« き→勤労感謝→や | Main | リメイクセーターvol.2 »

November 24, 2005

や→谷中→か

勤労感謝の日、行き当たりばったりの、下町、谷中散歩に出かけました。
はっきり言って、初めて訪れた谷中。右も左もわからない・・という感覚でしたが、まずはJR日暮里駅を降りて谷中銀座へ向かいます。
051123_115401
[谷中煎餅]を通り過ぎ、しばらく行くと三叉路が。右手の奥のだんだん坂(夕焼けだんだんというらしい)を下りるとそこからしばらく谷中銀座の通りです。だんだん坂の入り口付近に、[nuicoto]という一見、籠を売る店?かと思いきや、カワイイ手作り布雑貨をおいていたり、アジア系のお皿や、ガラス瓶をおいていたりするお店があります。隣が怪しい?化粧水を売る店のようで、その二店舗が一緒のお店のように一瞬思えてしまって、一歩引いてしまうのですが、雑貨好きはのぞくべきです。お店の中は一転、暖かい雰囲気です。
さっそく谷中銀座を右左きょろきょろしながら歩いていると、あのお笑い芸人ヒロシが訪れたという、[肉のすずき]が気になりました。なにが気になったかって・・メンチカツ。さっそく、食べ歩き。混ぜものが少なく、しっかりとした肉が詰まっているメンチです。衣もぱりぱりと堅めで旨い!・・とはいえ、実は私はハムカツを食べて、メンチは、一口もらっただけなのですが・・それでも、すごくよくわかった。うん、旨い。ハムカツも、厚めのハムが、食べ応えあり。051123_115902 051123_115801

何件か先に、ほかのお肉屋さん[肉のサトー]があって、そこでは”谷中メンチ”という名称で売っている。肉の鈴木は、”元気メンチ”。ほかのお総菜屋さんでは、コロッケ30円だったりして、これまた安い。食べ比べはしてませんが、興味津々で通り抜けます。
051123_115601

谷中銀座を抜けて、左に曲がってしばらく行ったところに、22日にオープンしたばかりという、[福丸饅頭]が。・・開店したばかりということで、店先に行列。一個10円の一口饅頭だから、10個買ってもなんと105円。・・で、並んで買いました。これまた食べ歩きです。出来立てで、ほのかに暖か。皮がもっちりと柔らかく黒糖の優しい甘みと香り、こしあんはあっさりとして、小さいから一口で食べた後、またもう一つ、いっちゃう?・・って・・危険なお饅頭です。はっきり言って、10個なんてあっという間かも?
051123_121501 051123_122701
それからしばらくは、路地裏をのぞいたり、下町の住宅街をきょろきょろしながら、出会うお寺を巡ったり。
のんびり散歩しながら家並みに癒されていきます。
下町の家並みというのは、独特ですね。とにかく玄関のドアが小さい。道路からいきなりドアっていう感じだし。でも、そこがなんだか暖かみがあるというか、かわいらしいというか。
路地もまた、迷路のようで面白い。トタン塀の小さな穴から中を覗いたら、車が見えたり、遠くに見える建物に惹かれて入ってみたら行き止まりだったり。
051123_123501 051123_124101途中、いろいろ縦横斜めに板が張り合わさっている建物と遭遇。どうやら、それは、建物の背中側だったようで、表はどうなっているのかと思ってみてみたら、小さなパンやさんでした。パンやというより、お菓子屋さん?



051123_131801 051123_131701

お寺巡りをしつつ、きょろきょろ散歩は続きます。
[愛玉子オーギョーチー]の店の前を通り過ぎ(かなり惹かれたのですが、そこには入らず・・)051123_133101
向かい側にあった豆大福で有名な[岡埜栄泉]で、その有名なお菓子をぜひ買おうと思ったら、すでに売り切れで、あきらめ・・

またふらふらと、今度は四万八千体地蔵のある浄名院というお寺に立ち寄り、谷中霊園
を抜けて、また日暮里方面へ戻ったのでした。ちょっと遅いお昼ご飯に、谷中銀座の[支那麺はしご]にて太肉坦々麺を食し、最後に、[羽二重団子]で締めくくり!こしあんとしょうゆの団子は、どちらも意外にあっさり。こんなに食べられるかしら?・・な〜んて、とんでもない、ぺろり!でした。
051123_153701 051123_153201

|

« き→勤労感謝→や | Main | リメイクセーターvol.2 »

Comments

ああ〜〜
カツもお団子も美味しそう〜〜。
夜中なのにお腹空いてきちゃいました!
いろんなお店がぎゅっとつまってて、街全体が雑貨屋さんのようですね。
行ってみたいなあ〜。

Posted by: 日向このか | November 25, 2005 at 12:39 AM

>日向さん、こんばんは!
谷中は初めてでしたが、なかなか面白いです。
谷中銀座はぎゅっと凝縮されていますが、そこを過ぎてからのお店とお店の間は結構離れていて、地図を片手に歩いても迷ってしまいそうな道のりなのです。でも、偶然面白い風景や家並みに出会えたり、そこが面白かったりして。
都会の喧噪とは全く無縁の、穏やかなお散歩ができますよ!

