« 100122 | Main | 雪 »

January 29, 2010

ケヤキ

Dscf7871s_3Dscf7873s_4
向かいの老人ホーム横にあるケヤキの木。新緑の頃には太陽の光を通し ながらキラキラと黄緑の葉を揺らし、真夏には強い日差しを遮って木陰を作り、やがて秋を迎えると北風にかさかさと音をたてて大量の落ち葉を生産して(これが結構たいへんだけれど)季節の移り変わりを教えてくれる。
今日の午前中、そんなケヤキの木を剪定していたので、是非とも枝を分けて欲しいと思ってたくさんもらってきました。なんか、たまたま大量に手に入れた食材をこれからどう料理しようかな?と考える時みたいな感じで・・この枝たちをどう使おうかな〜と、いろいろ思いを巡らせ中。何といっても、枝の先端があるんですよね、今回は。落ちている枝を拾う時って、ここまできれいに枝の先端が無いから・・。しかも、春を迎える準備中である枝には、小さな芽がついているから、格好がかわいらしい。フムフム。小さな枝、中くらい、全体。いろいろ分けて使ってみようかな〜。

|

« 100122 | Main | 雪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 100122 | Main | 雪 »