« 朝倉摂展 神奈川県立近代美術館葉山 | トップページ | 国立科学博物館 常設展示 »

2022/07/31

アール・デコの貴重書   東京都庭園美術館

E7ae620285af42a39243c83c45342e13

すでに一ヶ月以上も前に終了している展覧会ですが
備忘録として記録しておきます。

建物公開2022
アール・デコの貴重書
2022/4/23〜6/12

アール・デコ様式の建物としても有名な 東京都庭園美術館。
その建物内を存分に見学できると共に、アールデコ期に発刊されていた貴重書も展示されるという展覧会。
観にいく前は、本の装丁デザインを主に紹介する展覧会かと思ったが、書物の展示は少なかった。

それでも、ほとんどの展示物や建物内も写真撮影が可能であったので、気になるところを心置きなく撮影!

その中の、一部をこちらに載せておこう

●アールデコの貴重書 グラフィカルなデザインで気になったもの


98cd25f6974b4ce4b447270421dcd5d5 52126ed3019e4245b6ddffa859f70d5d A265ce0628cd4ad38c77e3ae307fce7f 9bfc520d7534426aa232657fe45f59af

 

●アールデコデザインの照明

 

93485e76a99740ef9200e57b77f2d1d5 017b6795913b46539819fd1720900c11 04d7ec36df8145ecb87c3f839982241d Be9584f3c6304520ab8dd1bec262ee5b B90432c5a3b147caa0ff09135dd0f401 05eb65257c544bf380ad028a192520a3 A0b39d9ead3f4f8b8dd9bbf592623ce4 Ce8e849e8e4843ec88ef4572dfac69f3

 

庭園美術館 というだけあって、庭も美しい。
都会の真ん中にこれだけの緑を感じられる空間が存在する驚き、そしてかつてここは旧朝香宮邸だったと思うと、ここに住んでいた人がいたんだなあと・・その当時の文化や美、デザインを重んじる意識の高さと、こういう貴重な建築物を守ることの大切さを感じる。




庭を散策している時の、高速道路の騒音が気になるのだけが惜しいところ。

 

Img_2517

(m)

 

« 朝倉摂展 神奈川県立近代美術館葉山 | トップページ | 国立科学博物館 常設展示 »

展覧会」カテゴリの記事