« 備忘録 2021年1月〜2021年7月 石岡瑛子展  ミティラー美術館コレクション展  イサム・ノグチ 発見の道 | トップページ | ファッションインジャパン 国立新美術館 »

2021/08/18

隈研吾展 国立近代美術館

Img_9571

 

2020年に開催予定だった東京五輪は、コロナのために一年延期に。
そして、ついこの前、閉会式があったばかりだ。
開会式も閉会式も、コロナ禍のごたごたで、仕方ないかもしれないけれど期待はずれの演出だった・・
なんか、ごちゃごちゃで統一感がなくて、あれもこれもやりたいけど、えっと・・何が言いたいの? っていう感じ。

復興五輪って? とか、 コンパクトでお金を使わない五輪? だったんじゃ? とか・・いろいろあるけど
とりあえず・・とりあえずオリンピックは終わった!

コロナとの闘いは、予想以上に長期戦。昨夏、おそるおそる出かけていた頃が懐かしい・・その頃より、よほど感染者数が増えている。

五輪のあと、どんなことになってしまうのかと思えば、案の定。
お盆も挟んで、全国の感染者数が増え続けている・・・ あ〜〜〜
これでは、また・・・今年のクリスマスもお正月も・・ みんなで集まってワイワイできないのか〜〜💧
と、ため息混じりの夏休み。
そう、夏休みだって、どこも行く予定がない のである。
県境もまたがない、密を避けて となれば 美術館!

国立競技場の設計者でもある 隈研吾氏の展覧会が 竹橋の 国立近代美術館で開催中。
オリンピックが終了した今、よし、行ってみよう。

激しい酷暑のあと 大雨が続いてようやく止むかな?というお盆休み明けの日。
一年ぶりで近代美術館へ。
混むかな? とやや心配しましたが、予約無しでも入れました!

Img_9477
Img_9480
Img_9483

 


粒子
やわらかい
斜め
時間

という5つのワードで区切られた空間に、建築模型を中心とした 隈氏の仕事が並ぶ。
映像インスタレーションでも紹介されている。

建築は、設計士のもつ哲学によって、大きく変わる。
建築素材、人と建築物との関係、時間や環境、建物が建つ前と後・・

どういう切り口で建物を考えるのか・・

当たり前だけれど、環境や天候、災害にも配慮しつつ、きちんと問題無く「建つ」こと、
時間を大きく捉えて、何十年後何百年後のことまで考えること・・


「そうだよな〜
テキトーじゃダメなんだよ!」

・・・・・平面的な作品・利己的な作品 とは、まっっっったく違うシビアさが 必ずつきまとうのです!

と。

改めて痛感。




Img_9484
Img_9488
Img_9499
Img_9492
Img_9501
Img_9497

 

たくさんの模型。
スケールと、実物と、 完成した様子を実物大にして想像しながら作れるんだろうか?
いや、住宅一軒を考えるのも、なかなか想像が付かないものだけれど。


展示台に、布がグルグル巻いてあるものが使われている。
廃材を使ったリノベーションをテーマにした模型の展示に敷かれていたもの・・この、廃材・・何だろう?瓶の口?

見て回るうちに
視点が全く違ってきた・・


来ている人たちの年齢層は若い。
学生が多いかな?


ネコの視点で建築を考える展示は
何か新しいもの、これからの未来を考えるときに、視点を変えるコトは大切だと改めて知らせてくれる。
このデータから、次のステップに入るのかな。
そのステップに入るかはいらないか・・データからどう次の創作に結びつけていくのか・・ ?
興味深いです。

たくさんの模型展示、インタビュー映像、映像インスタレーションも多いので、しっかりと全てを見たい場合は
時間の余裕をもって鑑賞することをお勧めします。



そして、せっかく来たのだから
近代美術館の上階で、常設展を観ましょう。

明治からの日本の美術をざっと鑑賞することができます。

時々、その中で企画展をやっています。

今回は、「鉄とたたかう 鉄とあそぶ デイヴィッド・スミス《サークルⅣ》を中心に」(コレクションによる小企画)
その中では、私は カルダー が好き。

Img_9502
Img_9505

 

近代美術館を後にして
昨年同様、皇居の周りをぐるっとお散歩。

比較的気温が低く、コロナ禍で 密を避けたお出かけにはピッタリ?!
マラソンランナーとはすれ違うものの、ほとんど人が歩いていません!(平日夕方、お盆明けすぐだったからかな?)

Img_9506
Img_9517

 

 

遠くに東京駅が見える! はとバスツアーも・・今はお休み中かな?
生まれも育ちも東京ですが、皇居 坂下門前、この場所は生まれて初めてかも。

 

Img_9524
Img_9530

 

東京にも、こんなに広い空があったのか!!
まっすぐ延びる道。
だ〜れもいない!

 

Img_9539

 

帝劇前、お濠に映り込むビル。

そのまま、歩いて歩いて銀座まで。


Img_9541


Img_9547



Img_9551

7b3fd85d13b5403b86d6f1a64e12b363

ソニービル跡 ソニーパークでは、sony park展開催中。
映画の名台詞が、白い短冊布の間に点在する。
QRコードでどの映画の台詞かをリンクできる仕組み。

その展示よりも
会場のコンクリートむき出しの柱の方が気になった。
切り取れば、一枚の絵のようです。



(m)

 

« 備忘録 2021年1月〜2021年7月 石岡瑛子展  ミティラー美術館コレクション展  イサム・ノグチ 発見の道 | トップページ | ファッションインジャパン 国立新美術館 »

展覧会」カテゴリの記事