« 藍の葉っぱのたたき染め | トップページ | ハロウィン飾り »

絵の具と遊ぶ

Dscf6982s_2Dscf6978s_3Dscf6979s_2

<ストロー絵>
ポトンと、画用紙の上に絵の具を垂らし、そのしずくをストローを使って吹き飛ばし、模様を作っていきます。息が続か なくて疲れてしまったりするけど、一息つきながら、右に行ったり左に行ったり予想外の複雑な形を作っていく絵の具と遊びます。できあがった作品に題名をつ けてみました。思いがけずできた形を見て、またイメージを感じ取る。行ったり来たり、自分の作品と対話しながら形を言葉に置き換えてみること。これもコ ミュニケーションの一つですね。

Dscf6985sDscf6981sDscf6973s_2Dscf6975s_2Dscf6976s_2






<ビー玉ころがし絵>
絵の具に浸したビー玉をトレイの中で転がすことで偶然できてくる模様もまた、ストローで作る形とは違って複雑です。コロコロと、ゆっくりあるいは素早く動 かす。色を変えてまた転がしてみる。ビー玉の軌跡を追っかけているうちに紙の上には混じり合った色と形が、世界で一つだけの模様を作っています。
作るコドモたちによって、それぞれ個性が出るのも面白いですね。
Imgp5956s Imgp5957s Imgp5958s Imgp5960s Imgp5976s Imgp5977s Imgp5979s_2 Imgp5982s Imgp5985s






<大きな紙の上で>
転がして模様をつける・・その行為を大きな紙の上でやってみました。
ビー玉やボールを長い長い紙の上でゆっくりそしてスピードをつけて転がしてみる。受け取ってまた転がし返す。ゲームのように遊んでいるうちに、紙の上にはこんな模様ができました!
スピード感が出ていますね〜。

Imgp5962s Imgp5963s Imgp5965s Imgp5968s Imgp5969s Imgp5970s





|

« 藍の葉っぱのたたき染め | トップページ | ハロウィン飾り »