« July 2005 | Main | September 2005 »

August 31, 2005

鳥羽水族館にて:超ホラー

鳥羽水族館で、恐ろしいモノを見ました。
56本足のマダコです。
「超ホラー」なので、見たい人だけクリックしてください。

050825_152001

| | Comments (2) | TrackBack (0)

万博にて:アフリカのボトル

アフリカ共同館では、アフリカ各国のブースに名産品やおみやげ品、工芸品などを飾ってその国を紹介しています。その中から、ボトル関係。ほんのわずかですが・・。
おいてある雰囲気は、海外旅行で偶然出会った路地裏のお店のようだった。
050824_131801 050824_131802 050824_132301











というわけで、アジアやアフリカのモノをたくさん撮ってきたのですが
喜んで当日モブログしていたら、携帯の電池がなくなってアウト〜。
他にも、北欧やイタリア、トルコや中近東アタリの国々の館も巡ったのにご紹介できず、残念!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万博にて:アフリカの布

左と中:またまたどこの国だかメモしていなかったので忘れてしまいましたが、これは、壁一面の大きな布に、ワッペンのような方法で風景や人が描かれている、その一部です。素朴な表現が気に入りました。
右:型染めのような方法なのでしょうか?表現が面白かった。
下:天井に張られていた布。
050824_131902 050824_131901 050824_132302 050824_132501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万博にて:アフリカの雑貨

写真が小さくてわかりづらいのですが
左:針金とビーズで作られた、トカゲ。
中:コットン製のバッグ、柄がとてもおしゃれ。帽子などもありました。見直してみて、やはり買ってくれば良かった・・と思っているところ。
右:コーラやジュースの瓶のフタをつなげて作られたバッグ。持ち歩くには、けがをしそうで厳しいですが、部屋において収納カゴにしたらいいかも。
アフリカの雑貨は、造りがややチープですが、素朴で味のあるものが多い。
050824_124901 050824_125301 050824_125302

| | Comments (0) | TrackBack (0)

万博にて:アフリカの石彫

先週訪れた、愛知万博のアフリカ共同館の前に飾られていた、アフリカの石彫。
どこの国のものだったかは??
なにしろ、アフリカから参加していた国の多いこと!国によって、ブースに飾られていたものも違っていました。プリミティブな木彫も多かった中で、この石彫の表現にどこかモダンな香りを感じました。
050824_131601 050824_131502 050824_131501 050824_131602

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 30, 2005

わ→輪ゴム→む

050830_161301たかが輪ゴムですが、
いろいろ種類があるんですね。最近では動物の形をしたゴムもあります。

確かに、三つ葉やアスパラをくくってあるゴムも輪ゴムです。
富山の名産、ますの寿司の容器を留めてあるのも輪ゴムです。
小学生の頃、輪ゴムをつなげてゴム段をよくやりました。
輪ゴムを腕にはめたままでいると、10日後に死ぬよ、と友達に言われました。
指でっぽうでぱちんとはじいて飛ばしました。
髪の毛をこれで留めると絡まります。取るとき痛いです。
チョットなめたら、苦かったっけ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 29, 2005

ぐ→寓話→わ

一週間ぶりに、しりとりイラストを再開しようと思います。しかし、手を動かしていないとなかなかうまいこといかないのかもしれない・・といまになって気づきます。毎日、頭をひねってイラストを描くと言うことの訓練は結構タメになっているのかもしれません。
ill0829


寓話(イソップなど、教訓や風刺を含めたたとえ話)といえば、ウサギとカメやら、北風と太陽、欲張りな犬・・。小さい頃、よく絵本を読んだ。
いまは、コドモを寝かしつけるときに、時々読み聞かせてあげる絵本の中にその話が入っていたり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2005

夏休み総括

ここ一週間近く、出かけておりましたが、総括をいずれしたいと思っています。写真も少しばかり撮ってきましたので・・。そしてまた、しりとりを復活しようと思っています。
ちょっと留守にしていたら、ブログランキングが下がりに下がったので、またイラストアップに励みたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2005

