« December 2012 | Main | February 2013 »

January 31, 2013

小豆

時々、小豆を煮て食べたくなる。
ほっこりとした豆の香りが好きだ。
温かく柔らかな甘みと、少し強めの塩加減。
水分を多めにしてサラリとした小豆。


| | Comments (0)

January 30, 2013

すきだー

すきだー
だいすきだー

すきですきで
よるもねむれないほど
すきだー

って・・・いうこと

なにかみつけられましたか?

にんげんの
芯になる部分は、

きっと
そこなんだよ

| | Comments (0)

January 29, 2013

ぼんやりとした時間

このぼんやりとした時間を
ドキドキしながら過ごす

自信のなさから来る
ドキドキが
いったいいつまで続くのだろう

ぼんやりとした時間なんて
ない方がいいのだが

しかし
ぼんやりとした時間が
好きだとも言える

ぼんやりとした時間で
埋め尽くされていたら

やっぱり
人間、
ぼんやりしてしまうんだろうから
それじゃあいけないと
たくさんつめこむんだ

でも、それぞれのテンポってものがあるんだから

ぼんやりとしていたって
いいじゃないか

開き直ってまた

ドキドキしながら
ぼんやりしないように
しなくちゃと思っている

ぼんやりできるひとは
結構余裕があるんだな



| | Comments (0)

両サイド

万力という工具があります。
あれは、両側からぎゅーっと板などを挟む道具ですね。
両サイドから強い力で挟まれたら・・痛いだろうな。痛いよな。

強いよな。
みんな強い。

両側から強い調子で挟まれると
そりゃあ、辛いよな。

| | Comments (0)

January 25, 2013

足りないもの

足りないものは なんだろう

心にタネがない
と、人はいった
そのタネから芽が出て
心に引っかかりをつくる

そのひっかかりがない
と、人はいった

足りないものは
そのタネだ

タネはどこから飛んでくるんだろう
どこから生まれてくるんだろう

生まれながらに
タネを持っている人と
タネを持っていない人と

持っている人でも
うまく育っていく人と
うまく育てられない人と

心の出っ張りは
多い方がいいらしい

ずいぶん厚い殻をつけてしまった心に
タネを植え付けるのは
遅いことなのだろうか

そもそもタネがないときに
何処へ行けばそのタネを見つけられるだろう

たくさん水や肥料を与え
太陽の光をあてたら
この厚い殻を破って
芽が出てこないかな

水や肥料を怠らない
忘れないこと
太陽の光をあてること

一番は
認めること
そして
忘れないこと



| | Comments (0)

January 23, 2013

は〜

ムムムだ。
ムムムのム。
は〜

は〜

は〜

あ〜あ。

どうだっ!

| | Comments (0)

January 20, 2013

出張ワークショップ

近くの保育園父母会からお声がかかり、ワークショップをしてきました。集会室に17組の親子が集まり、ワイヤーでモビール作り。普段忙しいお父さんお母さんと、年少・年中・年長さんのコドモたちが親子で協力しながら創り上げます。途中難しいところもありますが、予定通りの時間に滞りなくみんなステキな作品に仕上げることができて・・・よかった!
楽しかった!ありがとうございました!・・・といっていただけて、こちらこそありがとうございました。やっぱり、人と関わりながら何か作って達成感を得られると・・・嬉しい!
Dscf8385ss_2 Dscf8337s

| | Comments (0)

January 19, 2013

更新

更新してないね〜gawk
と。いつもご指摘くださる先輩。すみません。
なんというか・・私の人生、常に誰かに指摘されて直し、指摘されて直し、それでもまた元に戻ってしまう、変な形状記憶合金のよう。
おまけに、わすれるんです・・大切なことを。
ふわ〜っと・・・日々の生活の中で、
朝はこの仕事、昼はこの仕事、夜はこの仕事・・という風に
決まった形の中に、より特別なことを組み込みながら新しいこと、もっと工夫すべきこと、考えねばならないこと、変えていかなければならないこと・・いろいろ組み込まれていくウチに
ふわ〜っと・・・
大切なことを忘れてしまう。
自分のことばかりが中心になり、この前感謝していたことも
今度それを返していかなきゃな〜と、深く感じ入っていたことも
ふわ〜っと・・
そして、どうやら感情の振れ幅がとても浅く。
それをまた、指摘されると大変萎縮してもっともっと浅くなり平坦になり・・
何も感じなくなってきてしまう・・

治療が必要なようです。
何か。
どうすべきか。


| | Comments (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »