2022/05/22

朝倉摂展 神奈川県立近代美術館葉山

ゴールデンウィークから早くも2週間が過ぎた。
早く記録しておかないと・・!
記憶が薄れそうです。


ゴールデンウィークのど真ん中に、葉山の神奈川県立美術館で開催中の
生誕100年 朝倉摂展 へ。

3年ぶりの行動制限無しのGW、その上 鎌倉、江ノ島、葉山、
・・と言ったら おそらく道路は大渋滞の予測。
であれば、公共交通機関を使うに限る!と・・電車とバスを乗り継いで小旅行気分で美術館に向かう。

逗子駅から、定期的にバスは運行されていますが、狭い道を結構なスピードで走るのでスリル満点!

 

Acbc2f0903d345348ba2a4b9c03372d1

 

 

朝倉摂・・・舞台美術家としての名前は知っていたものの
作品として観たのは初めて。

実は、私の母は若い頃に新劇女優をしていた。
地方公演に行ってしばらく家を空けていたこともあるのは、私がまだ小学校にも行かない頃。
私が小学校に上がる頃には、舞台に立つことはほとんど無かったようだが、その劇団の稽古場や舞台公演などをよく見に行った。
そのうち、おそらくさまざまな事情があって母はその仕事を辞めてしまったが、そんな家庭環境だったので 朝倉摂の名前が幾度となく会話に出ていておぼろげながら名前だけは知っていたような記憶。しかし、具体的にどんな経歴でどんな作品を作っているなど、まるで知らなかった。

今回、時代を追いながら、日本画、抽象画、社会派の絵画、そして舞台美術や絵本の挿画 等の多くの作品を一同に観て、戦争をはさんだ昭和という激動の時代に、そしてまだまだ女性として仕事を続けることの難しさのある時代に これだけ力強く第一線で創作活動を続けていたことに驚いた。

以前訪れたことのある
谷中の朝倉彫塑館の記憶をリンクさせながら観ると、特別な家庭環境はやはり大きく影響したんだろうなとも思う。

石井桃子さんの本、「三月ひなの月」 の挿画も 朝倉摂だったのか! と・・改めてビックリ。
娘が小さい頃の読み聞かせに、何度も何度も開いた本だ。

作品は時代と共に変化して、舞台美術から絵本の挿画と・・さまざまな面を持つようにも見えるが、一貫して ザクザクとした「強さ」 を感じた。

 

38bf23c5f6734df88cf3857da012be4f
0bd174a6f2af46e3b5725eb5e5990865
F5f1eb65f2144be6831f156f7f8bb3d6
865adaeb21e94bc3bce37b2f7fda988c

 

美術館のあとは、
すぐそばの海岸を少しだけ散策。

思いの外、強い海風に飛ばされそうな足元・・

砂浜の模様に引き込まれつつ。


いよいよ、夕方が近づいてきたのでバスに乗り 帰路につく。

終点逗子駅で、何かおみやげになるモノはないかと巡っていたら、ふと見つけた古本屋が
なかなかの蔵書数で面白かった。 ととら堂 

数冊の本を抱えて帰る。

Ed0232c619524b1b9981d1c2befba154
577bf58bb0c746489ddf6df485038803


生誕100年 朝倉摂展 は 6/12まで!


(m)

 

2022/05/09

鏑木清方展 国立近代美術館

昨日終了した展覧会、
国立近代美術館で開催されていた 鏑木清方展


Bb2b1b0368ac4da7ae529bba45eee0d0



3月から2カ月近い開催期間にも関わらず、終了間際の5月1日 日曜日に突然行こうとなったのは、
その日の朝に放映されていた 日曜美術館を見ていて・・

思わず、美人画に惚れ込んだせいかも? ・・といいうのは大袈裟にしろ、あながち嘘とも言えない。

画面アップになった、「築地明石町」
ほんのりと色の差してある唇、切長な目尻、透き通るような肌に僅かに赤みが差し、
上目遣いで振り返るその表情に吸い寄せられた。

解説を聞いているうちに、これは・・・ 実物を観るべきか? ・・・会期はあと一週間!
特に予定のない雨の日曜日、これは・・・・ 行くしかないでしょう!!

というわけで、家族三人、時間に余裕を持って15時の回に予約をして出かけたわけです。

あいにく午後から雨の予報。
ちょうど出かける頃に降り出した雨は、次第に雨脚を強めていく。

最寄りの鷺宮駅に着いたらなんと!人身事故で西武新宿上り線が全面ストップしているじゃありませんか。
え〜〜! どうしよう、阿佐ヶ谷までバスに乗るか? 予約時間を遅くするか? 色々と選択肢は考えつくものの、バス停には振替輸送の人たちがずらっと並んでるし、美術館に連絡もつかないし、こうなったら前に進むしかないと、とにかく歩いた歩いた〜・・っと、土砂降りのなか阿佐ヶ谷駅まで💦


だいぶエネルギーを使い果たした感はあったのですが、
無事予約時間内に美術館に到着して、さてと。

・・・いや、そうまでして来てよかったと。
観るべき価値はあったと!


選び抜かれた線
抑えられても艶やかさを感じる色合わせ
緻密な紋様
画面上、必要なものと不必要なものと、的確に練り上げられた構成。

明治期の季節感ある暮らし
穏やかにゆったりと流れる日常、
どこかへ忘れ去られてきた貴重なもの・・
現代の日本に失われてしまった大切なもの。

日本の豊かさとは、こういうところだったんだろうと、ハッとさせられた。

表情、しぐさ から、その人の人生までも想像させる 奥深く巧みな表現、
サラサラと一気に描き上げる(ように見える)小さなスケッチ(スケッチというのだろうか?)の数々、
着物に描かれた平面的な紋様表現の繰り返しが、実は立体的に見せる手法でもあるのかも?と、その超絶技巧(と言ってもいいと思う)を
どれもこれも食い入るように見つめてしまった。

日本画をここまでまとめてみたのは、初めてだったかもしれない。

大きな作品は大きく実物大で、
小さく繊細な表現は 画布の凹凸まで見届けるようにひっそりと・・
色も線も筆致もすべて、印刷物ではなく実物を観ないとダメだと
また、思わせてくれた展覧会でした。


やはり、展覧会は食わず嫌いをしては いけません。
良い出会いでした。

E623b1c6038d4a63a2952f7cc3544652_1_201_a



(m)

2022/05/08

上野リチ展 三菱一号館美術館

会期終了まであとわずか!
実際に観に行ったのは一ヶ月以上も前の3月終盤だったのですが、レポート書くのが遅くなりました。

上野リチ展

A4f8016f6c2b4223b61f19fc31924715




イラストやデザイン、雑貨など、 カワイイものが大好きな人には、絶対おすすめ。
テキスタイルパターンの原画やデザインの数々が一堂に会したこの機会を逃すわけにはいかない。

来場者の9割は女性!
それは、いくつになっても「カワイイ」が大好きな人たち。あるいは、きっとデザインやイラストなどの表現する仕事をしている人たち。

自然の風景や植物を切り取ってパターン化。
日本人の切り取り方とはまた違った目線とセンスが、時代を超えても新鮮に映る。

手描き線の抑揚、センスといい色合いといい、心の中でウキウキするような刺激が飛び交う。
その時代のファッションやデザイン芸術運動などをイメージしながら、でも普遍的なかわいさ美しさを見る。

美術館内も外も重厚感のある造りになっているけれど、通路から見下ろす中庭の風景もいい感じ!

本当ならもっとじっくりと美術館界隈の散策をしたいところだったが、次の予定も決まっていたために早々に帰路に着いたのですが、
また機会があったらじっくりゆっくり眺めたいところがいっぱいありそう。

3c7dfb1088894273b858f75228fa976e
B424bbd58e504114bf9d010284c9dbbc



私は、うまれも育ちも東京ですが、実は東京駅周辺はあまりよく知らない。

新宿や渋谷とは全く違う整然とした大人な高層ビルや、歴史ある建築が眩しくうつり
東京の懐の深さを感じた。


興味ある人は、急いで!
2022年5月15日まで


(m)

 

2022/03/21

ミロ展 Bunkamura ザ・ミュージアム

 

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の ミロ展に 先週行ってきました。

C0df22cad07a44f0a3d1e253466ce9dc


学生時代にヨーロッパ美術の旅という、美大生向けのツアーに参加した時、スペインバルセロナでのフリータイムに
ピカソ美術館よりミロ美術館を選んだ私。
感情の赴くままに描かれる(と感じる)あの抽象画を、とにかく観てみたかった。
ゆがみのある円形に、理由無く惹かれていた。


今回、
その当時ほどの感動がなかったのは、作品量のせいなのか、日本との関係性という切り口からなのか、私がただ年齢と共に嗜好も変わったからなのか?

それはまだわからないけれど、でも
墨絵の記号化だったり
文字と絵画の融合だったり、感情や五感をあらわそうとする線画などは、やはり興味深い。
 

 

Edd2882244544111a3086c2b2a7a2ef4
963bdd599a2947748090476390521380
Ba254a3e0bf142b588a46fc93997fbba
Img_1758

 

平日は撮影可能な数点をこちらには載せましたが、
私は どちらかというと 
文字と共に描かれた絵や、シンプルな記号のような軽いタッチの挿絵が好みでした。

私が元々もっていたミロに対してのイメージ、スペインの光を感じながら、あっけらかんと明るくてユーモラスな線や色のイメージ、に対して、今回の展示は、日本との接点を観るというテーマからか、抱いていたイメージとは逆の シンプルでも重みのあるずっしりとした絵が多かったように感じられた。
そんな中で、印象に残ったのは、 スペインの内戦に反対するポスター。
赤青黄のブリリアントカラーで力強く拳を突き上げる人物が中央にレイアウトされた作品で、
今、ウクライナで起こっている惨劇と相まって・・ 複雑な思いで観たのでした。


今回の展示とは、関係ないけれど、
我が家にあった、ポール・エリュアールの詩とミロの木版画による詩画集を、改めて眺めてみる。

Img_1799-2

 

 

木版画というよりも、版木の上で自由に描いた絵をそのままスタンプしたのかと思えるようなおおらかな表現。
観る人の想像力をかき立てる、子どもが描くような絵。

 

Img_1800-2

 

Img_1801-2

 

 

そう、この「丸」  赤い、不定型な丸。
理由は自分でもわからないけれど、私は この丸が好き。



★Bunkamura ザ・ミュージアム での ミロ展は 2022/4/17まで

出口で、「強い子のミロ」 を配っていて、得した気分でした〜!

 (m)

2021/08/31

北斎づくし 六本木 東京ミッドタウンホール

1つ前の記事で
国立新美術館で開催中の ファッションインジャパン について書きましたが、
午前中はそのファッションインジャパンを(10時半〜気がつけばなんと3時間経っていて、13時半まで!)
そのあと、ミッドタウン方向に移動、ミッドタウン内でお弁当を買って 
21_21近くの公園ベンチにて軽くお弁当を食べ(コロナ禍では、食べる場所も気をつけないと〜・・・って、ホント厄介ですが💧 その日は、少しだけ気温が低かったのも幸いし、木陰はベストポジション!のんびりランチタイムを過ごすことができました〜😃)

そして、午後は いざ・・ミッドタウンホールへ。
事前予約をしていなかったので入れるかどうかは分からなかったのですが
大丈夫! 当日券・・ありました!

一応、Twitterなどを見て、当日券がありそうかどうか事前にチェックしておいたのですが
とりあえず時間のロスがなく、スムーズに入場できました!

ファッションインジャパンのあと、北斎づくしを観る元気があるかどうか? 行ってみないと分からなかったし、時間に束縛されるのも大変だし・・。事前予約 っていうのも、なかなか難しいところがありますよね〜。

92301334571d45dbb05734277aad8254
6175918a9be34046bff8b929206ee196


さて、会場に入るといきなりの大きな空間に・・・ これでもか! というほどの
まさに 北斎づくし。
上からは、拡大した北斎漫画がひらひらと・・ そして、食い入るように観てくださいと言わんばかりの展示方法。
一巻から順番に・・全てを観ることができるのです。

0866c515b6514b18a8f1e0c869fd767d

写真撮影も可能なのですが、ライティングにより反射してしまうところも多く、お気に入りを必ず撮影できるとも限りません。
それでも、版画の柔らかいタッチを直にじっくりすべて観られるのは、本当に貴重な機会。
図録になってしまうと、どうしてもハイコントラストになり、クッキリハッキリした印刷になってしまい
実物の柔らかいラインを感じることはできません。もちろん刷られた紙質も影響しているのでしょう。

細かく生き生きとした線。表情。
これが木版画だとは・・・驚異的です!


Img_9775






Img_9781



Img_9790

江戸時代の暮らしや庶民の使っていた道具類、建物を観ながら想像する。

Img_9787

Img_9776
Img_9772


Img_9801


Img_9799
Img_9800

 

何ともユーモアあふれる表情や場面
描いて描いて描きまくっているうちに、想像上の生き物や物語にまで発展していくのか?!

Img_9806
Img_9805
Img_9804
Img_9803
Img_9799
Img_9795
Img_9788

Img_9783
Img_9782

Img_9780
Img_9774

写真の無い時代に、これだけの動きを一瞬で捕らえることのできる目。
北斎には、見た映像を常に脳内に記憶させてストックしておける能力があったのかもしれない・・

観ていくうちに、あまりの画力にひっくり返りそうになる。

いや〜、すごい!
そしておもしろい!

 

富嶽三十六景は撮影不可。

その構図、構成、色彩・・・ 風景を切り取り、富士山を入れながら美しく再構成して生き生きと描くそのセンスたるや・・。ため息もの。
天才的なイラストレーターである上に、グラフィックデザイナーでもあるのですね、北斎は。
会場が円形になっていたので、ぐるりと切れ目無く一気見できることで、三十六景全て見終わったときに、
初めて観たのも加わり感動ひとしお。 

 

その後、富嶽百景 なども見倒して、
お腹いっぱい。

Img_9830
Img_9829
Img_9827
Img_9824

帰りに、今回の 北斎づくし の図録を・・と思ったのですが
新聞大のユニークな装幀に、ちょっと尻込みして買わず。

他の図録も、やはり現物との違いが大きく、手が出ない。

やっぱり、本物に限る。 本物の記憶をただ思い返すためだけに図録はあるんだよなあ・・・と、改めて思ったりして。


北斎づくし 六本木ミッドタウンホールにて 9/17まで。
かなりおすすめなので、ぜひ実物を見倒してください!


(m)

 

2021/08/29

ファッションインジャパン 国立新美術館

2021年・・・8月がもうすぐ終わります。
コロナ禍2年目の夏。
湿度と気温の急上昇に、体力を奪われる夏。
気候変動と、オリンピックとコロナ禍に翻弄され、なかなか思うように行動できなかった夏。

しかし、すぐにコロナ以前の日常が戻ってくるわけでもなく、むしろ今後は常にウィルスとの闘いを余儀なくされ、
快適で穏やかな季節はほとんど無いと思った方がいいと・・・しみじみ感じます。

そんな厳しい状況でも、こんな時代だからこそ やっておくべきこともある。
何が大切なのかを考えつつ、欲張らず そこそこの満足で、臨機応変に柔軟に生きていきたいな と思うのです。


さて、
そんな8月に観に行った 六本木 国立新美術館での展覧会。
「ファッションインジャパン 1945−2020 流行と社会」

ずいぶん前から、チラシの存在は知っていたものの、チラ見しただけではあまり心を動かされず、行く予定にも入れていなかったのですが・・
突然 我が家の娘たちに誘われて、最初は腰が重かったものの、チャンスがあるなら よし行ってみよう! とチケット予約は娘に任せ、出かけてみました。


208a79c8bcf14d0b923b95b75468ec8f

 


ファッションインジャパンとあるように、
日本のファッション史・ファッション文化について、時代を追いながら、まるで教科書のように教えてくれる展覧会。


そして、名だたるデザイナーの服もたくさん展示されている。
服の展示の合間には、ファッション誌の創刊号、デザイン画、ファッションにまつわるグラフィック、ショー関連のチケットやおまけ、ショーの映像 等々・・・・あれもこれもと じっくり観ていたら、あっという間の三時間!

ものすごい展示数。

そうそう、この時代!!・・・あの頃は、あんなことが流行ったな、なつかし〜〜〜〜!
と唸ること間違いなし😆

自分が幼い頃に流行ったファッションを観て、母を思い出し
学生だった頃のファッションを観ては、学校や友人を思い出し、その後は社会人になっていろいろと仕事のためにリサーチしたことを思いだし・・
展示してある雑誌の表紙やブランドを見ては、あったあった!これ〜! なんて・・郷愁に浸り。

長沢節のデザイン画、直に観たのは初めてだったので、うわ〜!と感激し
原田治が描いたという表参道から原宿あたりのイラストマップ直筆に驚き
ファッション文化がモリモリ盛り上がっていったバブル期に思いを馳せ、その頃はグラフィックも広告もイラストレーションも店も通りも、とにかく羽振りが良くて、そのお金のかけ方・仕事の仕方、盛り上がり方がハンパないな、と思ったりして。

そのうち、2000年代になると、デザイナーの個性的な仕事というより ブランドがいかにファッションを提案するか・・に変化して行き
細分化されていく。
現在に近づくにつれ、震災やコロナなど、抗えない大きなものにファッションも揺り動かされていく・・・・

この先、ファッションとはどんな意味をもつモノになっていくのだろうか?と、しばし考えさせられる。

未来へ・・とある第八章のコーナーだけは、写真撮影可 ↓

2ad5b345baba4b65855ab9801e6cc398
251ab51d349f40ac87657f7358f87587
E86c3b3eaaa44c27b874f52f08b20443
03f3e35ec59f43cabbb3c01fcd18cbd8

サスティナブル、リサイクル、新素材、自然に返る素材。
服に関する考え方も、時代と共に変わっていく。
これからは、「人間は地球と共に生きている」ことを強く意識しながら、身にまとうものについて考えて行くべきだろう。

そして、最後に スペシャルドキュメンタリー「現代ファッションの証言」と題して、デザイナーやスタイリスト、雑誌編集者、カメラマンなど、日本のファッション界を支えてきた人たちのインタビュー映像。これも、じっくり観てみたいところだけれど、なんと一時間近くの上映とのこと。
さすがに時間切れということで、後からネットで観ることにして(会期中は観られるそう) 会場を後にした。

撮影不可のところが多いので、実際に足を運んで実物を観てみることをおすすめします。
会期は9/6まで。



(m)

2021/08/18

隈研吾展 国立近代美術館

Img_9571

 

2020年に開催予定だった東京五輪は、コロナのために一年延期に。
そして、ついこの前、閉会式があったばかりだ。
開会式も閉会式も、コロナ禍のごたごたで、仕方ないかもしれないけれど期待はずれの演出だった・・
なんか、ごちゃごちゃで統一感がなくて、あれもこれもやりたいけど、えっと・・何が言いたいの? っていう感じ。

復興五輪って? とか、 コンパクトでお金を使わない五輪? だったんじゃ? とか・・いろいろあるけど
とりあえず・・とりあえずオリンピックは終わった!

コロナとの闘いは、予想以上に長期戦。昨夏、おそるおそる出かけていた頃が懐かしい・・その頃より、よほど感染者数が増えている。

五輪のあと、どんなことになってしまうのかと思えば、案の定。
お盆も挟んで、全国の感染者数が増え続けている・・・ あ〜〜〜
これでは、また・・・今年のクリスマスもお正月も・・ みんなで集まってワイワイできないのか〜〜💧
と、ため息混じりの夏休み。
そう、夏休みだって、どこも行く予定がない のである。
県境もまたがない、密を避けて となれば 美術館!

国立競技場の設計者でもある 隈研吾氏の展覧会が 竹橋の 国立近代美術館で開催中。
オリンピックが終了した今、よし、行ってみよう。

激しい酷暑のあと 大雨が続いてようやく止むかな?というお盆休み明けの日。
一年ぶりで近代美術館へ。
混むかな? とやや心配しましたが、予約無しでも入れました!

Img_9477
Img_9480
Img_9483

 


粒子
やわらかい
斜め
時間

という5つのワードで区切られた空間に、建築模型を中心とした 隈氏の仕事が並ぶ。
映像インスタレーションでも紹介されている。

建築は、設計士のもつ哲学によって、大きく変わる。
建築素材、人と建築物との関係、時間や環境、建物が建つ前と後・・

どういう切り口で建物を考えるのか・・

当たり前だけれど、環境や天候、災害にも配慮しつつ、きちんと問題無く「建つ」こと、
時間を大きく捉えて、何十年後何百年後のことまで考えること・・


「そうだよな〜
テキトーじゃダメなんだよ!」

・・・・・平面的な作品・利己的な作品 とは、まっっっったく違うシビアさが 必ずつきまとうのです!

と。

改めて痛感。




Img_9484
Img_9488
Img_9499
Img_9492
Img_9501
Img_9497

 

たくさんの模型。
スケールと、実物と、 完成した様子を実物大にして想像しながら作れるんだろうか?
いや、住宅一軒を考えるのも、なかなか想像が付かないものだけれど。


展示台に、布がグルグル巻いてあるものが使われている。
廃材を使ったリノベーションをテーマにした模型の展示に敷かれていたもの・・この、廃材・・何だろう?瓶の口?

見て回るうちに
視点が全く違ってきた・・


来ている人たちの年齢層は若い。
学生が多いかな?


ネコの視点で建築を考える展示は
何か新しいもの、これからの未来を考えるときに、視点を変えるコトは大切だと改めて知らせてくれる。
このデータから、次のステップに入るのかな。
そのステップに入るかはいらないか・・データからどう次の創作に結びつけていくのか・・ ?
興味深いです。

たくさんの模型展示、インタビュー映像、映像インスタレーションも多いので、しっかりと全てを見たい場合は
時間の余裕をもって鑑賞することをお勧めします。



そして、せっかく来たのだから
近代美術館の上階で、常設展を観ましょう。

明治からの日本の美術をざっと鑑賞することができます。

時々、その中で企画展をやっています。

今回は、「鉄とたたかう 鉄とあそぶ デイヴィッド・スミス《サークルⅣ》を中心に」(コレクションによる小企画)
その中では、私は カルダー が好き。

Img_9502
Img_9505

 

近代美術館を後にして
昨年同様、皇居の周りをぐるっとお散歩。

比較的気温が低く、コロナ禍で 密を避けたお出かけにはピッタリ?!
マラソンランナーとはすれ違うものの、ほとんど人が歩いていません!(平日夕方、お盆明けすぐだったからかな?)

Img_9506
Img_9517

 

 

遠くに東京駅が見える! はとバスツアーも・・今はお休み中かな?
生まれも育ちも東京ですが、皇居 坂下門前、この場所は生まれて初めてかも。

 

Img_9524
Img_9530

 

東京にも、こんなに広い空があったのか!!
まっすぐ延びる道。
だ〜れもいない!

 

Img_9539

 

帝劇前、お濠に映り込むビル。

そのまま、歩いて歩いて銀座まで。


Img_9541


Img_9547



Img_9551

7b3fd85d13b5403b86d6f1a64e12b363

ソニービル跡 ソニーパークでは、sony park展開催中。
映画の名台詞が、白い短冊布の間に点在する。
QRコードでどの映画の台詞かをリンクできる仕組み。

その展示よりも
会場のコンクリートむき出しの柱の方が気になった。
切り取れば、一枚の絵のようです。



(m)

 

2021/08/08

備忘録 2021年1月〜2021年7月 石岡瑛子展  ミティラー美術館コレクション展  イサム・ノグチ 発見の道

コロナ禍が続く夏。
まさか、今年もこんな夏になるとは!

この夏休みも、展覧会には行く予定・・だけど、
最近の感染状況と オリンピックをテレビ観戦していて、引きこもり状態。



実は、今年の冬からいくつか展覧会を観ていたのに
またまた、ちゃんと記録していませんでした。
備忘録として保管しておこうと思います。


(早く予約無しでも ふっと時間ができたときに観に行けるようになるといいなあ!)



●2021年1月31日

東京都現代美術館 石岡瑛子展

作品量がすごい!

グラフィックデザインの仕事
デザインの校正紙
映像
衣装デザインのスケッチ
衣装

しっかり観て三時間

最後の
えこの一代記で
ため息

50年代の高校生で
このセンス!

観て良かった! と思える展覧会だった


D59ece7b1df242f197b73d2b0e24205e






●2021年2月21日
たばこと塩の博物館  ミティラー美術館コレクション展

インドのミティラー画
ワルリー画

ワルリー画のモチーフが素朴で可愛らしい


Img_7925

 

Fc7f6f7becc74d83915ce0b518611ee6
A92c9c2640f0450797e3c94b79c187d4
25c860ff06d94e4f8accf5bdc8eee13d
73e0fa252c5c4efc841950d131fa37f8
Bd7c730a8b7344e3a4594f1f926562cc
B8e72934f32e416f8fe63adc328872dd
A3981e4a343e4abe8cc6ab03d625b932



●2021年7月11日
東京都美術館  イサム・ノグチ 発見の道

抽象的な形から
タイトルを想像する

タイトルから形をまた見る

グルリと鑑賞できる会場構成

ジュニアガイドもよくできていて
おとなにも配ってほしかった

こどもたちもぜひ


ただし・・
サウンドツアーのヘッドホンをつけている方、どうぞボリュームは下げてくださいね
館内での、音漏れがとても気になりました
静かに作品と対峙したい人もいるはず・・

3359b507f74f4fb4b187c3b79963c69a
72a6e4a30cbf421f9961614d7713774d
3314f4cf43a340e0b4c78ee6a8a68513
436c08ac41fe40809022647918558dfb
7a67351b7e3f4a0b8c77963cc6049b4a
174c7353b07748dcb989d2eeebacb2f1
2a537f22612f479abafb1bb2f50a437c
Cf2126aad97543bd8ff7e0a91b373aa7
Bfaa0c5a39c64e018ba3aade520e0bd4
921b13e93ca0476684715411b55108b2
3a5cd0ac0ee4489a8481d5fcc0258e64
1aa0fa0d106c4d44a5781f6cfa290c67
F480700227ed4d45bf73dc2913fe51d7
Ff1b2c51c1304544bb311ae018f6f2e9
A207703cc872478a97e6e538536c01ba

★イサムノグチ展は、2021/8/29まで!

(m)

 

2020/08/23

オラファー・エリアソン ときに川は橋となる  東京都現代美術館

今年の梅雨は長かった・・雨、雨、雨。 と思ったら、
今度は酷暑。

暑い
暑い
暑い〜〜〜〜💦


というわけで、普段事務作業をしたり ブログを書いたりしているデスクがある部屋の気温が高すぎて
気軽にPCを触ることができない。
じゃあ、エアコンをつけて涼しくすればいい? なんて・・どの部屋にもエアコンをつけまくって、どこへ行っても涼しい だなんて、
なんか、罪深くてできない・・
貧乏性なの?
いや、これ以上 外気温をますます暑くしたくないという気持ちも働く。

というわけで、結局活動範囲は狭まり普段通りの仕事が進まない。


本日、やっと気温が30℃を切る位に下がった。
こんなに過ごしやすいのか! と・・・思わずビックリ。

エアコンを切って、扇風機やサーキュレーターで対処できる暑さ。

ガマン比べをしているわけでは無いけど、寝ているときにもずっとエアコン漬けの睡眠は、実は疲れる。
自然の風がいい。 やっと少しだけぐっすり眠れたような気がした。



地球上に暮らす人々が少しずつ、近年の気候変動に危機感を募らせ始めた。
そんな折の、この展覧会。
行かない理由は無いだろう。

アートを通して、持続可能な世界をさぐる オラファー・エリアソンの展覧会


Img_6623

 

 

そもそも、NHK Eテレの 日曜美術館で いつだったか、緊急事態宣言が出る前に この展覧会について放映されていたのを見た。
行ってみたいと思いつつ、コロナの感染拡大がひろがり、外出もままならない状況になった。
その後、緊急事態宣言が解除され、この展覧会も会期が延長され、そして8/16(日)に再びその放送を見た。 



 

Img_6626-1
Img_6624-1

 

 

放送を見てから行って良かった。 これは、ただきれいだ、 と鑑賞するだけの展示ではなく、観る人に問題提起をしている展示なのだから。
どういう方法で表現しているかが、問題。

溶けかかった氷河。とけていく氷と顔料が混ざってできる絵画。
氷河がとけていく現実。

 

Img_6629-1

 

 

二酸化炭素を多く出す飛行機を使わずに、鉄道を使って作品を運んだ軌跡。
その軌跡を形にして、観る人に提示する。

 

Img_6636-1

キラキラと輝く光。
不定型な多面体がゆっくりとゆれる。
そこから壁や床に多数の形が反射されて、誰が観ても一瞬息を呑むほど美しいと感じるだろう。

その光の大元は?

自然光をソーラーパネルに取り込んで、表現している。(それに気づいている人が、観ている人の中に何人いたのかは不明・・・)

 

 

Img_6665-1
Img_6669
Img_6670

 

 

サスティナブルな素材を研究しているプロジェクト

営利目的ではなく、持続可能な社会をアートを通して目指すプロジェクトに 科学者や建築家など100名を越えるスタッフがいること、一歩も二歩も先の未来を見据えて、大きなプロジェクトが動くこと自体に「豊かさ」を感じる。

 

Img_6671

 

 

取り扱いがカンタンで持続可能な太陽発電式LEDライト リトル・サン

地球上の誰もが恩恵を受ける太陽光。それを使って発電するシステム。

形がカワイイ。
この形にすることで、オトナからコドモまで エネルギーというものに興味を持つような気がする。

 

Img_6676

 

 

自然素材、野菜や植物を使った色素。

 

Img_6683

 

 

特に光を使った展示が印象的。 素直に、美しく、いつまででも観ていられる。

大きなガラスのリングによって分光した光。

色は光りなんだ。
と。 

光があれば、色を観ることができる。と、改めて気づかせてくれる。

 

Img_6685

 

 

動き続ける光。
色が入れ替わる、光を透過して色が変わる。

ずっとずっと変化し続ける。

このほかにも、
展覧会のタイトルになっている ときに川は橋となる は、とても写真にはおさまらない暗幕の中で 水の揺らぎを天井近くのスクリーンに写し出すシステム。 ああ、プールで泳いでいるときに、水の中に潜って水面を見上げると、太陽の光がキラキラと揺らいでいるあの、美しい波のキラキラを思い出させる・・・


ビューティー は、ミストが天井から降り注ぐ中をくぐり抜けると、くぐる瞬間に虹が見える。虹を体験することができる。

でも、観ているときちょうど、天井を向いて口を開けながら何度も行ったり来たりする幼い子がいたので、「遊び」のような空間になっていたけれど。




 

Img_6707

 

 

展示会場 最後の方には、エリアソンの書籍を展示しているコーナーや、記録写真の展示など・・・
興味深く観た。

自然の中にあって、ふだん気づかない物を、ミラーを通して道行く人に気づかせたり
建築物に自然をあえてとりこむことで、自然の持つ美しさに改めて気づかせたり。
フィヨルドハウスについての映像も、その一つ。 会場の外にあったからか、ほとんどの人が観ていなかったけれど。


コロナ禍のお盆明け 8/18ということもあり、展覧会場が空いてるかどうか? 微妙な状況だったが
もう少し人が少なければ・・・
光との対話をしながら、本質を感じられたのかもしれない・・・かな。

やっぱり、人は
キラキラ大好きですから〜、 ただ きれい〜 かわいい〜 だけで見終わってないかな?

映え〜〜〜 って、想いながら写真撮影している人が多かったような気がしたのは偏見かな。


でも、問題提起を 美しさに替える、そこから気づかせる という手法には
私自身も含めて みんな、まんまと はまっているのかもしれない。

 

Img_6695

 

 

外に置いてあったソーラーパネル。 これがなんだったのか、
気づいていた人はいたのかな・・?


 

Img_6718

 

 

東京都現代美術館では、

三つの企画展が開催されていたが、一気に全部観た。最後にざっと常設展示も。 つまり午前中から夕方までずっと、美術館で過ごす。
途中、館内のカフェで軽くランチを。
(コロナが気になるから、外のパラソル付きテーブルで。
換気バッチリ、クーラーで身体も冷えきっていたから、外の暑さがほどよく中和させてくれた)

 

Img_6723
Img_6722

 

 

常設展示は、リニューアル後初だったので今度また、ゆっくり鑑賞したい内容だった。
オノサト トシノブの油彩は、もう少しゆっくり観たかったかな。 




(m)

 

2020/08/22

ピーター・ドイグ展  国立近代美術館

 

8月に入ってからと言うもの、東京は毎日35℃を越える猛暑日が続いています。

コロナ禍で、東京に住む人は、夏休みでも他県への移動は自粛。
イベント関係も中止のものが多く、例年のような夏休みとはいきません。
どこへ行くにも、マスクをしながら感染対策に気を付け、外出先で食事をするのもどうしようか迷うことも・・

こうなったら、今年は遠出ができない分、美術館にたくさん足を運ぶことにしよう。
館内は作品保護のこともあり、どこもヒエヒエなので、暑さ対策としてもおすすめです。

8月13日に、国立近代美術館で開催中の ピーター・ドイグ展へ出かけました。


Img_6475

 

 

久しぶりの近代美術館。予約不要で入館。
ひとりで訪れている若い女性が多かったように思う。

外は酷暑だったが、館内はここまで冷やすか? という・・寒さ。一枚羽織るモノを持参するといい。

 

Img_6476

 

 


予備知識もなく訪れた展覧会。

横に長い風景、水場に映り込んだ鏡面の構図作品が何点も。
時間や季節が、不思議に入り交じる。


Img_6480

 

 

白や蛍光色、厚く塗り重ねた油絵の具の奥から見え隠れする色。

 

Img_6484

 

 

彩度や明度のコントラストにより、観る人の焦点を合わさせる技。

 

Img_6488

 

 

時間は夜、でもカラフルなモザイク柄の塀には昼間の光が当たっているかのような鮮やかさ。
エメラルドグリーンの空と前景は、劇場のようでもあり幻想的なもやがかかっているようにも見える。
遠景は遠くに行けば淡くぼやけていくのかと思いきや、右に鋭くカーブする塀の上端は鋭くシャープな曲線を描いている・・
入口に立つ時間と場所に似合わぬ二人の人間・・いったいここはどこなのか?

 

知らず知らずのうちに、絵の中に入り込み、場面を想像し、ピーター・ドイグの世界に引き込まれていた不思議。

 

Img_6491

 

 

とにかく大きな絵。 長辺3メートル近くある画面は、写真では伝わらない。
蛍光色に近い鮮やかな色も実際にみないとわからない。

やはり、美術館に行って 実物を見ることでしか わからない。

 

Img_6497
Img_6498

 

左右に立つ木、その間に見える影。
その影を次の作品では人物に見立てたそう。

確かに、影が別の何かに見えるときがある。

描く風景の中に、別のカタチが見えて来ないか?
風景の中にまた風景がひそんでいないか・・と、何重にも重なるストーリーを探すことって・・・確かに時々自分も考えることがある。

 

展覧会場の最後に、トリニダード・トバゴでドイグ自身が立ち上げたという「スタジオフィルムクラブ」
その手描きポスターが何点も展示されていた。

Img_6502
Img_6505
Img_6509

 

 

鮮やかな色が、ポップなヘタウマイラスト的ポスターの魅力を引き立てているよう。
何点も展示されている中から、特に色鮮やかなモノに惹かれた。

何の予備知識もなく訪れた展覧会だったが、見応えのある作品ばかりだった。 
好き嫌いせず、とにかく足を運んで空間ごと実物を観てみることで、また新しい作家を知り新しい発見をする楽しさ。

ドイグ展のあと、常設展示もざっと見て、寒さに震えながら美術館を出ると
外はやっぱり猛暑だった。

こんなに気温差があるって・・・ ほんとに地球に優しいことなんだろうか?
美術作品を守るには必要なことなのか?


Img_6471

 

 

ドイグ的構図・・・遠くに白鷺が。 水面に映るビル、よどんだ熱気と水面を覆い尽くす水草。
酷暑に時が止まったように、むせかえる空気。

 

Img_6536

 

 

そうか、ここは皇居の近くだった・・・
ここにも、ドイグ風構図を見た。

東京に生まれ育ったけれど、皇居の門をくぐったことがなかった。
せっかくなので、暑さに負けそうだったけれど 平川門から大手門ルートに初潜入。

この季節、花も咲かなければ 葉も色づかない。
ただ、暑いだけ・・・
ということで、通る人はほとんどいない。

 

F72be8ba53ae41479af981560d22ce0b

 

 

石垣が気になる。
その形、区切り。 植物とのコントラスト。

 

Img_6579

 

大手町に抜けると、無機質なオフィスビルが建ち並び、そのコントラストがまた気になった・・・



夏休みに、遠出は出来なくても
東京散歩は どこへ行っても新しい発見があって充分に楽しい!

暑ささえ克服できれば。


(m)

«あるがままのアート/ 芸大美術館  バウハウス展 / 東京ステーションギャラリー