作品紹介

2018年6月20日 (水)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 木っ端のオブジェ02

Seima3


一つ前のページに、木っ端のオブジェ01をご紹介しました。
こちらも、同じつくりかた。 でも、作者によって全く形が異なります。
選ぶ木っ端も、塗る色も、それぞれのこどもたちの手により全く違った仕上がりになります。 当たり前のことですが、無作為に選ぶ形も、好みの形や気になるところも、全く違う。
そう、違うところがとても良いのです。 
同じにしなくちゃいけないのかな? とか、選んだ形はこれが正しいのかな?
とか・・そんな迷いは全く無用。だって、正解なんて無いんですから!

自分の直感であったり、無意識だとしても自分との対話から選んでほしいなと思います。
ただし、その選んだ形は、壊れないように土台に固定させてほしい。
そして、どんなイメージを持ちながら作っているのかな?ということは考えてみてほしいと思います。
そこをこどもたちが自分自身で考えて形に表して欲しいのです。

Sくんは、細長くとがったような形が気になったのかな?
うすべったくて細長い形をどうやったら土台に安定して立てられるだろう。 支えをどうやってつけたらいいかな?
一方向からではなく、様々な方向から形を見てみよう。

そんな声かけをしながら、作品作りをサポートします。


Seima1


きらきらくん     せいま(年長)
■くふうしたところ みてほしいところ
すべりだい
■むずかしかったところ
ぬるところ
■ここはどこですか
こうえん


Seima2


立体作品は、多方向から物を見るくせをつけることができますね。
すみずみまで塗り残しがないかどうかを見ながら、根気よく制作しました。
こんな公園があったら、楽しめそう!でも・・スリル満点かな?

こどもの頃、なんでもない原っぱに大きな木があるとか、大きな石がある・・それだけで こどもたちだけに見える遊びの世界に入り込めた記憶があります。
その石にのっかっておまじないを唱えると、また別の世界が見えました。いっしょに遊んでいるこどもたちともそれを共有できる不思議。
いつしか、そういう別世界が見えなくなってしまった頃・・ごっこ遊びに興じることができなくなって、現実しか見えてこなくなった頃・・それがオトナになったということなのか? 

こどもたちが、作りながらまたそこに自分だけの別世界が見えているとすると、とてもステキな時間! オトナには見えない世界で、こどもたちの心はどんな遊びを繰り広げるのでしょう??


Seima4


幼いこどもたちの作品は、その奥に潜む こどもたちのイマジネーションや、過ごしている時間を感じながら見ていただけたらと思います。


作品は、今週末に行う ちいさなてんらんかい で展示します。

ぜひ、実物をご覧ください。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 おとなのための造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25
どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください

| コメント (0)

2018年6月18日 (月)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 木っ端のオブジェ01

Hibiki1


アトリエには、たくさんの木っ端があります。
糸のこ盤で切り出した後のカケラ。 形もおもしろいので、組み合わせて新しい物が産み出せるかもしれないと、たくさんとってあります。
こどもたちには、好きな形を選び、そしてそれを土台に置いたとき倒れないようにするにはどうしたらいいかを考えてもらいます。

幼いこどもたちにとっては、たくさんの木っ端の中から無作為に選んだ形かもしれませんが、何か他の物に見えてくることも。
中央に置いた アザラシのような形がポイントになったこの作品。
黒で塗ると決めて、最後の最後にこのパーツを塗りました。


Hibiki2


にじいろすいぞくかん   ひびき(年長)

■くふうしたところ
あざらしみたいなところ
■むずかしかったところ
ニスをぬる
■ここはどこですか
すいぞくかん


Hibiki3

多方向からよく見て、しっかりと色を塗りました。

Hibiki4


作品は、今週末に行う ちいさなてんらんかい で展示します。
ぜひ、実物をご覧ください。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 おとなのための造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25
どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください

| コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

木曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

週の後半、木曜日! こどもデザイン造形教室 木曜日の様子。


311


↑庭、お家にニスを塗りました。
疑問があると、なんでも聞いてみたくなるKちゃん。私ってね、おしゃべりなの〜・・・楽しい会話も、制作が始まると作ることに一生懸命。絵の具の模様の中に、大好きな♡みたいな形を見つけたKちゃん(女の子って、ハートが大好きですよね) ねえ、これハートっぽくない? 聞かれた私・・うん、そうかもね〜、 Kちゃん、でもね、ハートってホントは心臓っていう意味だって聞いたら最近それほど好きじゃなくなった ・・・って! 

(実は以前に、女の子が誰でも♡♡で模様を作ってしまうことにちょっと疑問を持っていた私は、ハートって何? どうしてハートが好きなの? って尋ねたことがあったんです。そして、言葉の意味は実は心臓って言う意味で、心臓はハートのカタチしてるんだよ・・って教えてあげたのです)

あら! ちょっとだけ見方が変わってきたかな?
そうなんだよね、なんでも♡♡ じゃなくて、実は心臓という意味だったり、いろいろ知ることで他の表現の仕方にも興味が持てるようになると・・・いいなと思います!
あまり、固定せず 柔らかい感性でたくさんの表現をしていきたいですね。


続いて 小学生クラス。


312


↑色塗りに徹しました。テキパキと色を作っては塗り・・ とても小さなパーツまで丁寧に! 目指すはてんらんかい・・間に合うようにすごく集中してがんばってます!


313


↑先週から仲間入りしたRくん! どんどん手が動いてますよ〜。まずは、先週作っておいたノートの表紙と本文を合体! 道具の場所や使い方を覚えていきましょう。名札も着々!!細かいトレース、色塗りにもチャレンジ! 意欲満々、その勢いで進めていこう! 


314_2


↑きれいな模様紙のノート。さて、どんな名前をつける?
最初は ノート1号でいいかな・・と言っていたRくんですが、それじゃ〜工夫が今ひとつ!何か見えてこないかな? 触ったり色を感じたり、季節や・・香りや・・模様が別の形に見えてきたり。なんかイメージできないかな? という投げかけから生まれた題名はこちら!

左)よくよく見たら人の絵に見える本
右)においをかいだらくさい本

わお!
そうきたか〜。 でも、五感を使って物を見たり感じたり、柔軟にテーマを検討してみる姿勢は大切なのです。これからも楽しい名前を思いついてね。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25
どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください

| コメント (0)

2018年5月31日 (木)

水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

301


水曜日は午後から雨が降り出しrain、幼児クラスの時間には本降りに。
お母様方、こどもたちの送迎 本当にお疲れ様です、ありがとうございます。


302


↑木っ端の工作に色を塗り始めたYくん(中央)、一方向からだけでなく多方向からモノを見る練習にもなっていますね。作るときに限らず なんでも、いろいろな向きから見ることが大切!

新年度から新しく加わったツインズのお二人、戌年制作の板絵を描きました!
この作品は、ちいさなてんらんかいの時まで、アトリエ前にて展示する予定。ぜひご覧ください!


303


完成作品を持って、パチリ! それぞれの個性が光る犬が表現できました。
最初は大きく描くことが難しかったように見えましたが、のびのび絵の具を塗ることができて、塗り重ねた色にも新しい自分だけの色が見えてきます。一つの作品が仕上がると自信が付きますね!

そして、できあがった作品に作者の思いをこめて・・
作品について想像し考えてもらっています。
言葉が加わると、観る人もイマジネーションが刺激されますね〜。楽しい作品になりました!


左)あなをほっているところ   そうた(年長)

■いぬのなまえ
らんくん
■いぬがすんでいるばしょ
ハワイ
■みてほしいところ
からだぜんたい

右)どうろをあるいている ぺろちゃん   えいた(年長)
■いぬのなまえ
ぺろちゃん
■いぬがすんでいるばしょ
おきなわのうみ
■みてほしいところ
ぜんぶ




続いて、小学生クラス。

春に運動会がある小学校は、先週今週行われているようですね〜。
運動会で応援団をしたというKちゃん、楽しい思い出になったかな?


304


↑今日は、先週作図した型紙を元に、布に印をつけてカット。アイロンをかけて折り目をつけ、その後の作業がスムーズに運ぶようにしました。
ドレスを作りたいという熱いエネルギーを持続しつつ、一つ一つの作業は丁寧に・・物づくりは、一筋縄ではいかないところも多く、特に今回は初めてトライすることの多さと、かけられる時間との闘い・・!こちらも一緒になって考えています。でも、前に進めば一つずつクリアできると信じて・・がんばろう〜sun


305


↑こちらも、大作! ちいさなてんらんかいに展示することを目標に、作業を進めています。今日は、先週粘土を丸めて作った石や葉っぱに色をつけました。効率よく進めるには作業をまとめる〜! 今日はだいぶ進んだね。この調子で来週も!


307_2


↑犬の板絵ができあがりました! 自分が考えて描いた個性的な模様が楽しいね。

はしるところ   しょうた(1年)
■いぬのなまえ
れっぱ
■いぬがすんでいるばしょ
アメリカのやまにいる
■みてほしいところ
もよう

お〜!アメリカの山に住んでいると聞くと、色や模様のイメージがまた広がってくる気がしますね。
こどもたちの心の中から、たくさんの表現を引き出したい気持ちでいっぱいです!

犬の板絵、実物をぜひ観にいらしてください。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25
どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください

| コメント (0)

2018年5月29日 (火)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 羊毛フェルトの イイヅナ

1_2


つぶらな瞳がなんともかわいらしい イイヅナ が完成しました!

エサさがし     はな(6年)   
■くふうしたところ みてほしいところ
手足の指をつけたところ
ひげをつけたところ
■むずかしかったところ
手足の指をつけるところ
目を作るときにいろんな大きさでためしたこと
■このイイヅナはなにをしているところですか
森を歩いているところ


イイズナとは? ウィキペディア


3


↑羊毛を使い、長い時間をかけて制作してきたイイヅナです。ニードルでチクチク。 途中、まだ目鼻も付いていない頃、何を目安に形を作れば良いかわかりづらいところもあり、少し不安な表情でニードルを刺していた はなちゃん。
でも、次第に羊毛がしっかりと形になってきたところから少し自信が出てきたような様子で、足や首回り、しっぽの先までよく形を観察し 向きや形を整えながらコツコツと根気よく仕上げていきました。


4_2


↑特に後ろ足。かくれた部分に骨の形を意識しながら作ってほしいと、骨の標本図鑑などみたりスケッチを確認したりしながら形を作りました。


2


↑いよいよ終盤にさしかかり 足を作るとき、予想以上に細かくて指一本一本をニードルで刺すのがとても難しそうでした。なかなか完成に近づかず、それでもコツコツ制作を続けました。
首を傾け、一歩前に歩き出しそうなポーズ、動きがあるところがいいですね!

最後に顔を作るとき、特に目をくりくりと丸くツヤをつけた感じにしたかった はなちゃんは、黒い粘土で小さな目玉を丸め(サイズも何通りか作りました)そこにワイヤーを差し込み、そして大きさや位置を丁寧に確認しながらつけていきました。ひげもテグスを使って表情を出しました。


6


それでは、制作中の様子を少しだけ、ご紹介。
仕上げの頃です。


Dsc_7716


Dsc_8888


Dsc_8891



Dsc_0487


↑目玉を粘土で作り、位置を慎重に決め、最後にもう一度ニスで塗ってツヤを出しました。表情にこだわり、目は納得いく位置に。

来月開催予定の ちいさなてんらんかい で この作品を展示しますので、ぜひ実物をご覧ください!

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25を予定しています
どなたでもご覧いただけますので、お気軽にお立ち寄りください

| コメント (0)

2018年5月21日 (月)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 一折り中綴じノート

01


表紙と本文を 中央で折り、糸で綴じる 一折り中綴じノートです。
綴じた後に、ビーズでとめました。


Dsc_0546


左)かがやくお花のノート  右)まぼろしのかぼちゃのノート
  まなか(4年) 


■くふうしたところ
糸は 一色じゃなくて三色ぐらいまざった物にした
■むずかしかったところ
糸をビーズにとおすところ
■なにをかきたいですか
ひみつの計画とか おえかき


Dsc_0584


↑折り線に沿って穴を開け、糸を通して綴じていきます。開くとこんな感じで、糸が見えます。表紙の模様と、糸の色あわせをしたりするのが楽しいですね。


Dsc_0572


こどもデザイン造形教室に入会する前に、クラスを体験してもらっていますが、そのときに描いた絵を表紙に使用しています。
ほとんどのこどもたちは、ノートを作るときにホチキスでとめる方法を使っていますが、金曜日クラスは 手製本の先生ツル先生がいることと、まなかちゃんが小学校高学年ということもあって、中綴じノートにチャレンジしました。

糸の通し方、結び方を覚えれば、応用して気に入った紙を綴じたりするのに便利な方法です。 自分で作ったノート・・何を書こうかな? 楽しみですね!


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25を予定しています

 


| コメント (0)

2018年5月16日 (水)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / キノコの いれもの

121_3

森にはえてるかがやくきのこの こもの入れ      まなか(4年)
■くふうしたところ みてほしいところ
足のところにぬのをはっているところ
■むずかしかったところ
入れ物の中に紙をはるとき、足を立たせるところ
■なにをいれたいですか
おさいふとか、みられたくない物

張り子の技法を使って制作した キノコのいれもの ができあがりました!
蓋が、キノコの笠部分になっています。取り外すとこんな感じ↓


122


内側にも自分で描き染めた色紙が貼ってあります。 キノコの軸を入れ物本体にしているので、少し深めの入れ物です。 


123


↑球面を支える脚は、ワイヤーに気に入った布を選んで巻きました。バランスよく立たせたり、内側から布を貼って固定させるのに苦労しました。

毎回の教室で、無駄なく効率的に制作を進めてきたMちゃん。 作ることが大好き、というのが見ていてとてもよくわかります。積極的にどんどん動いて、アドバイスも「うん、やってみる!」と前向きに受け入れ突き進む姿勢。
これからも どんどん作って、どんどん自分の世界を広げられそうですね。

それでは、制作の様子!


124


アイデアスケッチでは、入れ物をたくさん描いてみて・・そしてそこから自分だけのオリジナルな発想をまとめました。
蓋は、ボール紙を使ってベースになる形を作り、紙を貼りながら ゆるやかな曲面を作ることでキノコらしさが表現できましたね。

世界中に、もしかするとキノコの入れ物で他のデザインがたくさんあるかもしれません。興味があれば、調べてみるといいかもしれませんね。
自分の発想とまた違ったものを鑑賞することで、より一層世界観が広がるでしょう。そしてまた、それが次の制作につながっていきますね。


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23~25を予定しています

 

| コメント (0)

2018年5月12日 (土)

金曜日の造形教室・小学生クラス

111


こどもデザイン造形教室の金曜日クラス。 

連休中の出来事や 気づいたことを聞いてみました。
出かけたり、旅行に行ったりしたお友だちもいたようですが、特別な状況じゃなくても、気づいたら教えてほしいな。

日本銀行の博物館へ行ってきました! いろいろなお金を見ました。
・・・どんな形だった? 昔のお金? どの時代のお金かな?
  聞きたいことがたくさん・・・でも、お金の博物館があるなんて、知らなかったので みんなも興味があったら行ってみるとイイネ〜。
この博物館かな?

小田原で花みたいな葉っぱを見たよ!
・・・花みたいな? どんな形だったのかな? 色は葉っぱみたいに緑だったのかな? 頭の中で想像してみます。今度は写真に撮ったり、スケッチしたりしてくるといいかもね。

沖縄の水族館で、花みたいな形のクラゲを見たよ〜!
・・・丸い形じゃなくて、ひらひらしてたのかな? どんな色かな?
すると、「いま、写真を持ってる〜」、ということで、 なななんと 自分のスマホの画像で見せてくれました!!(イマドキはスゴイですね) 
本物を見たあと、記憶に残すために写真で即座に残せるって便利ですが、写真に頼りすぎてよく観察したり考えたりすることを忘れないように・・(自戒も込めて)。
実際に見せてもらうと、とても変わった形で、マンボウみたいなシルエット。なんていう名前のクラゲだったんだろう。

さて、
制作の様子。


112


↑犬の板絵の下準備。板の端を紙やすりで丁寧に整え、その後下地にジェッソを塗っておきます。塗ったらのばす、筆先を使って・・・木の凸凹のところは筆先で塗料をのせるようにするといいよ!


113


↑張り子の入れ物を作り始めました。まずは、道具を覚えて作業を覚えて・・毎回同じことが繰り返されるので覚えて自分で動けるように。 なぜ、ボンドをいちいち塗るのかな? 乾くとどんな風になると思う? 来週のお楽しみ!


114


↑羊毛で作ったイイズナに、前回作った紙粘土の目をつけていきました。ニスでツヤをだした目にワイヤーを差し込んで準備。目をつけたい位置をニードルであらかじめ刺してくぼませておき、ワイヤーを指す場所も決めておきます。羊毛というふわふわした素材に定着させるのが少々難しく、刺すと浮いてしまったりボンドがうまく乗らなかったり紙粘土からワイヤーが飛びだしてきたり。予想外のことが起きましたが、最後には目を取り付けることができました。


117


↑今日を自分で設定した締め切り日にしていたHちゃん。途中、ちょっと産みの苦しみ?とも思えるような、う〜〜ん・・という考え込むような様子も。最後の最後、完成の着地点をどこにするかが悩みどころなのかな? 折り本と手紙部分はほぼ完成した様子ですが、そこに登場するウサギを新しく作りたいということでした!


115


↑張り子の入れ物が最終段階、ニスを塗って完成です! そのあと、しばらくお休みしていたノート作りを再開。一折り中綴じのノートにするため、穴を開けました。


今日は、張り子の入れ物が完成しました!
みんなの前で、作品発表。  教室に通い始めてから初の発表で、とても嬉しかった様子のMちゃんでした!


116


森にはえてるかがやくきのこの こもの入れ      まなか(4年)
■くふうしたところ みてほしいところ
足のところにぬのをはっているところ
■むずかしかったところ
入れ物の中に紙をはるとき、足を立たせるところ
■なにをいれたいですか
おさいふとか、みられたくない物



アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

ちいさなてんらんかい 2018/6/23〜25を予定しています

| コメント (0)

2018年4月28日 (土)

金曜日の造形教室・小学生クラス

271


金曜日の こどもデザイン造形教室 小学生クラス。
今週の気づきを聞いてみました。すると・・
ハイっと 手があがりました。
「ご飯の上に味海苔をのせたら、ふにゃっとした!」

・・・おおおお〜 なるほど、ご飯の湯気で海苔に水分が含まれてふにゃっとしたんだね〜happy01

そうそう、生活の中の 小さな気づきは すごくおもしろいね〜


他に!

「しずくがぽたんと落ちたときに、はねたかたちがきれいだった」

そうそう・・それは、自然界の作る形の不思議だね。ミルククラウンと呼ばれる王冠のような形、それを模してアクセサリーにしているのを見たことがあるよ!

そんなやりとりをしながら、各自の制作が始まりました。


272


↑自分で決めた締め切りに合わせて制作を続けている 折り本絵本と手紙のセット。 今日の目標は手紙の完成。 途中、捜し物をしている時間が長かったような感じですがcoldsweats01、小さく切り取った紙片など、あとから使う大切なパーツは仕分けてしまっておかないとね。


273


↑張り子の入れ物、今日は脚部分を作りました。ワイヤーを底に刺しこみ布を巻いて固定。切り口や糸端も、巻き込んで整えましょう!


274


↑今日から、犬の板絵を開始。まずはクロッキー帳にいくつか描いてみて、その後大きな板に大きく描いていきます。せっかくの大きな画面。端から端までのびのび描くために、まずはおおまかに形をとることを伝えました。ジェッソを塗って準備完了。


275


↑羊毛で作るイイヅナの、今日は目を作りました。久々の粘土・・いや、ここでは初粘土? 黒い絵の具を混ぜながら、黒い粘土を作って小さく丸めます。予備にいくつも作りました。細かい作業を丁寧に進めています。


276


↑ビーダマゲームができあがりました!作品票を書きました。
次の制作は 器。 張り子で入れ物を作っていくので、お家にある入れ物を想像したり古代博物館などにある器の形を図鑑で見たりしました。


277


↑張り子の入れ物。ニスを塗って、蓋部分に留め具をつけて完成しました!最後に作品票を記入。 張り子で形を作る時間はずいぶん長くかかりましたが、こうして形になった姿を見ると感慨深いですね〜。


278


↑完成したので、作品のタイトル、見てほしいところや難しかったところなどをおりまぜながら、みんなの前で作品紹介! ウサギが山を登っている絵なのですが、雲がカラフルに塗られていたり背景の区分けなど、色の構成が大胆でいいですね。釘打ちもがんばりました!

山にのぼる うさぎ     こはる(2年)
■くふうしたところ
さいごにくれよんで空にぐにゃぐにゃをかいたこと
■むずかしかったところ
くぎをあちこちうったこと
■だれにあそんでほしいですか
おともだちと かぞく


279


↑張り子の入れ物も完成! お部屋に置いておいたら思わずニッコリしてしまいそうな愛らしいワンちゃんですね。 お座りしている後ろ足も苦労したけどバランスぴったりでしたね。 おしりのところが蓋になっていて、しっぽを持ち上げると蓋が開く仕組み。お尻のビーズ(留め具)がキュート!

ワンワンえさがほしいよ     なお(2年)
■くふうしたところ
にくきゅう
■むずかしかったところ
にくきゅうのこまかいかたちのいろぬり
■なにをいれたいですか
文ぼうぐとか 大せつなもの


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年4月12日 (木)

水曜日の造形教室・幼児・小学生クラス

水曜日の風はすごかったですね。
春の嵐。
家が揺れるほどの強風でした。

どんな音がしましたか?
言葉で表すと どんな感じ?

ぐぅぉおお〜〜
ざ〜〜〜〜〜
ど〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっ がらんがらんがらん


自然の中から、何か感じることがあったら
心にメモ!
わすれそうなら、クロッキー帳にメモメモ!!

そんなことをこどもたちにもお話しています。


こどもデザイン造形教室 水曜日の幼児クラスには
体験のお友だちが来てくれました。
色のお話のあと・・ビーダマでお絵かきをしました。


111


ビーダマを転がすと同時に、紙に模様がついていきます。
二つのビーダマが追いかけっこ。

まてまて〜。
仲良く鬼ごっこしているよ。
ビーダマの音もコロコロカチカチ楽しいね。

こどもたちは、すっかりビーダマの動きに夢中。


112


動かし方でも、模様が変わるね。


続いて、小学生クラス。
 


113


↑ドレスを作るためのボディを制作中。あと少しでできあがるので、がんばって!
メインのドレスを作るために、土台が大切なのです。


114


↑ビルに、色を塗りました。色鉛筆で大まかな色計画を本体に描き、いよいよ絵の具で塗っていきます。チューブから出した色にほんの少しずつ、他の色を混色してみると・・自分だけの色になるね。どうやってつくったのか、カラーカードにストックしていこう。


115


↑体験で作った色紙をノートにしていこう! 自分で綴じて・・出来上がり!
できあがったら自分でタイトルをつけてみるよ〜。
名札も作り始めました。まずは、自分で制作を進めていけるように、画材や道具の場所を覚えたり、制作の手順を覚えています。


117_2


↑ステキなノートができあがりました!

左)すぽーつかあのーと 右)じゆうのーと  しょうた(1年)
■なにをかきたいですか
すぽーつかあ もりのえ

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

より以前の記事一覧