Posted by: mrk | November 25, 2005 at 01:18 AM

ブログ巡りしていてたどり着きました~。
初めまして(*'-')o(*,",)oぺこり
ひとまず足跡残していきます~ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
良かったら遊びに来て下さいませ~♪

ではランキング応援します
ポチ凸

Posted by: Sarhto | November 26, 2005 at 01:15 PM

>Sarlrtoさん、こんばんは!
はじめまして。きてくださってありがとうございます。かわいいペットを飼ってらっしゃるんですね。
また、お気軽に遊びにいらしてくださいね。

Posted by: mrk | November 27, 2005 at 12:35 AM

mrkさん、shima2です。
な、なんと!谷中に行ったのですね?じつは私、二十歳から2年ほど谷中の住人でしたア。
谷中銀座も墓地も散歩やジョギングで毎日のように通ってたんだよ。
どっちのお店か忘れたけど、メンチもよく食べたネ。懐かしいなア・・・
キッチン田中っていう洋食屋さんがあって、毎週のように通ってたんだけど、マスターが笑ったのを一度も見たことがなかったんだ・・
しかし、ある日メシ喰いながら「珍プレー好プレー」見て私が大爆笑してるの見て、やっと反面でニヤッとしたの・・・
ヤッタっておもったね。あんま、関係ない話でスンマセン。いつも楽しみに覗かしてもらってます。
これからもガンバッテ!!

Posted by: shima2 | November 28, 2005 at 07:21 PM

>shima2さん!!!コメントありがとうございます〜。嬉しいです!
そうだったんですか、谷中に住んでたんですね。今まで知りませんでしたよ〜。そっか、それで三丁目のあの感じが表現できるのですね、きっと・・・って、思っちゃいましたよ!お風呂屋さんの煙突が見えたし、猫がいっぱいいたので、ホントにタマのことを思い出していたところでしたよ。
初めて行った場所だけど、また行ってみたい〜、そのときはキッチン田中を確認してみたい・・。もう無いのかな?
あ、谷中銀座から少し離れたところ・・お饅頭屋さんの近くに、キッチン「マロ」っていうかなりいい感じのお店があったんですけど、そこはご存知ですか?ウィンドウのメニューサンプルがかなり色あせてて、時代を感じました。でも、のれんはきれいで、紺地に白抜きで大きく「マロ」って書いてあって、興味津々。食べてみたかった!

Posted by: mrk | November 29, 2005 at 01:35 AM

タマの世界を考えるときにホントにものすごく影響されてたのは事実ですね。実際当時も何度も通ってましたし・・・。
あの辺の「食」の文化は見逃せませんね。谷中から離れるけど道灌山の方の道灌一番という普通の中華屋さんおいしかったア。
根津にある甚八って言う飲み屋さんもイイ感じだったア。
それから「朝倉美術館」だっけな?ふるーい感じの和洋折衷の大きな屋敷がまんま彫刻の美術館になってるの。行った?
あと、千代紙で有名な伊勢辰(字ちがうか?)ね。
懐かしい!止まらなくなるので、また今度。みんなでゴハン食べましょう!

Posted by: shima2 | November 29, 2005 at 08:37 PM

>shima2さん、こんばんは!
いや〜、おすすめの場所がたくさんあるんですね。
今度は先に情報を聞いてから出かけなくては!・・下町って、オトナになってからちょこっと行ったきりで、しかも浅草とかの観光地へホントにちょこっと。
・・住宅街を散歩するって楽しいですよね。特に路地裏がたまらん!都会の裏道もかなり好きですが、下町は食べ物が楽しいですよね。なんか、気軽な感じがイイです。
そうか〜、それで、根津甚八は、根津甚八ってつけたのか〜。
いせ辰の千代紙は、ちょっと仕事で関わったことがあったけど、実際にお店には行ったことが無かったので、行ってみたいです。
ホント、今度また、情報教えてくださいね。

Posted by: mrk | November 29, 2005 at 10:23 PM

谷中から外れてきちゃったけど根津の「甚八」話題でこんなHPあったので、見てください。
http://www.linkclub.or.jp/~mcyy/hen/hen99/06.html
役者の根津甚八は偶然でしたね・・・

Posted by: shima2 | November 30, 2005 at 10:39 AM

>shima2さん、おはようございます。
え〜。なるほどね〜。
単なる偶然だったのね・・しかし、shima2さんは、もともとの甚八に行ったことがあったのですか?
いいな〜。なんか、ホントに奥が深い感じで。
また、下町散歩第二弾、ぜひ行ってみたいです。
(うちの場合、そこに甘味ツアーがつくんですけどね)
(あ、私の場合は夜の呑みツアーがつくともっと嬉しいけど・・)

Posted by: mrk | November 30, 2005 at 10:50 AM

なんかここのコメントばかり厚くなっちゃってスミマセン・・・
もちろん私が行ってたのは初代の頃・・今が2代目だとは知りませんでした。
行ってたといっても3回しか行ってないんですけど、奥の座敷は一元さんお断りな、薄暗く敷居が高い感じだったので、二十歳そこそこの私+1名はいつもカウンターでした。
mrkさんたちと行きたいけど、私たちの呑みだと「ウルサイ!」と言われるカモ・・いや言われるな、確実に。

Posted by: shima2 | November 30, 2005 at 02:07 PM

>shima2さん、こんにちは。
分厚く行きましょう分厚く。
何年経っても、渋く呑むなんて出来ないかも?
笑い声だけで、出てけって言われそう・・・
でもね〜。呑んだら大笑いしたいです。わたし。
合いの手で拍手しちゃったりとか。

あ、昔、笑いながら手をたたいていたら
お店で注文取りに来ちゃったことありました・・。

Posted by: mrk | November 30, 2005 at 03:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42039/7293768

Listed below are links to weblogs that reference や→谷中→か:

« き→勤労感謝→や | Main | リメイクセーターvol.2 »