« オラファー・エリアソン ときに川は橋となる  東京都現代美術館 | トップページ | 隈研吾展 国立近代美術館 »

2021/08/08

備忘録 2021年1月〜2021年7月 石岡瑛子展  ミティラー美術館コレクション展  イサム・ノグチ 発見の道

コロナ禍が続く夏。
まさか、今年もこんな夏になるとは!

この夏休みも、展覧会には行く予定・・だけど、
最近の感染状況と オリンピックをテレビ観戦していて、引きこもり状態。



実は、今年の冬からいくつか展覧会を観ていたのに
またまた、ちゃんと記録していませんでした。
備忘録として保管しておこうと思います。


(早く予約無しでも ふっと時間ができたときに観に行けるようになるといいなあ!)



●2021年1月31日

東京都現代美術館 石岡瑛子展

作品量がすごい!

グラフィックデザインの仕事
デザインの校正紙
映像
衣装デザインのスケッチ
衣装

しっかり観て三時間

最後の
えこの一代記で
ため息

50年代の高校生で
このセンス!

観て良かった! と思える展覧会だった


D59ece7b1df242f197b73d2b0e24205e






●2021年2月21日
たばこと塩の博物館  ミティラー美術館コレクション展

インドのミティラー画
ワルリー画

ワルリー画のモチーフが素朴で可愛らしい


Img_7925

 

Fc7f6f7becc74d83915ce0b518611ee6
A92c9c2640f0450797e3c94b79c187d4
25c860ff06d94e4f8accf5bdc8eee13d
73e0fa252c5c4efc841950d131fa37f8
Bd7c730a8b7344e3a4594f1f926562cc
B8e72934f32e416f8fe63adc328872dd
A3981e4a343e4abe8cc6ab03d625b932



●2021年7月11日
東京都美術館  イサム・ノグチ 発見の道

抽象的な形から
タイトルを想像する

タイトルから形をまた見る

グルリと鑑賞できる会場構成

ジュニアガイドもよくできていて
おとなにも配ってほしかった

こどもたちもぜひ


ただし・・
サウンドツアーのヘッドホンをつけている方、どうぞボリュームは下げてくださいね
館内での、音漏れがとても気になりました
静かに作品と対峙したい人もいるはず・・

3359b507f74f4fb4b187c3b79963c69a
72a6e4a30cbf421f9961614d7713774d
3314f4cf43a340e0b4c78ee6a8a68513
436c08ac41fe40809022647918558dfb
7a67351b7e3f4a0b8c77963cc6049b4a
174c7353b07748dcb989d2eeebacb2f1
2a537f22612f479abafb1bb2f50a437c
Cf2126aad97543bd8ff7e0a91b373aa7
Bfaa0c5a39c64e018ba3aade520e0bd4
921b13e93ca0476684715411b55108b2
3a5cd0ac0ee4489a8481d5fcc0258e64
1aa0fa0d106c4d44a5781f6cfa290c67
F480700227ed4d45bf73dc2913fe51d7
Ff1b2c51c1304544bb311ae018f6f2e9
A207703cc872478a97e6e538536c01ba

★イサムノグチ展は、2021/8/29まで!

(m)

 

« オラファー・エリアソン ときに川は橋となる  東京都現代美術館 | トップページ | 隈研吾展 国立近代美術館 »

展覧会」カテゴリの記事