« かおシリーズ | Main | 頭の中を »

January 18, 2009

夕陽

夕方、近所のスーパーへ買い物に行った帰りの空は夕焼け。いつも見るものよりもややピンクがかっていて空の色も薄い水色。水色とピンクとくれば、ちょっとファンシーな空。薄めのパープルも間に漂って、日の暮れる前にしてはちょっとカワイイ。
木枯らし吹く寒い日の夜にはこれがもっともっと濃度が濃く深く、そして透明感が強い。群青色とオレンジ色との境目にややグレイがかった闇になりかけのダークカラーがもやもやと混ざり、それがなおいっそう冬の夜の淋しさをたたえているように見える。
でも、今日は違った。ちょっと明るく柔らかく、かわいらしい色だった。遠くの家並みの間からきらりと夕陽が見えたとき、イチゴゼリーのような色を感じたから。
慌てて自転車で夕焼けを追いかけてしまった。どうしても夕陽をこの目で見ておきたいと思って。でも、太陽はあっという間に沈んでいく。光の筋はもう見えず、カメラに収めることもできず、一瞬の陽の光はもう二度と見ることができなかった。

|

« かおシリーズ | Main | 頭の中を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« かおシリーズ | Main | 頭の中を »