 来年春頃を予定しています。お楽しみに!
(冬場は、どうしても急な体調不良のお子さんがふえるため開催を取りやめております)

アプレットプラス http://aplt.jp/

| コメント (0)

2017年7月24日 (月)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.42」 ご報告!

2017年 7月22日(土)に行われた
しょく感教室vol.42 夏のおやつをつくろう!
 のご報告です。

今年の夏は、とにかく暑い! 梅雨もあったのか無かったのか?と思えるほど、7月上旬からほぼ、連日の猛暑日。
そして、特に暑かったのが しょく感教室が開催された日!
暑い中、みなさん集まってくれましたhappy01 ありがとうございます!

さて、今日のテーマ、 夏のおやつをつくろう! ・・・ということで

まずは、スティックアイスづくりに挑戦。 とにかく、時間内に凍らせるということを目標にしていたので、自己紹介のあと、さっそく作り始めました。


Dscf0213_1Dscf0214Dscf0220Dscf0223_2


まず、ヨーグルトとコンデンスミルクにはちみつを混ぜ、よーくかき混ぜてとかします。そこに、牛乳を加えてまぜあわせ、アイスベースができあがります。


Dscf0229Dscf0231_2


ミニカップに、冷凍しておいたフルーツを彩りよくいれ・・
アイスベースを注ぎ込み


Dscf0232Dscf0235


ふたをしたところへ、スティックスプーンをさして準備オッケー!
今日は、急冷するために、周りに塩氷を詰めました。

さあ、冷やそう!  時間内に凍るかな〜? 楽しみ!


Dscf0237Dscf0241


お次は、ゼリー作り。 カットしたフルーツをカップに入れて、ゼリー液を注ぎます。今日のゼリー液は、アガーという海藻を主原料にした粉を使いました。アガーにお砂糖をまぜて、お湯を注ぎよくとかし、レモン果汁を加えました。
ゼラチンは動物性ですが、これは植物性のゼリーの素です。比較的、固まるのが早く、フルフルとした食感です。


Dscf0245Dscf0246


アイスやゼリーが固まるまでの間、みんなで一斉に片付けをしました!
初めて会ったお友だち同士で、洗い物や食器ふきなど協力して片付けを進めましたよhappy01

そのあとは、岩本留里子さんのお話。
おやつの口溶けを体験するよ!・・さあ、
まずは、バニラアイスクリームを口の中に入れて〜・・どんな口溶けかな?
かまずに口の中でとかして・・全部溶けた人から手を挙げて!
わ〜、冷たいね・・でも、ゆっくり とかして〜・・


Dscf0260Dscf0264


どうかな?溶けたかな?
次に、チョコレートを同じようにとかしてみるよ!
アイスクリームと比べて、どうかな? 時間がかかるかな?


Dscf0267Dscf0271


次におせんべい。 口の中で溶けるかな?
あれ? 溶けにくいね、周りがふやけたみたいになるだけ。とけないね・・


Dscf0283Dscf0286


こんな風に、夏のおやつは、暑さのためにのどごしや口溶けの良いものに偏りがち。でも、あごを動かし噛むことで唾液が出て消化がよくなったり、噛むことで脳が活性化するので、噛み応えのあるおやつを取り入れるといいですね。 
暑さに負けないよう、夏休みのおやつも工夫しよう!

さあ、お話の後は、ゼリーを持ち帰るための保冷バッグ作り〜!

アルミシートを折りたたみ、底部分を両面テープでしっかりとめたらバッグの出来上がり! 
マスキングテープを様々な形に貼って、個性的な仕上がりのバッグができました。


Dscf0292Dscf0301Dscf0305


完成作品。 短時間にもかかわらず、目の前にある材料をどうやって使うか考え、アイデアいっぱいの作品ができましたね。


Dscf0311 Dscf0312 Dscf0313 Dscf0314 Dscf0316 Dscf0317 Dscf0318 Dscf0319


いよいよ お楽しみの試食タイム!
ドキドキですが・・・スティックアイスは凍っているかな?


少し柔らかめですが、凍っていました!よかった〜(ホッとするスタッフ一同sweat01
今日は、アイスキャンディーのように食べるには少し柔らかめなので、カップアイスとして食べました。
肝心のお味はいかがでしょう?
あま〜い! との声も聞かれましたが、みんなおいしそうに できたてアイスを口にしていましたよ。 カラフルで見た目もおいしそう!
中に、フルーツが入っているので、しっかり噛むこともできますね。
お家で作るときは、中に入れるフルーツも工夫するといいね。
甘く感じた人は、はちみつやコンデンスミルクの量を調整するといいかもしれませんね。


Dscf0320Dscf0321 Dscf0322Dscf0324


最後に、今日の感想発表。いろいろ体験したことを思い返して・・

そして、みんなの前で発表します。どうだったかな??


Dscf0326Dscf0332


今日は、とにかく溶ける前に食べよう! ・・・と、食べることが先行して
アイスの完成写真を撮ることができなかったのと、みんなの作ったゼリーもワークショップ終了時間 間際まで冷やしかためておいて取り出したので
完成写真を撮ってなくてsweat02  ・・みなさんにご紹介できなかったのはとても残念!

でも、この暑さの中どうやったら時間内に冷えるか?凍るか? ドキドキだったのですが、みんなの笑顔と共に しょく感教室vol.42を無事終了することができて、本当に良かったです。

ご参加のみなさん、どうもありがとうございました!


Dscf0336


次回 しょく感教室vol.43 は、10月〜11月頃を予定しています。詳しい日程などが決まりましたら、またお知らせさせていただきますので、お楽しみに!

アプレットプラス  http://aplt.jp

| コメント (0)

2017年3月31日 (金)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.41」 ご報告!

2017年 3月26日(日)に行われた
しょく感教室vol.41 一汁三菜 カップごはん! のご報告です。

3月の最終週だというのに、真冬のように寒い 雨の日曜日。
集まったこどもたちは、みんな元気! 

今回の自己紹介では、 好きな日本食を教えてもらいました。
白いご飯  納豆  うどん  やきとり  ・・・・トマト?!
日本食って、突然 聞かれると、少々戸惑い気味。確かに、和食ってどんなものかな?

Dscf8812 和食の配膳と、お箸のマナーについて・・・イラストで確認。

さて、食事の時に使う道具を見てみよう。

Dscf8815Dscf8814

これは?   お茶碗(ご飯茶碗)
これは?  お椀(汁椀)

Dscf8829Dscf8831
そして、食事の時の配膳の仕方。 左にお茶碗、右にお椀。
お箸は箸置きに、奥に副菜と主菜。そしてまん中にお漬け物・・・

どのように並べるかを知り、お箸の使い方やマナーについてのお話を
フードビジネスアドバイザーの 岩本留里子さんから聞きました。

Dscf8822_2Dscf8825

お箸は正しく持てるかな? 
お箸を手に取る順番は?

Dscf8832_2Dscf8833_2  

実際にやってみます。
コドモの頃にクセを直しておいたり、マナーを知ることは大切ですね。

次に和食に欠かせない白いご飯を使って、カップごはんを作ってみよう!
何種類ものトッピングをご飯の間に挟んだり、上手に飾ったりしながら仕上げてみよう!
Dscf8863

Dscf8841Dscf8845Dscf8847Dscf8860
食材の色や形を意識しながら作ると、楽しくおいしそうなカップごはんにしあがるね。これからの季節、お花見やピクニックに持って行くこともできそう!

17692293_1402393006484895_197735262

Dscf8864Dscf8866Dscf8868Dscf8872Dscf8874Dscf8870

カップごはんを作った後は、みんなで片付け!  
みんな手際が良く、協力して片付けたら すぐに終わりました。スゴイ!

Dscf8878

片付けの後に、先ほど学んだ 一汁三菜の配膳とお箸の使い方を思い出しながら、いざ実践! 
Dscf8879
どこが主菜でどこが副菜だったかな?

Dscf8882

ご飯、お味噌汁、おかず・・と 順番に食べていく 三角食べ。
箸置きに、お箸を置く、そしてまたお箸をとる・・・etc

Dscf8883_2Dscf8885

覚えたことをぜひお家でもやってみよう!


次に、カップごはんに添えるフラッグを作りました。

Dscf8895

17692251_1402393016484894_130547452

シール素材を上手に使って模様をつくり、旗の表面に貼ります。ちょっとした工夫が、おもしろい形を生み出します。ささやかな飾りですが、カップごはんを特別なものにしてくれそう。
Dscf8900Dscf8901

こどもたちには、カップごはんの名前やテーマを考えてもらいました。


Dscf8904 栄養をテーマに作ったそうです!間に にんじん がたくさん入っています。


Dscf8907

たからばこ

Dscf8906

のり弁タワー

Dscf8908


Dscf8909

森のクマさん



Dscf8910
キュウリごはん
 

最後は、お迎えのお父さんお母さんたちの前でカップごはんのテーマと 全体の感想発表をしました。今日、体験したことを思い返し、言葉に置き換えてみんなの前で表現すること・・ 最初は少し恥ずかしかったりしますが、慣れてくるとたくさんの言葉が出てきますね。 自分で感じたことをあらわすことは、とても大切です。

こうして、盛りだくさんの しょく感教室vol.41は、無事終了しました!
次回の しょく感教室vol.42は、7月後半の予定です。夏休みに入った頃の実施となりますので、どうぞお楽しみに!

アプレットプラス http://aplt.jp/

| コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.40」 ご報告!

五感をつかったワークショップ 食育と造形の しょく感教室
なんと、今回でshine40回目shineです!

これまで、一回一回ちがうテーマでやってきましたが、振り返ってみると
・・いや〜、いろいろやってきました!happy01これまでの記録

毎回、味わったり作ったり、盛りだくさんで楽しめて・・そしてためになる内容なので、スタッフ自ら 参加しないなんて、もったいない!・・と いつも思っていますbleah
準備もかなり大変だったけど いつも最後に こどもたちの笑顔を見て、・・そんな苦労も吹っ飛ぶ感じなのですlovely

前置きが長くなってしまいました。
お申し込みの受付を開始して早々に定員になってしまった今回のテーマは、
パリ?サク?!ミニパイ!
さて、どんな様子だったか・・ご報告します。

毎年、冬が近くなると、こどもたちの体調が心配ですが
今回は、みんな元気に参加してくれました。午前クラスしか開催しませんでしたので、とても貴重なワークショップとなりました。

自己紹介のあとは、岩本留里子さんが食感のお話をしてくれました。
Dscf6277 食べ物を口に入れたときの感触を、言葉に表すとどんなかな? かんだ瞬間、そしてそれを飲み込んだとき。どんな音がする?どんな感覚? 想像してみよう、例えばプリンを食べたときはどうかな? 
肉まんをほおばったときは、どんな感じかな? 

ふわっ、じゅわ~、ホクホク・・・。

食べるときには、目で見て(視覚)香りを感じて(嗅覚)口に入れたときの音やほおばったときの感覚、温度(聴覚・触覚)・・・味わうだけで無く、五感を通して おいしいと感じているんだね。

 

ヒントになるお話を聞いた後、
一人一人にお菓子が配られます。 おせんべい、寒天ゼリー、マシュマロ。

Dscf6386_2
さて、それぞれのお菓子のかみ応えや 口触りは、言葉に表すとどんな感じかな?
色や形に表すとどんな感じかな?

Dscf6289
これは、テストではないし、答えがあるわけではありません。
自分が感じたままに表現して欲しいので、新しい言葉、自分で感じたままの言葉がでてくるといいな
形も色も感じたままに・・。
イメージすること、それを表現すること、人に伝えること・・・

Dscf6285
Dscf6290_2Dscf6308_1Dscf6298_2

私たちは、味だけでなく 見た目や音、香り、口触り・・五感を使っておいしさを感じています。食材や味から想像できる言葉や色、形を思い浮かべてみることは、言葉以外の形で人に伝える方法を見つけることでもあります。そういった訓練が、コミュニケーション能力を高めていくことでもあるのです。

Dscf6296_2
Dscf6300
Dscf6311
Dscf6312  
短時間だし、初めてのことで こどもたちも少し戸惑ったかもしれませんが
なかなかおもしろい表現が出てきましたよ!
お家に帰ってからも、何か食べたときのイメージをメモしておいたら、楽しいね。

Dscf6323_2Dscf6324_2Dscf6325_2Dscf6326_2Dscf6327_2Dscf6328_1Dscf6329Dscf6330Dscf6331Dscf6332

こうしてみてみると、おせんべいの口触りをイメージする色は、茶色やオレンジ黄色などの中間色を選んでいる子が多いですね。ぱりっとした食感は、とがっているのかな?角張っている感じなのかな?
マシュマロは、圧倒的に白。ふわっとして口の中でとけていく感じを表すのに、雲のような形を感じる子が多いようです。

さて、次は、いよいよお待ちかね ミニパイ作り。

Dscf6318

冷凍パイシートの間に チョコやチーズ、ジャムなど・・好きな具材を挟んだら、ふちに溶き卵をぬり、その上にもう一枚生地をかぶせますが、その生地の形を工夫してみよう!

Dscf6335Dscf6343Dscf6344Dscf6350Dscf6352Dscf6341_2 

クッキー型で抜いたり、好きな形に切って乗せたり・・細く切った生地を編み込んだり。 
Dscf6338_2Dscf6316_2Dscf6353_2Dscf6342_2Dscf6355  

焼き上がりはどうかな?
Dscf6371

Dscf6372

とにかく、ワークショップ2時間の中で 切ったり貼ったり想像力を働かせたり、パイを作ったり、ラッピングをしたり、片付けを協力してやったり

Dscf6360

Dscf6365

Dscf6370

・・スタッフも含めて、みんな大忙しでしたが、こどもたちにとってはどんな時間だったでしょうか?
何か新しい発見はあったかな?

ラッピングをした完成形の写真は、撮影する時間がありませんでした!ごめんなさい。

今回のしょく感教室、こどもたちには、考え感じ表現するということへのヒントが たくさんあったのではないかと思います。それでも、たったの2時間。お家でも、ぜひまたミニパイを作ってみてください。焼き加減も調節して、自分だけのステキなパイができるはずですよ!
形を工夫したり、中に入れる具をどうするか考えるのも楽しいし、
感じる言葉や色、形・・何気ない日常には たくさんのアイデアの元がかくれています!


おまけ
Dscf6381_s_2
私(ツルオカ)も、ワークショップ後に次女(今回アシスタントスタッフとして参加)とミニパイを作ってみましたよ〜! 上にのせる生地の形を工夫して・・いろいろなデザインのミニパイができました! 

Dscf6395
ぜひ、みなさんもお家で作ってみてくださいね。楽しいですよ〜!

restaurant次回の しょく感教室は、来年3月頃を予定しています。
日程が決まり次第、アプレットプラスのホームページや、しょく感教室のブログにてお知らせします。お楽しみに!

| コメント (0)

2016年8月30日 (火)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.39」 ご報告!

2016年8月20日土曜日に行われた 食と造形を組み合わせたワークショップ しょく感教室も、
今回で なんと!sun・・39回目となりました。ありがとうございます!

Dscf5384

今回は、夏休みこどもワークショップの中に組み込んでの開催。 
粉をこねたりのばしたり、だしの味を感じたり、香りを比べたり・・
五感をフル稼働するワークショップになっています。
いつも、内容が盛りだくさんなために 時間いっぱい大忙し!

Dscf5351Dscf5352Dscf5356Dscf5370Dscf5436Dscf5443

自己紹介のあとは、さっそく うどんの生地作り。
粉に塩水をまぜて、ぐるぐるかきまぜ、手でこねて、ビニール袋に入れてタオルで挟んで足でしっかりと踏みながら生地をのばしていきます。

Dscf5364Dscf5448

段々と色つやの良い生地になっていきます。最後にまるめてビニール袋に入れて しばらく休めます。今回は、初めて出会ったこどもたちも二人一組になって順番に作業を進めました。声をかけあったり手助けしたり。お互い ちょっと恥ずかしがりながらも、スムーズな共同作業です。

生地を休めている間、岩本留里子さんのお話です。
Dscf5374Dscf5377Dscf5455Dscf5459
今回は、だし について。 
かつお節 にも ソウダガツオ と カツオがあり、ソウダガツオを使用した かつお節は血合いが多く味が濃いのが特徴。普通のカツオとは、香りが違うかな? どんな香りかな? 厚削りのかつお節で香りを比べてみます。 どんな香りがするかな〜?
Dscf5379

なんだか、あたりめ みたい! (しぶいね〜、お家で あたりめを食べているのかな??)

だしの味比べもしました。
Dscf5395
インスタントの かつおだし、インスタントの あごだし、 花鰹を使った一番だし、 厚削りのかつお節を使った一番だし・・ この四種です。
こどもたちには、どれがどのだしなのかは、教えずに あててもらいました。

Dscf5397Dscf5400
香りを比べたり、色を見たり、そして味わったり・・・

四種すべてを当てたのは・・何度も しょく感教室に通ってくれている 5年生のKくんと Aちゃんでした!! スゴイ! これまでも、だしをテーマにした しょく感教室に何回か参加してくれていたので、香りや味わいを覚えていたのかな〜、さすが!

