作品紹介

2019年10月20日 (日)

一折り中とじノート 2019/10/03完成

01_20191014184901

 
6月に描いた絵。 そのあと、他のカリキュラムもあったので、ノートができあがったのは季節が変わり始めた10月となりました。

 

05_20191014184901

 

トラとオオカミ(左) ハワイの夕日(右)     ゆうだい (小学4年)

■みてほしいところ
夕日
■むずかしかったところ
ひもをとおす場
■このノートになにをかきたいですか
すきな物やすきな事

 

02_20191014184901

 

体験に来てくれたこどもたちは、自由に絵を描きます。 何でも好きな物を描いてね、と言います。模様を描く子もいれば、動物や植物、乗り物、空や虹、星などの天体を描く子もいます。


そのときに描いた絵がノートの表紙になるとは考えていないわけですが、Yくんの絵は、ちょうどノートのレイアウトにぴったりの絵になっていました。表紙と背表紙に、描きたいモチーフが具合よくおさまっています。
そして、絵の具を塗りながら微妙な色の変化も楽しんでいるようです。

 

03_20191014184901

 

表紙と本文は夏休み前に制作し用意してあったのですが、夏休みボックスの完成後の10月に、本文と表紙を綴じました。
綴じる方法を教えると、とても丁寧にきちんと創ろうとする姿勢が見えました。特に二冊目は、自分一人でしっかりと綴じることができました。

シンプルな仕上がりを好み、完成度を高めようとしている様子が見られるYくん、
これからどんな作品を作っていくのか 楽しみです!

 

Yuudai

| コメント (0)

2019年7月27日 (土)

鉛筆デッサン 2019

こどもデザイン造形教室 小学生クラスで行った
鉛筆デッサンの作品をご紹介します。

今年のモチーフは、 ディフェンバキア というサトイモ科の観葉植物です。

小学一年生や まだ入会したばかりのこどもたちも、とにかくこの植物と向き合い
鉛筆だけで画面に表現していきます。

デッサンとは、ただ描くことではありません。モチーフと心の中で対話し考え、気づきを表現する・・
見ること考えること、自分と対話すること。 大げさに言うと、モノを考える基礎 みたいなことだと思います。

鉛筆をいつもと違う持ち方で、大きく表現してみよう ということは伝えますが とにかくよく見つめて それから描いてみる。
それぞれ、何を感じたかが大切。

なんで?
どうして?

さて、二週にわたって描いた鉛筆デッサンで、こどもたちは何を感じたでしょうか?
何かを発見したでしょうか?
そして、どれだけモチーフと対話できたでしょうか。

 

01_20190724215301

 

 ひびき(一年)・あやな(一年)・なつき(一年)

 

02_20190724215301

 

そうた(一年)・じゅんな(五年)・のざき こはる(三年)

 

03_20190724215301

 

ゆいな(六年)・ゆう(一年)・しょうた(二年)

 

04_20190724215301

 

りょうすけ(三年)・ゆうだい(四年)・ゆうたろう(四年)

 

05_20190724215301

 

えいた(一年)・かおり(二年)・れん(四年)

 

06_20190724220001

 

きい(四年)・はるの(五年)・まさき(五年)

 

07_20190724215301

 

かほ(二年)・くるみ(二年)・たしろ こはる(三年)

 

08_20190724215301

 

りよ(三年)・かい(五年)・写真(これがみんなが描いた植物です!)


写真だと実物よりもどうしてもコントラストが強くなりますが、実物のデッサンは来年のてんらんかいでみていただきたいと思います。(ずいぶん先ですが!!)

制作の様子は、7月の各クラスの日記で見ることができます。
何度か経験しているこどもたちは、少しずつ形がとれるようになってきましたね。
時間があったら、もっと追究できた子もいたでしょう。 もっと踏み込めるのに、途中で手を止めがちな子もいました。

特に、二週目・・手がストップする子が多発!
輪郭線を描くことで「完成」 と思っている子が多かったのですが、色を塗って陰影をつけたり存在感を追究していくと言うことに初めて気づいた子もいました。 
モチーフから、何を見つけるか? ものの見方から入るとおもしろかったりしますね(講評会の時にツル先生からのお話でそれを感じたことと思います)

前回の日記にも書きましたが、どのデッサンも個性豊かな表現で、そこがいい! と思います。
何を捉えたかったのか? 表現したかったのか? 何を見つめたのか? 発見したのか? 
答えは一つじゃない、自分の中に答えはある!

幼い頃から、心の中でやりとりする時間 集中して静かに見つめる時間 って・・・たくさんあっていいんじゃないかな?
それがデッサンではなく、本を読む時間でもいいし、 虫を捕まえて観察する時間でもいい。日記をつける時間でもいい。

そういう時間の積み重ね 自分との対話を積み重ねることが、おとなになるに従って力を発揮していくのではないでしょうか。




😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室 

 😃体験はお気軽に!  (8月はお休みです) 

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

| コメント (0)

2019年7月26日 (金)

紙コップで作る けんだま 2019/7/2完成

001_20190705120701


今年の梅雨は、本当に長くて・・・
一ヶ月半もの長い間ギラギラした太陽にお目にかかれなかった!
今日は、久しぶりに午前中雲一つ無い青空、そして真夏を予感させる太陽を感じましたが・・・なんと、関東地方は、未だに梅雨明けしていないそうで。 
明日から台風がやってくるから、梅雨明けは来週のようです😅


そんなお天気の今年の夏。
完成から少し遅れましたが、 
夏の木陰に吹くさわやかな風のような色合いのけん玉ができあがったので、ご紹介します!

 

002_20190705120701

 

ハワイのけんだま   だいすけ(年長)

■みてほしいところ
むらさきと あおのところ

■むずかしかったところ
かみをはるところ

■はっけんしたこと きづいたこと
かみをはってきれいになったところ

■だれにあそんでほしいですか
おねえちゃん

 

003_20190705120801

 

いつも、ゆっくりと丁寧に作業しているDくん。
最初は、何ができあがるのかな? 何を準備していけばいいのかな? と、教えてもらうのをずっと待っている所もあったのですが
段々と自分から聞いたり自分から動いたりできるようになってきました。
そして、絵の具で模様紙を作ったときには、自分の塗りたい色 自分が思い描いた色 が塗れたのではないかな?

タイトルもすごく素敵!! 季節にピッタリ。

けん玉が完成したとき、とても嬉しそうにしていた Dくん!
すぐにでも持って帰って遊びたかったよね。

 

Daisuke_20190705120701

 

一つ完成するたびに、こどもたちは何段階も成長していきますね。
自信に満ちた表情になっていくこどもたちです!



😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室 

 😃体験はお気軽に!  (8月はお休みです) 

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

| コメント (0)

2019年7月20日 (土)

牛乳パックでつくる家 2019/6/18完成

01_34

 

屋根の上には、羽が生えてしっぽが長〜い不思議な動物がいます。飛べるドラゴンなのかな?
庭にも、カワイイネズミや緑色のキリン。 家は、ドーム型の屋根や様々な形の窓。

アイデアスケッチの時から、良く見る三角お屋根のお家ではなく、とてもユニークな形を考えていました。
その個性を活かし、形を工夫しながら再現しました。


にじいろのいえ   そうた (年長〜小学1年/制作時)

■くふうしたところ  みてほしいところ
いえのいろをみてほしい

■むずかしかったところ
ねんどをつけるときが むずかしかった

■はっけんしたこと きづいたこと
おもったよりも むずかしかった

■このいえにはだれがすんでいますか
かぞく

■このいえにそうたくんがやってきたら、なにをしますか
すいっちをやる

■ここにすんでいるどうぶつたちは なにをしているの?
ごはんをたべている



 

02_37

 

粘土のパーツを一つずつ、バラバラに創っていったSくん。 ネズミのひげ(ツメの先くらいの細さ)目(ごま粒くらい) 手足・・・それを、粘土で作ったらキレイに並べて乾かしました。その後の、塗装。

白い粘土に色を丹念に塗って、最後に組み立てて・・・あれ? 一つ足りない〜、ということもありましたが😅
でも、組み立てて全体像を見てみると、なんだか ほんわかと温かい気持ちになるようなプロポーションの動物たち。


 

04_19

 

幼児クラス・年長さんの時に作り始め、ダンボールカッターで窓をくりぬくときなど、自分の力でカッターを使えるようになって少しずつ自信に満ち楽しそうな表情になっていったSくん。 
小学生クラスに上がった後、環境の変化に少し緊張気味で、それまで自信たっぷりにしていた作業もゆっくりになり、ちょっと戸惑う表情もあり。 
自分でどうしたいのかを決めていってほしいなと遠くから見守っていましたが、絵の具でたくさん色を塗ったり粘土を捏ねたりしているうちに、やはり手を動かして表現するという、その時間が段々と Sくんのこころに自信をつけていったような気がしました。

時間はかかりましたが、確実にこどもたちの中に積み重なっているものがあるのですね。

 

05_6

 

このお家を前に、物語を想像していっても楽しそうです!
イメージ遊びをしていったらどうかな〜?


過去の制作の様子は、火曜日の造形教室 
幼児クラスでの様子は水曜日の造形教室で見ることができます。


アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室 

 😃体験はお気軽に!  

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

 

 

| コメント (0)

2019年7月17日 (水)

牛乳パックでつくる家  2019/6/18完成

001_8

 

ネコが大好きなSちゃんは、ネコの家を作りました。 お家でもネコを飼っているので、ネコのプロポーションや仕草など、粘土でとても上手に再現されています。
クロネコがお家に寄り添って、耳をスリスリしているところなんだって! しかも背中に、ネコ用の櫛が!
そんな様子も、飼っている人じゃないとわかりませんよね。 
上向き加減についた頭や、頭に対しての耳の大きさ、しっぽの長さなど、ネコが大好きでよく知っているSちゃんだからこその形ですね!

 

003_7

 

あにまるおうち   すず (制作時/年中〜年長)

■くふうしたところ  みてほしいところ
ねこ

■むずかしかったところ
わいやーをねじるところ
ねんどをかたちにそろえるところ

■はっけんしたこと きづいたこと
もんをつくるのをわすれていた

■このいえにはだれがすんでいますか
ねこ と きりん と りす

■もしすずちゃんがこのいえにきたら、なにをしますか
きりんにのって、ねこと りすのおせわをする

 

04_18

 

この家には、ネコだけでなく キリンやリスも住んでいます。 お家の周りには、ネコじゃらしが揺れ、ネコが大好きなボールがたくさん飛んでいます。 
最初は、太陽が出ているお庭だったのですが、制作途中に ネコは夜行性であることに気づいたSちゃんは、太陽ではなく月を照らすことにしました。 

庭には、ネコの門があるのです(それを作るのを忘れていて、完成間近に気づき、慌てて?つくったのです)
家には、ネコの耳やしっぽがついています。 そもそも、お庭の形がネコ!
すべて、スケッチを元に創り上げていきました。 

ネコ愛にあふれるお家なのです。

 

006

 

ちいさなてんらんかい(6月末開催)に絶対に間に合わせるぞ〜 と、最後のボールをワイヤーで立てるところはちょっと難しくて先生の力を借りましたが、他の部分はほとんどを自分の力で創り上げていきました。 
ネコ愛を形に〜! 創ることを楽しみ、積極的に動いているSちゃんです。

 

Suzu

 

クロネコに色を塗っているときは、手が真っ黒けになっちゃったね!
でも、塗り残し無いように、とてもこだわって塗ったことで、作品の完成度がアップしました。

切ったり貼ったり塗ったり・・・そして捏ねたり、組み立てたり・・
様々な技法を楽しみながら体験して、表現の巾を広げていきました。

(過去の制作の様子は、火曜日の造形教室で見ることができます。)



😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室 

 😃体験はお気軽に!  

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

| コメント (0)

2019年7月16日 (火)

羊毛でつくるペンギン 2019/6/18完成

01_33

 

ちょっととぼけた表情の、フワフワの羊毛でできたペンギンは、お花畑にすんでいます。
ペンギンって、海の近くに住んでいるんじゃないの?
いえいえ、こどもたちが考える動物は、自由自在に想像の世界を行き来します。
作者によれば、このペンギンは泳ぐことが苦手らしい!
小さな羽で、花を摘むのかな?


お花がだいすきな まほうつかいペンギン   じゅんな (小学4〜5年/制作時)

■くふうしたところ  みてほしいところ
ペンギンの足 お花

■むずかしかったところ
ペンギンの体をつくるところ

■はっけんしたこと きづいたこと
ペンギンのつめは曲がっていて、すべらないようにするために曲がっていると知った

■この作品についてのおはなし
このペンギンの好きなことは、花をつむことですすきな食べ物は すいかでにがてなことは、およぐことです

 

 

002_6

 

羊毛は、ニードルで刺すと引き締まりフェルト化され、形が整っていきます。
チクチクチクチク・・・・時間をかけて体を作っていきました。

本物のペンギンって ぬいぐるみやイラストのカワイイだけのイメージとはちょっと違います。
まずは、本物のプロポーションをよく観察しよう!

頭は、スチロール球に羊毛を絡めて洗剤と共にこすることでフェルト化。頭と体を合体させて形にしていきました。
時間がとてつもなくかかる作業ですが、制作開始する前に、あきらめないで創ることを確認してのスタートでした。

そして、どんなペンギンにするのか? 大まかなお話も考えてからのスタート。

写真を見ながらペンギンのプロポーションや体つき、くちばしを整えます。足は、粘土で作りました。 
作者のコメントにもありますが、ペンギンの足は予想外にごつかった!その、ごつごつ感や水かきのシワなどを、アミなどを貼り付けることで上手に表現しました。

003_6


ほのぼのとしたペンギンをみていると、なんだか日常の忙しさを忘れて癒やされますね。

ペンギンが完成後は、ペンギンの住む場所を作ります。 花畑に咲く花を一つ一つ図鑑を見ながら再現。
花ニラやコスモス、マーガレットなど・・花びらに使う模様紙を楽しみながら作り、花びらの形も花に合わせて変化させ工夫しました。

 

004_3

 

タマゴの殻で道を作り、花をたくさん咲かせました!

 

005_2

 

大胆に絵の具で塗った何種もの緑色が、生命力あふれる元気な原っぱを表していますね。

 

Jyunna

 

ちいさなてんらんかい(6月末開催)に ちょうど間に合いました! 


それでは、長い時間かかった制作風景を少し。

(制作の様子は、火曜日の造形教室 でも見ることができます)

Dsc_9677
Dsc_9670
Dsc_0579
Img_1756
Img_1991_20190716120301
Dsc_3334_20190716120301
Dsc_7418



😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら



アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室 

 😃体験はお気軽に!  

Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

| コメント (0)

2019年7月11日 (木)

ビーダマゲーム 2019/06/18完成

03_26

 

音符模様が飛び交う画面に、ビーダマが転がる! 
動くビーダマが釘に当たると、カランコロンと心地よい音が奏でられます。
そんな、音 をデザインした ビーダマゲーム。
板に開けた穴は、音符や ヘ音記号になっているのです。

 

02_36

 

おんぷのえのびーだまげーむ    あやな (小学1年)

■くふうしたところ みてほしいところ
あなが おんぷのいちぶ

■むずかしかったところ
くぎうち

■はっけんしたこと きづいたこと
いろをまぜたら、きれいになる

■だれにあそんでほしいですか
かぞくや おねえちゃん

 

04_20190711105202

 

動かしながら、音も楽しめるような そんなゲームになりましたね。
色も鮮やかで、元気で楽しい音楽が聞こえそうです。

板に穴を開けるとき、少し苦労しましたが 制作を通して
だんだんアトリエの雰囲気や、 創る という行為に慣れてきた様子の Aちゃん。

これから、どんな作品がうまれるのか楽しみです!

 

04_17

 

制作の様子は、火曜日の造形教室で見ることができます。

 

😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室

😃体験はお気軽に!  


Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

 

| コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

牛乳パックでつくる家 2019/06/13完成

0001_1

 

怖いはずが、「かわいい」おばけたちが庭にいるお家。
ゆうれいがユラユラ、フランケンシュタインの首にはねじ釘が、バットマンが飛び ゾンビが庭から半身を突き出し・・
ミイラオトコの全身には布がまかれ、一つ目小僧はカワイイ袴をはいています。

 

0003

 

おばけやしき     えいた(年長〜小学1年/制作時)

■くふうしたところ みてほしいところ
ミイラおとこにぬのをまくところ
ゆうれい

■むずかしかったところ
ミイラのぬのをまくところ

■はっけんしたこと きづいたこと
ゾンビの ち

■もし えいたくんが このいえにきたら なにをしますか
ひとりで げーむをする

 

0002

 

アイデアスケッチを描いたときには、年長さんだったEくん。 楽しいおばけがたくさんいるお家の絵を描きました。
 
牛乳パックを紙やすりでこすったり、ダンボールカッターを自分で使って窓の形を切ったりと、初めての作業もたくさんありました。
一年生になった今年の4月頃に、庭やお家に自分で混色して作った色を塗り カラフルなおばけ屋敷に!

そしていよいよ、粘土でおばけたちを作っていきましたが・・ 布を巻いてみたり、ベロをくっつけたり細かい所まで作り込んだことで ちいさなてんらんかいでも みんなの目を引く楽しい作品になりました。 

ゆうれいの表現をどうするか?を考え、Eくんとしては ゆうれいは見えない→ 見えない素材って何? と考えた末にビニールを選択しました。最後に、透明なテグスで吊り下げたところがまた、楽しくなりましたね!


0004

 

ふわふわ動く ゆうれい!  
ゆうれいたちもカワイイし、こんなカラフルなおばけやしきなら全然怖くないかな! 
たとえ ひとりぼっちでゲームをしていたとしても〜笑

 

0005

 

庭の形や色も、ユニークでキレイですね。

 

Eita

 

一つ一つの作業が、Eくん自身の中に積み重なって、また次の制作に活きてくることでしょう!




😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!

詳しくはこちら

 

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室
おとなのための造形教室

★新規ご入会受付中 😃体験はお気軽に!  


Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

 

| コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

一折り中とじノート 2019/5/28完成

O1

 

いろんないろちゃん     せいと(年中)

■くふうしたところ みてほしいところ
ぜんぶ

■このノートになにをかきたいですか
ようかいのえ

 

O2

 

年中さんのSくん、初めての物づくり。 ノートをつくるときも、何ができるんだろう? 何をしているのかな?と、興味深そうに自分で自分に問いかけるかのように手を動かしていました。

できあがったノートにタイトルをつけましたが、作品に名前をつけるという意味がよくわからなかったようで、
でも、作品名には「ちゃん」とつけてあげている、愛情たっぷりの名前となりました!

 

Seito

 

とってもきれいな縞模様、 素敵なノートができあがりました!

 

😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室
おとなのための造形教室

★新規ご入会受付中 😃体験はお気軽に!  


Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

| コメント (0)

一折り中とじノート 2019/6/12完成

Hiyori1

 

にじ色ノート めいろにっき      ひより(3年)

■くふうしたところ みてほしいところ
いろんな色をつかったところ

■むずかしかったところ
色をはりでとおすところ

■はっけんしたこと きづいたこと
まだかわいていないえのぐに えのぐをぬると ぼやける

 

Hiyori2

 

教室の体験にきたとき、ちょっぴり緊張気味だったHちゃん、 でも筆でのびのびと模様を描いているときはとても積極的で楽しそうでした。
紙いっぱいを色で埋めてほしいと告げたのですが、元気で自由な曲線は心の中を写し出しているかのよう。
二枚目の模様は、民族衣装のような連続模様がきれいでした。

 

Hiyori4

 

今年の四月から入ってきたこどもたちは、糸でノートを綴じることにしています。
一折り中綴じノート。 紙をそろえて穴を開け、糸で綴じていきます。
簡単な手仕事ですが、平らな紙がノートに変身していく瞬間を味わうことができます。

 

Hiyori

 

完成してパチリ!

次に作るものは何かな?





😃今年もアプレットプラスでは、夏休みワークショップを開催します!
詳しくはこちら

アプレットプラス http://aplt.jp/
こどもデザイン造形教室
おとなのための造形教室

★新規ご入会受付中 😃体験はお気軽に!  


Sundayおやこワークショップ

twitter
Facebook
instagram

 

| コメント (0)

より以前の記事一覧