お伊勢参り

伊勢神宮そばのおかげ横丁にて、赤福氷と伊勢うどん。
伊勢うどんは、太くて柔らかめのもっちりとした歯ごたえ。濃いめのおだしに絡めながらいただきます。
050827_131901.jpg 050825_125201.jpg

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 26, 2005

南鳥羽 相差の足元

050826_135702.jpg 050826_135701.jpg 050826_135601.jpg 050826_114201.jpg 050826_114301.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

台風一過

鳥羽の海はいい天気です!この旅では、一度も雨に降られませんでした。
050826_113201.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2005

やってきました。2

台風はどこ?意外と晴れてます。
050825_122402.jpg 050825_122401.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 24, 2005

アフリカ サントメ・プリンシペ共和国の

アフリカ共同館の中にあったサントメ・プリンシペ共和国のブースにあったイラスト。この国は、アフリカで二番目に小さい島国だそうです。
050824_125801.jpg 050824_125502.jpg 050824_125501.jpg 050824_125503.jpg 050824_125504.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アフリカの雑貨

ルワンダのカゴ。
色といい、形といい、すごく好き!このほかにも色のバリエーションがたくさんありました。
050824_132701.jpg 050824_132601.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タイ館

タイの雑貨はなかなかおしゃれ。
アロマキャンドルもいろいろな種類があったし、バッグやフラワーベースもモダンです。
050824_110802.jpg 050824_110801.jpg 050824_110502.jpg 050824_110601.jpg 050824_110501.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

オーストラリア館

050824_102601.jpg 050824_102502.jpg 050824_102501.jpg 050824_102101.jpg 050824_102201.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

というわけで

ならんでるよ〜。050824_093301.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2005

やってきました

さあ、どこでしょう?。
050823_143701.jpg 050823_140201.jpg 050823_143501.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

も→モブログ→ぐ

ill0822ちょいと夏休みの旅行に出かけるので
しりとりはしばらくの間お休みします。
出先で、面白いものを見かけたら、
パチリとモブログしたいと思います。

台風が迫ってきているらしいので、お天気最悪かも・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 22, 2005

プーク&フィリックス

050820_095901先週末
プーク人形劇場で、人形劇を観てきました。
プークの人形劇は大きな劇場で何度か観たことはあったのですが
本家本元の劇場では、初めて。こじんまりとした小さな舞台は
客席からも近く、コドモたちは前列で観られるしより一層楽しめるようです。

ところで、8月26日、27日にフィリックスのビンテージ・フィルムをこの劇場で上映するそうです。すごく興味があるのですが、私はあいにく旅行中となるので観られません。もしどなたか見に行かれたら是非教えてくださいね!050822_115001

| | Comments (2) | TrackBack (1)

August 21, 2005

く→雲→も

0821雲を時間の流れと共にゆっくりと眺めること。 最近、のんびりと空を見上げたりすることなんて、ないなぁ。
わが家のすぐそばには、川が流れているので橋をを通るときは遠くまで空が少しは開けているように感じるけれども、あとは、ほとんどが電線や建物に区切られて、狭い空しか見ることはできない。台風が来たときの雲の流れとか、面白いんだけれども。
最近は地震が多くて、地震雲が出ていたとか出ていないとか、そんなことも気になったりするのだけれども。
でも、やっぱり、地面や、足元を見ていることの方が多い気がする。
少し気にして眺めてみようかな。
何かを発見するかもしれないし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

く→クリック→く

ill0820スロー
スロー

クリック
クリック

マウスでクリック
初めての時は、
ダブルクリックも
ドラッグするときも
指がつりそうだったっけ。
広い面積を選択するときも
マウスパッドからはみ出て、
手が遠くまで伸びていた。

懐かしく思えるんだから
少しは、進歩してるわけだ、自分。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 19, 2005

し→刺客→く

ill0819最近、世間に飛び交うことば。

刺客

なんだかゴタゴタしています。


しとしとピッチャンしとピッチャン、
し〜と〜ピッチャン。

ちゃん〜ん〜の仕事は、
しかくぞ〜な〜。

・・小さい頃に、木枯らし紋次郎のテーマソングを聴いて
ちゃんの仕事は、四角?しかくってなんだろう・・
って思っていました。
刺客だってわかったのは、ようやくオトナになってから。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 18, 2005

こ→腰→し

ill0818こ、こ、こ。
「こ」のつく、ことばを考えていたら
腰がグキッとなった。

そうだ、私は腰が痛い。

風邪もほとんど引かず、夜中多少無理して仕事しても、
結構元気だったり、基礎体力があることには自信のある私であるが
ここ数年の腰痛悪化に関しては、悩んでいる。
ひどいときには、靴下をはくのすら、イテテテテテ。とうなってしまう。
座り仕事が多い上に、出産も原因のひとつのようで。

もっぱらの目標は筋力を付けて腰痛改善。
仕方がないから、公言して、どうにかしなくてはと思っているところ。

前にもかいたけど、私は、鍛えることとかとっても苦手で続かないので
いちいち言い訳しそうなんですが、こうなったら
潔く、少しずつでも筋トレします!

| | Comments (8) | TrackBack (0)

August 17, 2005

れ→冷蔵庫→こ

ill0817
二年前の、ある蒸し暑い夏の日に、
わが家の冷蔵庫が突然壊れた。
まだ新しいはずなのに、ドアに表示される庫内温度が
どんどん上昇している。冷蔵庫独特のビーンという音がしない・・等々。
異常に気がつき、慌てて冷凍庫を開けたら、既に食材は汗をかき始め、庫内には霜が付き、溶けかかってきている状況。
そこから慌てて、クーラーボックスに全ての食材を避難させたりしながら業者に電話したり、もう大騒ぎ。すごく仕事が忙しい時期だったから、それだけでもかなり滅入っていたのに大変な事件?が勃発して丸二日くらい冷蔵庫にエネルギーを費やした思い出。
それ以来、真夏の暑い日に時々冷蔵庫に祈るような気持ちで話しかけてしまう。
「お仕事がんばってね。お願い!」

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 16, 2005

う→売り切れ→れ

ill0816さんざん迷って
ようやくこれだと決めたのに
売り切れです、といわれると
逆に
もっとほしくなる。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 15, 2005

み→妙→う

ill0815
1.まねることができないほどすぐれていること。
2.当面する事態が普通とは違っていて、その原因・理由が納得できずすっきりした気持ちになれない様子だ。   三省堂 新明解国語辞典より

すでに「みょう」ということばの意味自体、両極端な意味を持っていてい、考えてみるとすごく「みょう」な気分。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

August 14, 2005

お台場の足元

050813_151702050813_16060113日に、東京湾大華火祭が開催されましたが、それを見にお台場の友人宅におじゃましてきました。たぶん一年で一番この日が混むのではないか?と思わせるほど。
駐車場は午前中でほぼ満車。イベントスペースは人、人、人・・。みんな、夜の花火を待つまでの間、ヴィーナスフォートやデックスで買い物したり、食べたり飲んだり・・というところでしょうか。
今年は、浴衣のカップルがとても多かった!男の浴衣もいいのですが、わたしが見たところ、浴衣が、「はだけている」彼氏が多かったのが、みょ〜に気になって・・。帯の締め方もゆるめなの?・・すでにほどけかかって、わたしの目の前ではらはらと帯が地面に垂れ下がり、それを隣にいた彼女が拾って、イヌの散歩みたいに持って歩くという情けない図を見てしまいました。しかももう一人、同じく今にもほどける寸前の男子を見てしまいました。かと思えば、腰で帯をきりりと締めているのではなく、ウエストで女っぽく巻いている男子も見ちゃったし。なんか、どうせ着るなら、バシッと決めてほしいんですけど・・。
肝心の花火の前には、雨がざーっと降ってきたのでどうなることかと思いましたが、マンションがちょいとおじゃまではあるけれど、今年もきれいな花火を見ることができて、すかっとしてきました!
050813_190701050813_190901

| | Comments (3) | TrackBack (0)

