作品紹介

2018年8月16日 (木)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 張り子の入れ物

今年は極端なお天気が多いのですが、酷暑が過ぎ去ったらあっという間に季節の変化を感じてしまう予感・・ 夏から冬が早そう・・

さて、完成からだいぶ時間が経ってしまいましたが
張り子の入れ物をご紹介します。

Nokoharu1_3

天の川を見る子ネコ     こはる(小学2年/ 制作時 小学1〜2年)

■くふうしたところ みてほしいところ
にくきゅうと マントと めをみてほしい
もふもふのマントをくふうした
■むずかしかったところ
ひげをつけるのがむずかしかった
にくきゅうがかわくまで  すぐとれて
たいへんだった
■このネコのなまえは?   どこにすんでいるの?
キラもふ    じぶんのうち
■どうしてマントをきているの?
わたしはさむがりだからマントをきている
■なにをいれたいですか
いつか こねこをかったときに、ねどこにする
今はねこをかっていないので、
じぶんのおやつ入れにしたい

Nokoharu2


遠くを見上げるような表情・・全体にあわ〜い色にしたいという作者の意志が固く、目も鼻も口も、甘くやさしい色合いで身体の白さとなじんでいます。
淡い色なので、目立たないのでは? と思ったのですが、逆にこの色が個性を感じさせました。 ちいさなてんらんかいでも、観に来たこどもたちの目にとまり、注目を浴びていましたよ。

最初は、お尻を下にして座っているポーズの予定だったのですが、途中から変更され、足も肉球が見えるような形になりました。足の裏の肉球を取り付けるときは、細かい作業で苦労しました。しっぽを持ち上げると蓋が開くという仕組み。

少し上に持ち上がった右足の下には、バランスをとる役目も果たす金魚やネズミが!


Nokoharu3


ネズミも、金魚も粘土で丹念に作りました。差し替えられるように、あえて固定しませんでした。


Nokoharu4_2


ボア生地でマントを作り、羽織らせると、ちょうど蓋の部分がかくれます。しっぽの長さも個性的、上手に入れ物のバランスをとっています。

つけたタイトルがいいですね!
天の川・・ 見上げている表情はそういう理由からなんだね〜
淡い色と天の川という言葉とがまた、一層ロマンチック・・confident
見上げている表情と、足元の金魚とネズミの対比がまたユニークですね!
ちょっとクスッと笑ってしまいます。

制作にはとても時間がかかったけれど、できあがった作品は
作者にしかできない表現がたくさんあり、観る人の心に残りました。

子ネコを飼って、寝床になっていたら・・と考えると微笑ましいですね〜。


Nokoharu5_2



アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 中綴じノート

春に作った作品です。
アトリエに入会前に体験クラスで作った紙をもとにしてノートを作っています。

以前に、日記ページの中でもご紹介していましたが、改めてご紹介しますね。
てんらんかいにも展示していました。


Suzu


左)ころころちゃん 右)たてたてちゃん    すず(年中)


Photo



Shota


左)すぽーつかあのーと 右)じゆうのーと    しょうた(1年)

Dsc_7609


自分で使うものは自分で作る・・!
特別なノートになりましたね。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介/ 自画像デッサン

夏休みに入って早、二週間! ず〜っと、暑い暑い日sunsweat01が続いていましたが
今日はなぜか急に気温が下がりました。台風が近づいてきていて少し心配なものの・・
こんなに日中ラクに過ごせるのか〜coldsweats01 と、少しホッとしています。
(落ち着いて物事を考えられる気温っていうのは、ありますね・・・35℃越え38℃だと何にもできないsweat01

こどもデザイン造形教室は、ただ今 夏休み中。みんなどんな夏休みを過ごしているのかな? 
アプレットプラスでは、造形教室はお休みですが、その代わりに夏休みこどもワークショップをほぼ続けて行っていますので、あっという間に二週間過ぎてしまいました。

ちょっと涼しくなった本日、7月のこどもデザイン造形教室を振り返ってみたいと思います。

少し時計を前に戻して・・
7月に二回にわたって行った えんぴつデッサンの作品をご紹介します。
モチーフは、自分自身。


Dsc_5097


鉛筆のみで表現する、自分。
自分を見つめる時間。
限られた時間の中で、どれだけ自分と向き合えたかな? 
そして、何を発見してそれを画面に残せたのかな? 

見つめる時間、描く時間、考える・発見する・感じる時間・・・正解なんてないけれど、正解のない世界で みんなが見つけるものは何だろう?



それでは 作品をご紹介します。 二日合わせて正味三時間くらいで仕上げたデッサンです。 デッサンが初めての子、時間をめいっぱい使えた子、たくさん見つめた子、二日目は疲れちゃった子・・いろいろでしたが、白い画用紙には 「今」の自分が描かれています。 写真だとどうしても、細かい鉛筆の調子をお伝えするのは難しいのですが、どうぞご覧ください。


11

左上) ゆいな(5年) 右上) じゅんな(4年)  左下)Nこはる(2年)

22


左上) ゆうたろう(3年) 右上) かい(4年)  右下)しょうた(1年)


33


左上) まさき(4年) 右上) れん(3年)  右下)はな(6年)


44


左上) はるの(4年) 右上) Tこはる(2年)  左下)まなか(4年)  右下)りよ(2年)



pencil当日の各クラスの様子は、7月の日記に記してありますので、どうぞご覧ください

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月26日 (木)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 張り子で作る船

色鮮やかな船の上には、食べ物がなっている木が!
木には、位置が移動できるバルコニーもついています。
甲板にも、大きなテラスが・・

こんな船があったら、楽しい航海になりそう。
この船はいったいどこへ行くのでしょう?


Dsc_3069
Dsc_3084


GO ! GO ! シップ       まさき(制作時/小学3〜4年)

■くふうしたところ
バルコニーが取りはずしできるようにマジックテープをつけたところ
空の色をいろいろな色をまぜたところ
■みてほしいところ
木の実のところとテラスの中
■むずかしかったところ
木の実を作ることとふねのはりこをしたところ
■この船のとくちょう
木が生えていて、ほの形がさまざまなところ
■この船はどこにうかんでいて、どこを行き来しているのですか
九州にうかんでいて家の近くから九州を行き来している
■どうしてこの船を作りたいと思ったのですか
大好きなおばあちゃんが九州に住んでいて、なかなか会えないので、この船に乗っておばあちゃんに会いたかったから


Dsc_3096

Dsc_3134


テラスやバルコニーは、割り箸を何本も貼り合わせて制作。
甲板に立つ木は、本物の木にワイヤーと粘土で枝をつけ、そこに羊毛でふわふわとした葉をつけました。ねんどで作った小さな肉じゃがや、オムライスなどの料理がくっついています! 


Dsc_3143


取り外しのできるバルコニーは、ゴムベルトとマジックテープで作りました。


Dsc_3150


テラスの中をみると・・テレビとソファー、中央はプール!


Dsc_3155


甲板の先端に、ヒマワリ方の舵。(実はあとから、花びらと花粉部分の色が逆になっていることに気づいたのですが・・coldsweats01


Dsc_3065


こちらは、真正面から見た様子。立体作品は、様々な方向から見える様子が変わりますし、それを意識しながら制作することも大切ですね。

Masaki4

作品からそこにまつわるお話を考えてもらいました。


■この作品のおはなし

夏休みのある日、家族みんなで旅行に行くことにしました。お父さんは大工の仕事をしているので、夏休みの旅行のために
家族にひみつで、船をこしらえていました。とうとう旅行の日がきました。お父さんがみんなに船を見せると、みんなとてもよろこびました。そして、さっそく出発しました。船のそうじゅうはどうしようかこまっていたとき、
いとこが合流しました。いとこのお父さんは船長なので、そうじゅうをしてもらうことにしました。船に実る木の実はとてもおいしく、船のプールやソファーも最高でした。こうして楽しんでいるうちに、九州へ着きました。みんなは、おばあちゃんに会いたくてしかたがありません。とうとうおばあちゃんが船に乗り、合流しました。おばあちゃんは、船にとても感心しました。中でも、おばあちゃんが気に入ったのは、ヒマワリのかじでした。
一つ一つ花びらがついていたからです。あとからお父さんが言いました。「このかじの花びらは、さっきみんなで思いをこめてつけたんだよ」 それを聞いたおばあちゃんは、「ありがとう」といいました。「おばあちゃんも一つ花びらをつけて」みんながいいました。おばあちゃんはとてもよろこんでくれて、しんちょうに花びらをつけました。みんな大よろこびです。こうして、九州でおばあちゃんの家へ行ったりしてすごしました。おばあちゃんは、私たちが九州から帰る時にいっしょに船に乗り、家まで来てくれて、おとまりをしてくれたので、とてもうれしかったです。


できあがった作品から広がるイメージ・・
このお話から絵本ができあがったり、おばあちゃんのお家を作ってみたり・・
創作が次々と展開していくとそれもまた楽しいでしょうね。

 

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月17日 (火)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 折り本絵本

0


折り本仕立てのミニ絵本。そこに、カードと羊毛で作ったうさぎが添えられて。
制作が始まった当初は、こんな風に展開するとは思わなかったけれど・・
でも、きっと作者の頭の中には、完成形が見えていたのでしょう。それを形にするのに時間がたくさんたくさんかかったけれど、ちいさなてんらんかいに絶対に間に合わせるという目標は達成!  


Photo


うさぎのおせわセット      はるの(制作時/小学3年〜4年)
■くふうしたところ みてほしいところ
本でみてほしいところは、
小さな切った紙をはったりしたことです
■むずかしかったところ
ニードルがうまくさせなかったり、指をさしたこと
■なぜこの本をつくろうと思ったのですか
いとこの弟が生まれたから、
使ってほしいと思った


Photo_2


↑絵本を作り終わったあと、そこに登場するうさぎを羊毛で作りました。うさぎの写真を観察し、後ろ足の形や毛並みにもこだわりました。目玉も粘土で丹念に制作。


Photo_3


↑右側にある「いろいろレンズ」を手紙に重ねると謎の文章が解読できるというアイデア。カードを入れる封筒も、展開図を写し取って自分でカットして作りました。


5

8


6


↑各ページのイラストに風合いのおもしろい紙を貼り込んで表現。光る紙、凸凹の紙、ツヤのある布、数々の端材の中から探しては切り抜き・・・
すべてとても小さく細かい。雑誌の一部の形を切り取ったり、よくよく観察すると小さな箇所にまで創意工夫を凝らしています。 
自由制作をどうするかで悩み、折り本をまず作ってみるところから始まった今回の制作。その内容を考えているうちに自分の制作したい世界に没頭した時間でしたね。

この絵本の中には、作者本人の興味や考えた時間、向き合った時間、悩んだ時間が・・いっぱいつまっています。

自分の好きな世界を追求し続けること、それをかわらず続けられるかどうか?
いろいろ途中に変化があったとしても・・オトナになるまで続けることができるかどうか・・?
続けることの強みというのは、私たちオトナが振り返ると感じること。

やっておけば良かったな〜・・
あのときから続けていれば!・・・

いつやるの?今でしょ! ・・・数年前に流行った言葉、今やり始めて続ければそれが強みになると言うこと・・こどもたちがちょっとしたきっかけで興味を持ったことでも、すぐに止めてしまわないで少しずつでも積み重ねて行けたら何十年か後には、誰にも負けない強みになっていると思います。
認めてあげて支援する周りの協力も大切ですが!

プレゼントする相手のことを思いながら作った本でしたが、いとこは喜んでくれたかな?

それでは、制作風景をご紹介


Dsc_7279
Dsc_2803
Dsc_3162
Dsc_5319
Dsc_8919
Dsc_8919_2
Dsc_2517


アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月16日 (月)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 牛乳パックで作る家

Photo_11


↑ぴょこんとのぞいているのは、なんでしょう? 
Nちゃんの考えるうさぎは、真っ赤な顔をしています!


Photo_13


ほんとは めがあるおうち   なつき(制作時/年中〜年長)
■くふうしたところ みてほしいところ
おうち
■むずかしかったところ
おにわのふちを はるところ
■このおうちには、だれがすんでいますか
うさぎさんのおうち
■このおうちにすんでいるとしたら、どんなことをしてみたい?
うさぎさんを、だっこしたい


3


前の記事でご紹介したお家とは、違った仕上がりのお家。
同じ素材や道具を使っていても、個性が表れると言うことはステキですね。

題名に、ホントは目があるお家 とありますが、
屋根部分に目を描いていました。でも、絵の具を塗るときに上から色を塗ったので・・そんな名前をつけたNちゃんです。上の写真でうっすら見えていますよ!

庭には、Nちゃんの思い描く 滑り台や、うさぎが登場。
うさぎは、ピョンっと、飛び跳ねています。


4


↑滑り台は、粘土を使ってちゃんと階段も作りました。
幼稚園でいつも遊んでいる滑り台をイメージ。

絵の具をチューブから出して、少しずつ色を混ぜたり工夫して自分だけの色を作り出しました。描く模様が自由に手から生まれ出てくる、その感じがまさにオリジナル! 

Img_0136

それでは、制作風景をご紹介 
いつも、実に楽しそうに作っているNちゃんです!

Dsc_7787
Dsc_0231
Dsc_0237
Dsc_8521
Dscf1503
Dscf1496

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 牛乳パックで作る家

Photo_7


牛乳パックを土台にして、こんなお家があったらいいな! という思いを形にしました。 カワイイ形が大好きなKちゃん。
「カワイイ」という定義は、Kちゃんにとって「女の子らしさ」でもあるようです。

色も大好きな色にするために、絵の具を混ぜて作りました。
鮮やかで甘いやさしい色合い。


Photo_8


おはならんど     かえで(制作時/年中〜年長)
■がんばったところ みてほしいところ
おはなをひらくところをがんばった
ハートのまどがかわいいよ
■むずかしかったところ
おにわのふちをぬったところ
やねのいちばんうえをぬったところ
■このおうちには、だれがすんでいますか?
かえでと、かえでのおともだちのさんごちゃん


Photo_9


↑大好きな色が満載の庭、形もふわりふわりと丸い形の連続。
中央に建つ家を、たくさんの花が取り囲んでいます。


Photo_10


↑お花紙の色の組み合わせは自分で選び、紙をおりたたみワイヤーで挟んで、広げて・・ 目標25本のお花を考えていましたが、てんらんかいに間に合わせるために少々減らして15本! でも完成させるための集中力はバッチリ!


ところで、
「カワイイ」という定義はどこからくるのかな?と考えます。
制作しながら漏れ聞こえるこどもたちの会話から察するに
幼稚園のこどもたちにとって
カッコイイとカワイイ は違うようです。

カッコイイは男の子で、カワイイは女の子。
色彩に性別は無いと思っていますが、女の子色、男の子色 と区別したくなるこどもたちも多いようです。
確かに、自由に色を使っていいよというと自然と色合いが分かれることも否めません。実際にデザインをする上でも、男の子用と女の子用とでは色分けをすることが多いのも事実・・
でも、本当は色の組み合わせも形も、表現の仕方も 好みも、無数にあり
どれも認めあえるといいなと思います。
特に、量産しなければならない工業製品とは違う、自分だけの制作の時は!

こどもたちは、一つのイメージに凝り固まってしまわないように、柔軟に成長していけるといいなと思います。思い描くアイデアがそこでストップしてしまいます。
もっと考えて・・もっと新しい何か・・枠から外れてイメージがわき上がってきたときに・・・
やっと自分らしさが表現できてくる! 

枠を壊せるような、声かけができたらな〜と・・その意識を持ちつつこどもたちとの会話を楽しんでいます。

それでは、制作風景を少し

Dsc_7386
Dsc_7653
Dsc_7862
Dsc_1363
Dsc_0908
Dsc_2968

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月15日 (日)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / ビーダマゲーム

Photo_2


板に穴を開ける位置も、どんな絵柄にするかも 作者次第。

穴に入ったらアタリ?
それとも、入ったらハズレ?


Photo_6


丸い穴の形を利用して、絵柄を考えました。
風船だったり、花の中心や、チョウチョの模様・・

釘は、絵をじゃましないような青を選びました。

順調に効率よく作業を進めて、あっという間に完成!


Photo_4


生き物いっぱいお話ビーダマゲーム    まなか(小学4年)
■くふうしたところ みてほしいところ
やまにかかっている雲をすけるようにしたところ
空の色をいろいろな色をまぜたところ
■むずかしかったところ
おとしあななどのあなをあけるところ
■だれにあそんでほしいですか
きょうだいや友だちなど


Photo_5


↑山にかかる雲がすけているような色合い。作者本人がくふうしたところですね。
ちょうちょも、図鑑を見て形を調べてから絵にしました。鳥も飛んでいるとどんな格好をしているのかな? ・・最初に頭の中で考えた形をブラッシュアップしたラインで仕上げます。 


こどもたちが、図案を考える際によく登場するのが 花や風景(特に山)そして草木やちょうちょ、虫、虹、雲、ハート、星、うさぎ、クマ ・・・
何も無い中から、考えてごらん というとほとんどのこどもたちがこういったモチーフを登場させます。それだけ身近なモチーフなのでしょう。

でも、それはすでに他の人の手によって図案化されたモチーフを頭の中だけでイメージしている場合も多く、文房具など こどもたちが使う持ち物にデザインとしてよく使われていることを考えると頷けます。
改めて図鑑などで本物を見ると、実はシルエットが違ったりします。自分自身の手から生まれる線として、まず本物を確かめてから作ってみることが必要だと思います。
そういった姿勢を大切にしたいと考え、こどもたちに声をかけています。

もうすぐ、夏休み!
山や海など、自然の風景に触れる機会が増えると思います。
こどもたちには、ぜひ本物はどんな形なのか、どんな色合いなのか、どんな光り輝きなのか・・・を空間全体で感じてきて欲しいなと思います!


それでは
制作風景を少し・・

Dsc_1433

Dsc_2525

Dsc_3176



アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / こうきゅうな家

広い庭には はためく二カ国の旗。
金魚が躍り出る 二つの池。
そびえ立つ階段状の大きな家・・・

それこそが


・・・・・こうきゅうな家!


Yu2


こうきゅうな家      ゆうたろう(小学2〜3年/制作時)

■くふうしたところ みてほしいところ
日本とブラジルのはた
■むずかしかったところ
家に色とにすをぬるのとにわに色とにすをぬるところ
■ここには、だれがすんでいるの?
おじいちゃん おばあちゃん
■なぜアンテナがたっているの?
アンテナが立っているとなんだか全体のかんじがおもしろいから
■アンテナのやくわりは?
どこにでも電話がつながる
■なぜ日本とブラジルなのですか?
ブラジルは日本と まはんたいだから日本は自分の国だから


Yu1


↑シンメトリックにデザインされた この家の頂点にはアンテナが!
広い庭には、対になる旗と木、池。 中央の玄関を中心にして左右対称に配置されています。 何階建てなのかな? 作者曰く、六階建てだそうです。


Yu3


旗は、布で作りました。木は本物の木に粘土で葉っぱをつけて。池の石も、金魚も粘土で作りました。窓は、カラーペーパーをコラージュのように貼りました。

この家の土台は、牛乳パック。その大きさを基準にサイズを測り、ダンボールに印をつけ定規で直線を引き、ダンボールカッターでダンボールをカットしていきました。牛乳パックを包み込むように壁をたて、紙を上から貼って丈夫に仕上げています。
壁を作っていくうちに、定規もダンボールカッターも自分一人で使えるように。
道具は、使えば使うほど上手になりますね。そして、道具により表現の巾が広がります。こんな物作りたい・・と思う気持ちを実現する上で、道具や材料を使いこなせるかどうかは大切ですね。

最初に描いたスケッチ通りに組み立てて行くうちに、スケールの大きな作品になりました。

・・・・それでは、制作風景を少しご紹介。

Dsc_3664
Dsc_3652
Dsc_7850
Dsc_0896
Dsc_2821




 

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

こどもデザイン造形教室 作品のご紹介 / 中綴じノート

少し前の作品ですが、ご紹介します。

アプレットプラスのこどもデザイン造形教室では、
体験に来てくれたこどもたちには、自由に紙に絵の具遊びをしてもらい
その後、教室にご入会いただいたときには、その紙を使って制作をしてもらっています。主にノートにすることが多いのですが、
こどもたちそれぞれの個性が光ります。

特に幼児クラスのこどもたちは、体験クラスで初めて絵の具に触れることも多く。
自由な手の動きや筆使いが、そのまま絵になります。


Eita2

右)くろくん 左)へびちゃん      えいた(年長)
■なにをかきたいですか
かめんらいだー

Eita1


描いたときには一枚絵だったものを二つに折りますので、表裏になります。
表情が少し変わりますね。


Eita3


中は、白い紙で中央をホチキスで綴じる方法。ホチキスの針も、金槌でトントンしながらとめていきます。 


Photoe_2


つづいて、ご紹介
同じ画材を使って 同じタイミングで絵を描いていますが
ツインズくんたち それぞれの個性が出ますね。


Souta2


右)くろちゃん 左)きつねちゃん   そうた(年長)
■なにをかきたいですか
きょうりゅうずかん


Souta1


↑塗り重ねて深い色が出てくる・・そんな絵ですね。


Souta3


いつも、作品完成と共に タイトルをつけてもらっていますが、タイトルをつけることで形や色を発見したりイメージしたり、自分の表現を客観的に見たり、あるいはむしろ自分の内面を見つめたり・・小さな子だとあまり意識しないかもしれませんが無意識でも心の中でそんなやりとりがあるのではないでしょうか。


Photo_2_2


こどもたちから、どんな作品が生み出されてくるのか 楽しみです。

アプレットプラス こどもデザイン造形教室 http://aplt.jp/

| コメント (0)

より以前の記事一覧