Dscf5475Dscf5476

コドモの頃に覚えた味というのは、おとなになってもそのときの状況と共に記憶に残るそうです。
私も、かつお節でとったおだしの香りを感じると、幼い頃のお正月の朝を思い出します。母がお雑煮用に普段よりもかつお節を多めに使っていたのか、おだしの香りが一杯に広がった新年の朝・・。

Dscf5406_2
一番だしでも、厚削りのかつお節を使って長く煮出しただしは、とても濃厚な香りと味わい。 薄く削った花鰹でとった おだしは、うま味はあっさりとしていますが、香りがとても豊かです。 

比べてみると、インスタントは、味がハッキリしているものの、香りがほとんどありません。しかし、ちゃんとかつお節からとったおだしは、とても香りがいい! そして、色も濃い。

本物の差をそこから感じることができます。

Dscf5495

Dscf5410Dscf5411
最近は、インスタントのだしや めんつゆなど、お手軽に使えるものがたくさん売っているので、忙しいと どうしてもそれを使ってしまうことが多いのですが、今日は、カンタンに作れるめんつゆも、作ってみましたよ。
みりんを煮きって、醤油を入れて煮立て、そこに濃いおだしを注ぎます。あっという間にできてしまいます。
良い香りが漂い、気持ちもほっこり。

おだしって、なんでこんなに癒やされる香りなのでしょう〜。
こどもたちには、こんな風にめんつゆってできるんだと、覚えておいてほしいと思います。なんでも手軽に買える世の中ですが、手作りのおだしの香りが豊かなことを!

さて、うどん生地を休ませている間に、おだしの香りや味を体験しましたが、パッケージの準備もしておきました。今回は、カラーペーパーをクルクル丸めてはさみでカットして作る紙帯です。連続模様が楽しい!

Dscf5408

そうこうしているうちに、休ませていた生地も落ち着いたので、いよいようどんを切るよ〜!

Dscf5418

麺棒で薄くのばして、折りたたんで均等に切ります。

Dscf5431

Dscf5421Dscf5423Dscf5426Dscf5430_1Dscf5479Dscf5434Dscf5481

初めて包丁を使う子もいましたが、みんなていねいに、そして上手に切ることができましたよ! 

Dscf5485Dscf5487Dscf5490Dscf5491

今回は、手打ちうどん&手作りめんつゆ を持ち帰りました。
(午前クラスの作品、ごめんなさい 写真をとりわすれてしまいましたcoldsweats02
お家で茹でて食べた感想はどうだったかな? おいしかったかな?

今回も、五感をフル回転させての 充実した二時間だったと思います。

次回も是非楽しみにしていてくださいね。
次回 開催日時が決まりましたら、またトップページにてお知らせさせていただきますhappy01

| コメント (0)

2016年4月19日 (火)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.38」 ご報告!

2016年4月17日(日) 五感を使ったワークショップ 「しょく感教室vol.38」 がアプレットプラスのアトリエにて 開催されました。その ご報告です。

Dscf3464_3
昨年、しばらくお休みをいただいていたので、実に一年ぶりの開催でした。そして、いつも土曜日の開催でしたが日曜日は初めて。でも、今回もリピー ターのこどもたちが半数を占めているという「しょく感教室」です。それだけ、こどもたちが楽しみにしてくれているということが、とても嬉しいですね。 
今回は、新年長さんが三人も参加してくれて、全体に年齢層が若く^^なりました! 
さあ、いつものようにあいさつと自己紹介から始まりました。
初めて出会うお友だちとも仲良く二時間過ごしましょう。そして、今日も大忙しの内容です。たくさん楽しんで体験していってほしいと、ついつい内容が盛りだくさんになってしまうので、こどもたちには、がんばってもらわないと〜!

まずは、岩本留里子さんの 盛りつけのお話。
Dscf3427_2Dscf3431_2Dscf3433_2  
カップに入ったプリン。
さて、そのままカップで食べるのと、お皿にあけてから飾り付けたものとでは どちらがおいしそうに見えるかな? クリームを添えたり、イチゴを切って添えたり。カットするとイチゴの内側と外側では色が違うよね。その色の違いも上手 に使ってみると、おいしそうに見えるんじゃないかな?

Dscf3435

Dscf3465
だれかのお誕生日や特別な日に、ちょっと飾って、敷物を敷いたりするだけで、随分 違って見えるよね。

それから・・買ってきたお惣菜。パックのままテーブルにおいて食べてないかな?

Dscf3439_3
ひと工夫して お皿の色を考えたり、そこに少し真ん中を高くこんもりと盛りつけ、一番上にキュウリをふわりとのせてみたり。みどりの葉やプチトマトを添えるとどうかな? どれが一番おいしそうかな?

Dscf3441_2
黒いお皿はゴボウサラダが鮮やかに見えるね。白いお皿と比べてどうだろう?

Dscf3449
Dscf3452
こんな風に、ちょっとしたひと手間でおいしそうに感じるね。料理は見た目が大切。人間は「視覚」でおいしさを感じるのです。
そして、もりつける時には、料理を食べる人のことを考えることも大切。相手のことを思い、心を込めて盛りつけることで料理はグンっとおいしく感じられるんだね。 覚えておいて、お家でも実際にやってみてね。

さて、今度はいよいよ 今日のお題のパンケーキを作りましょう。
Dscf3466_2Dscf3467_2
おえかきパンケーキと、もりつけパンケーキ。作る前にアイデアスケッチをして頭の中を整理してみよう。そうすることで、いきなり作るよりも工夫ができるし、失敗が少なくなる。
Dscf3545
今日は短時間で大急ぎですが、ぱっとひらめいた もようを表現できるといいね。

Dscf3471Dscf3474Dscf3475

おえかきパンケーキは、クッキングシートの上に、絞り出しながら絵を描いていきます。こうして、クッキングシートの上にあらかじめ模様を描いておく と、ホットプレートの熱を気にしなくていいので、絵も描きやすいのです。絞り出しをコントロールしながら絵を描くのは すこしむずかしいけれど、できるかな?

Dscf3482_2Dscf3484_2Dscf3489_2
図案の上に生地を乗せて焼いていきます。ひっくり返すと、キレイに模様が出てきました。
Dscf3490Dscf3492Dscf3493Dscf3494Dscf3506Dscf3496

Dscf3480Dscf3498
パンケーキの飾り付けは、フルーツの色合いや置き方など、みんなそれぞれ工夫できたかな?
スケッチ通りかな?
Dscf3499

参加してくれたこどもたちの作品。↓

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

左上から右へ順番に・・
あい/5年 いろは/年長 こうた/年長 ちさと/5年 てっぺい/年長 はなこ/3年 ゆいか/2年 ゆいな/3年 よしひと/2年


自分で盛りつけたパンケーキを試食してみましたが、みんなニッコニコの笑顔でhappy01
とてもおいしそうにペロリと平らげていました!
Dscf3532_2
Dscf3522_1
新年長さんも とてもがんばった今回のしょく感教室。みんなで お片付けも協力してできたし、自己紹介も感想発表も 堂々とできましたね!

Dscf3542_1Dscf3557

今日は時間が限られていたのでおお急ぎのところもありましたが、今度はお家で もう一度!ぜひ作ってみてくださいね。きっともっともっと上手にできますよ〜^^

おえかきパンケーキも、やけどしないようにと、クッキングシート上に絵を描きましたが、直接ホットプレートにおえかきしてから生地を流し込むと、表面のムラがなくなって絵がきれいに表現できますよ〜。

sun次回の しょく感教室 vol.39 は、8月20日土曜日を予定しています。(変更の場合もありますが、7月初旬には決定した内容をお知らせできると思います)ぜひ、またご参加くださいね!お待ちしています。

しょく感教室とは? → restaurant

| コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.37」 ご報告!

2015年3月28日(土)に行われた しょく感教室vol.37 春色マカロニをつくろう! のご報告です。
Dscf8804_3
この日は春休みに入った最初の週末であり年度末年度始めの時期でもあったからか、今回のしょく感教室の参加者は少なめでしたが、こどもたちは素材に触れながら手打ちのマカロニづくりに挑戦しました。

まず始めにいつものように自己紹介。
このしょく感教室は、リピーターのこどもたちがとても多く、それぞれ何度か顔を合わせている子もいるのですが、それでも必ず名前や年齢と共に一言添えながら自己紹介をします。回数を重ねるごとに、照れること無く堂々と発表できるようになっています。
Dscf8710
次に、岩本留里子さんのお話。
今回は、薄力粉、中力粉、強力粉・・小麦粉の種類によるちがいを学びました。
実際に粉に触れ、粉に水をいれて練ってみました。実際にこねて丸めてみることにより、粘りの違いを体感します。強力粉は、強い粘りとコシがあります。もっちりと弾力のある食感を求められる料理にピッタリ。薄力粉はサクッと仕上げたい料理に。粘りけの違いで、作る料理も変わるんだね。
Dscf8715Dscf8724Dscf8721Dscf8729
Dscf8734Dscf8737Dscf8741Dscf8747Dscf8746

さて、いよいよ手打ちのマカロニに挑戦。
普段はあまり使うことのないデュラム小麦粉ですが、触れてみるとざらっとして粒子が粗い。色も黄色っぽい独特の粉です。今回は、ほうれん草のマカロニと、トマト風味のマカロニも作ります。プレーン生地にやさいのペーストを混ぜ込むと、色がほんのりとついてパステル調のやさしい春色になります。
Dscf8753Dscf8766
粉にタマゴや水、オリーブオイル、野菜ペーストなどを加えながらよく練っていきます。実際に手を使って直接粉に触れる気持ちよさ!
こねていくうちに生地がまとまり弾力が出てきます。それを等分に分けたら、今度はころがし、細くながく伸ばして細かく均等に切り分け、丸めていきます。まるで粘土遊びのように楽しみながら小さな丸いお団子がたくさんできました。
巻きすの上でくるりと転がせば、シェルマカロニの出来上がり!転がすのがむずかしい場合は、フォークで模様をつけてもいいのです。
Dscf8759Dscf8764Dscf8773Dscf8776Dscf8775
Dscf8766Dscf8767Dscf8769Dscf8772Dscf8777Dscf8778Dscf8780Dscf8789Dscf8784

作ったマカロニを折り紙の要領で作ったお皿に盛りつけて・・
Dscf8791
きれいな春色マカロニができあがりました。
Dscf8798Dscf8793

幼い頃から食材に触れ、遊び感覚で身近に感じる・・そうした気軽なところから食べること・つくることに興味をもって欲しいなと思います。

Dscf8800_2Dscf8801_2Dscf8803_2Dscf8806_2

最近は、なんでも時間をかけず苦労せずに手に入れることができたり、
実際の経験も無いまま、プロセスを知ることなくすぐに結果が見えてしまったり・・。本当にそれが我々にとって役に立つことなのでしょうか?
実際に体験すること無く、感じたり考えたりすることも無く、そこから何か新しいアイデアはうまれてくるのでしょうか?

便利な世の中だからこそ、こどもたちには時間をかけ実際に手を動かし素材に触れて作ることの大切さ楽しさを伝えたい。こどもたちの未来のためにも、五感を働かせた体験をたくさんして欲しいのです。

| コメント (0)

2015年1月28日 (水)

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.36」 ご報告!

2015/1/24(土)に行われた しょく感教室vol.36 のご報告です!
Dscf7682_2

2009年1月から始めた しょく感教室も、なんと36回目。 始めた当初参加してくれていたこどもたちも、もう中学生になっていると思うと・・月日の経つのはナント早いこと! 

テーマや企画 段取りを考える時、ワークショップの時期が決まって告知するも なかなか人数が集まらない時、準備が細々と大変な時等々 いろいろ苦労もあったりして・・coldsweats01 時に悩んだりしながらもここまで続けてこられたのは、ワークショップ途中で目を輝かせて制作に取り組んだり、終わった後 笑顔で帰宅していくこどもたちにパワーをもらえるから。・・・ありがとう!! weep
楽しかった〜!また、来たい! と言ってくれると(しょく感教室はリピーターのこどもたちがとても多いのです)、この経験が少しでも、こどもたちの中に積み上がって、将来何かの形で役立ったらいいなと。
そして、スタッフである私たちの中にも 確実に力が蓄積されているはず、と信じて続けています。 継続は力なり!

そして、今回の しょく感教室vol.36 
「めかくししたらどんな味?なぞなぞスナックつくっちゃおう!」 は、こどもたちのようすから、普段より一層 楽しめた企画だったように感じました。

自己紹介のあとは、岩本留里子さんのお話からです。
Dscf7535Dscf7608
五感というと・・・口で感じる味覚(あじ)、目で見る視覚(みため)、耳で聞く聴覚(おと)、鼻で感じる嗅覚(におい)、手や口で感じる触覚(てざわり、くちざわり歯ごたえ)・・がありますが、さて?おいしいと感じるのはどの感覚が一番だと思う?
こどもたちに考えてもらいましたが、やはり味を一番に考えるこどもたちが多かったのです。しかし、実際の答えは・・なんと視覚。全体の87%、おいしく感じるほとんどが見た目なのだそうです!
味はなんと全体の1%! たべもののにおい、食べ物から発する音や口に入れたときの歯ごたえなどは13%・・つまり盛りつけや、できたての食事が温かく湯気が立っている、素材が新鮮でキラキラしている、色合いが美しくおいしそうに感じる・・など、おいしさは視覚に強く訴えてくるのですね〜。

では、見た目で味は想像できるでしょうか?!
目隠しをしたら、同じ味でも感じ方がかわるのでしょうか?
Dscf7617_2

毎回 味比べをしたり、食材の音を聞いて見たりすることが多いのですが
今回は、めかくしをして味わうと何か違いがあるかを体験してみました。
くだいたスナック菓子を目隠しをしたまま口に入れ、味を分析してみます。 
こどもたちに、どんな味がするか聞いてみたところ
・カレーがさめた味
・おいしい
・ポテトみたい
・トマト?
・カボチャの味
・おっとっとかな?
・じゃがりこ、チーズ味!?
・ジャガビーのバター醤油味!(よく知ってるねぇ・・eye
・ポテトチップス〜!
次に 今度は砕かずに スナック菓子ひとつをそのまま口に入れてみます
すると・・もう、すぐにわかって 全員一致で 「じゃがりこ!」(よく知ってるなあ・・・eye) 
味は、今の季節限定の カボチャグラタン味 でした。

Dscf7543_2Dscf7551Dscf7622 今度は、ぱっと見て その第一印象で 食べ物の名前を当ててみます。

どちらも黄色っぽい柔らかそうな食べ物が出てきました・・
さて、何に見えるでしょう?
・プリンとマヨネーズ
・カスタード?
・プリンと もも?
・プリンと 牛乳がおおいプリン?

想像してみてから、においをかいだりしながら、一口ずつ食べてみます。
プリンについては、想像通りだったのですが もうひとつは たまご豆腐でした。食べたら甘いはず・・と思い込んで一口食べてみると・・・出汁の味! 思い込みが強かった分、驚きが大きかったようです。
Dscf7552Dscf7628Dscf7629Dscf7625Dscf7559

では、次に 透明の何かが出てきました・・
さて、何でしょう? 香りを感じないように、鼻をつまんで見た目だけで判断してみましょう。
・なんにもしてない味のゼリー?
・もものゼリー?
Dscf7636
そして、実際食べてみると・・
これも全員一致で正解、りんごゼリーでした!
うっすらと色がついていたら もっと惑わされるかもしれませんね。

見た目で感じる味と、実際に口に入れて感じる味について体感した後は・・
Dscf7567Dscf7638Dscf7641Dscf7644Dscf7570Dscf7645Dscf7654
さあ、なかみに何をいれるか考え 味の組み合わせを想像しながら、「なぞなぞスナック」をつくりましょう! どんな味になるか・・食べてからのお楽しみですが、お家に帰ってから誰に食べてもらうか? 食べてみたときの反応は? 想像するだけで、楽しくなってしまいそう。 意外な食材や調味料の組み合わせで、新しい味を発見するかもしれません。
Dscf7669

Dscf7577Dscf7578_2Dscf7579Dscf7580Dscf7676Dscf7677Dscf7678Dscf7679Dscf7692Dscf7600Dscf7689Dscf7690 今回は、一つだけ試食してみました。思ったより胡椒を入れすぎて、すごくスパイシーなスナックだったり、ケチャップとソースのシンプルな組み合わせが、お好み焼きの味に感じられたり。食べているときの神妙で、ちょっと嬉しそうなこどもたちの表情で、今回のしょく感教室がとても楽しかったとわかりました。

Dscf7574Dscf7660Dscf7664Dscf7666Dscf7673

短い時間内で、個性的なタグも出来上がり、こどもたちの集中力に感心しながら、今回も盛りだくさんのしょく感教室終了です!
Dscf7584Dscf7586Dscf7588Dscf7592Dscf7680Dscf7682Dscf7685Dscf7687Dscf7696

次回は、3月28日(土)を予定しています。
春休み中ですから、たくさんのこどもたちに是非参加して欲しいなと思っています。詳細が決まりましたら、またホームページにてお知らせします!お楽しみに。

| コメント (0)

より以前の記事一覧