August 13, 2005

う→海→み

ill0813本日、近場の海・・ていうか、海の近くへ行ってきます。お台場。小さな人工の浜があります。まともに泳げませんが、囲ってある一部は、浄化された海水になってるらしいです。コドモの水遊びにはいいかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2005

ね→寝相→う

ill0812夏の夜は暑い。

コドモたちの寝相もかなり、はじけてる。
そして、なぜか、同じ格好で並んで寝ていたりする。

ところで・・。
蚊帳はいい!

蚊帳をかけて窓を開けて、寝ています。

クーラーをかけて寝るのは、かえって体調を崩すので・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 11, 2005

む→むこうずね→ね

ill08111むこうずね、
ガツンと打って、あいたたた。

ill08112同じく、足の小指。
いすの足にひっかけて
あいたたた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 10, 2005

ぷ→プリズム→む

ill08101なにも
目に見えているモノ全てが真の姿じゃない。
たとえば
太陽の光をプリズムに通してみたら、いままで透明だと思っていた光は
七色に分かれる。
発見した人はスゴイ。
角度を変えたら、いろいろ変化するという顕著な例。
一つの見え方、感じ方、捉え方に固執せず、
ひっくり返したり、上から見たり、下から見たり
ころがしたりして、いろいろ知ることが大切なんだね。

ill0810プリズムとは

| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 09, 2005

と→トリプルジャンプ→ぷ

ill0809
HOP!





STEP!





JUMP!





理由をくっつけて
縮こまってないで、

とべ!
とびこえろ!
ill08091

| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 08, 2005

べ→ベルト→と

ill0808


きゅ〜っと締めて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2005

み→道しるべ→べ

ill0807


こちらが目的地への近道ですよ。
ホントですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2005

つ→罪→み

ill0806幼いコドモ同士が喧嘩をしたとき。
そばについているオトナはどうするか?
それぞれの言い分は受け止め、そしてお互いに相手を認めあい
相手の気持ちに立って考え、悪かったところは素直に謝って
「次からは気をつけようね。もうしないね。」と声をかける。

オトナ同士の喧嘩はどうだろう?
国と国との喧嘩はどうだろう?
お互い、自分の罪を潔く認めあえるだろうか。
素直に謝れるだろうか。
相手の立場に立ってモノを考えられるだろうか。

折しも、今日は戦後60年目の広島原爆投下の日。
多くの民間人が瞬時に命を落としていった日。
長い年月を経ても、被爆者の悲しみや苦しみが消えることがない。
被爆国日本。
しかし、その日本も戦争で他の国々の多くの人々を傷つけてきている事実。

世界では未だに国同士の争いが絶えず、戦争やテロにより
尊い命が吹き飛んでいる。

「一つの命の周りには家族が存在し、大切にはぐくんでいる生活や夢があるということ」

オトナになっていくうちに
どうして
素直に自分たちの罪を認めあってお互いのことを思いやる気持ちを失ってしまうのだろう。

これからオトナになるコドモたちの未来が平和であるように。
そのためにはどうしたらいいのかを
折々に考えていけたらと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 05, 2005

阿佐ヶ谷七夕祭り

050805_153401050805_153901本日8月5日から9日まで
阿佐ヶ谷七夕祭りが阿佐ヶ谷南口パールセンターにて開催中。年を追うごとに、名物の「張りぼて」の数が減っていくようで、今年は、大きな七夕飾り、短冊が目に付きました。やはりパールセンターに個人商店が減ってきたせいもあるのでしょう。「張りぼて」を作って飾って・・と言うよりは、最近は、おつまみにかき氷にジュース、ビールの販売と、あとは七夕セールがメインなようです。今日の夜はすごい人出になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

い→印刷→つ

ill0805会社勤めをしていた頃だから、ずいぶん前のこと。
こんなに世の中にデジタルプリントが普及するなんて夢にも思わない時代、仕事でよく印刷工場に立ち会いに行った。工場で最終の校正をして、その場で量産してもらうのだ。ヒヨッコ社員が校正コメントを出して、印刷工場の熟練職人さんが丁寧に対応してくださって、何度もプリントしてくれて・・。なんだか悪いような気になったけど、工場を見学できたりして私としてはとても楽しかったのを覚えている。オフセット印刷、グラビア印刷、いろいろな輪転機を見せてもらったし、食品パッケージの校正刷りは、まだ平面状態でパターン化されて並んでいるので、普通見ている見え方と違っていてとても面白い。ノートのオフセット印刷、絆創膏の印刷工場や、缶パッケージの印刷会社、レジャーマットなどのフィルム印刷の会社にも行った。
「ちょっと青みが強いのでやや押さえてください。ここの版ずれ注意してください。」
なんてチェックしながら、次の校正刷りが出るまでひたすら待つ。
いまは、すっかりデジタルプリントだから、まったく仕事の仕方が変わってしまった。
おかげでこうして在宅で仕事ができるのだけれど、どうやってプリントされて、ものが作られていくのかを見ることができたのは、本当に貴重な体験でした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 04, 2005

あ→曖昧→い

ill0804[「曖」も「昧」も暗い意。]曖昧・・手順が確立していなかったり、規模がはっきりしていなかったりして、明確さを欠く様子。(ずるさやごまかしを含んでいる場合に言うことが多い)

〜三省堂 新明解国語辞典より


曖昧ということば、あまりいい意味ではなかったのですね。
確かにいい意味には使わないと思いながら、辞書にハッキリと暗い意の漢字を使用していることばと書かれていると、使い方に気をつけなきゃな。と思ってしまいました。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

August 03, 2005

い→イタリア→あ

ill0803もしまた、訪れたいとしたら、どこの国?
世界の中で、知らない国は山ほどあるけれど、
チャンスがあるならもう一度また、行ってみたいと思うのは、イタリア。
古き良き歴史建造物と美術品、そしてモダンなインテリアやデザインがごく自然に共生している都市。
ほんの少ししかかいまみれなかったけれど、もう一度行ってみたい街。

ああ、でも他にも行ってみたいところはたくさんたくさんあるし
きっと知らない街に行けばいちいち感動するんだろうな。


| | Comments (4) | TrackBack (0)

August 02, 2005

う→宇宙遊泳→い

ill0802連日、スペースシャトルディスカバリーのニュース。日本人宇宙飛行士、野口さんの船外活動の映像も流れてくる。フワフワと無重力状態の中で宇宙遊泳をしながら、仕事しているわけですね。テレビの映像を見て、へぇすごいねぇ、とつぶやいたりするものの、手に取るような実感がないから、何となく映画の中の話のようで、まるで別世界のことのよう。でも、この空の遠く遠くに確かにテレビに映るこの場所があり、果てない空間が拡がっているのだ。星の光も、フワリと吹く風も、ギラギラと照りつける太陽の光も、宇宙からやってきているものなんだ。地球は宇宙の中のたった一つの星に過ぎない。果てを知らない宇宙空間の中の、小さな星、地球の中の、小さな島国の日本、そのまた小さな都市東京の、そのまた小さな地点に存在していること。全てはつながっていることを忘れず、小さな存在であることの謙虚さも忘れず。一地球人として。

| | Comments (0) | TrackBack (4)

August 01, 2005

だ→第一印象→う

ill0801
いいにしろ、悪いにしろ
スキにしろ、キライにしろ
どこか引っかかる人がその後の人生に
大きく関わってくる気がする・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »