2017/02/15

食育と造形■しょく感教室vol.41■ 一汁三菜 カップごはん!

flair参加者募集中!

■食育 と 造形■
見て聴いて香って触れて味わう・・五感をつかったワークショップ


しょく感教室 vol.41

一汁三菜 カップごはん! 2017年 3月 26日(日)
clock10時30分〜12時30分 


3_3

毎日たべるごはんの基本
一汁三菜って知ってるかな?
お箸の使い方にもルールがあるよ
さあ、実際にやってみよう!

楽しく学んだ後は、ごはんを使って
オリジナルのカップごはんを作ってみよう
*カップごはんは持ち帰ります


幼い頃から様々な味や香りを体験することが、舌で感じる味の巾を広げ、味覚だけでなく嗅覚視覚・触覚・聴覚を刺激し、食への興味にもつながります。Images_4
しょく感教室では、ここに食を演出するヒントも加えて、こどもたちが造形的表現も工夫できるようにしています。

 ★しょく感教室とは? クリックで拡大しますShokukan 

●定員 8〜10名 
対象新年長〜小学生(お子様のみのご参加になります)Dscf1120_3
参加費2800円(材料費、保険料込み)
(こどもデザイン造形教室に在籍の方は2500円)
★おつりの無いよう
お持ちください。
持ち物エプロン、ハンドタオル、体調に応じて必要であればマスク、(もっている人は)しょく感教室のカード、水筒


★過去のしょく感教室については、こちらをご覧ください→restaurant

 <お申し込み方法>  bell良くお読みください
メール
mail_plus@aplt.jp  にて3月20日(月)までにお申し込みください。期日前でも定員になり次第お申し込みを締め切りますので、あらかじめご了承ください。
なお、残席状況は随時このページかアプレットプラスHPのトップページにてお知らせします
▲参加ご希望の方は、日時をよくお確かめの上、お早めにお申し込みください。メールやお電話をいただいた順にお取り致します。特に、お友だちやご兄弟とご一緒に参加されたい場合など、お席が埋まってしまっている場合もありますので、ご注意ください。また、
お申し込み後のキャンセルは、お子様の急な体調不良等の特別な理由のない限り、ご遠慮ください また、急なキャンセルとなった場合にも必ずご連絡ください。少人数クラスで運営しております。材料手配の都合上、前日・当日のキャンセルについては 恐れ入りますが、参加費の50%をお支払いくださいますよう ご理解ご協力をお願い申し上げます。

flairお申し込みはこちらから
mailto
 お申し込みの際は、下記をお知らせください

・お子様のお名前(ふりがな)、
・年齢(学年)、
・保護者様のお名前、
・ご連絡先(電話、e-mail、住所)、
・アレルギーの有無

*メールをいただきましたら、こちらから折り返しご連絡致します。その後お申し込み完了となります。万が一、返信のない場合はお手数ですが再度お知らせください。

スタッフプロフィール
岩本留里子(フードビジネストレーナー・フードコーディネーター)
飲食業界の人材教育をメインに16年間。その経験を活かし、食の重要性を教えていきたいと活動中。フードファン主宰。→HP
鶴岡まり子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。商品企画やグラフィックデザイン、イラスト制作の仕事とともに、アプレットプラスの こどもデザイン造形教室、おとなのための造形教室を企画運営しています

2016/11/19

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.40」 ご報告!

五感をつかったワークショップ 食育と造形の しょく感教室
なんと、今回でshine40回目shineです!

これまで、一回一回ちがうテーマでやってきましたが、振り返ってみると
・・いや〜、いろいろやってきました!happy01これまでの記録

毎回、味わったり作ったり、盛りだくさんで楽しめて・・そしてためになる内容なので、スタッフ自ら 参加しないなんて、もったいない!・・と いつも思っていますbleah
準備もかなり大変だったけど いつも最後に こどもたちの笑顔を見て、・・そんな苦労も吹っ飛ぶ感じなのですlovely

前置きが長くなってしまいました。
お申し込みの受付を開始して早々に定員になってしまった今回のテーマは、
パリ?サク?!ミニパイ!
さて、どんな様子だったか・・ご報告します。

毎年、冬が近くなると、こどもたちの体調が心配ですが
今回は、みんな元気に参加してくれました。午前クラスしか開催しませんでしたので、とても貴重なワークショップとなりました。

自己紹介のあとは、岩本留里子さんが食感のお話をしてくれました。
Dscf6277 食べ物を口に入れたときの感触を、言葉に表すとどんなかな? かんだ瞬間、そしてそれを飲み込んだとき。どんな音がする?どんな感覚? 想像してみよう、例えばプリンを食べたときはどうかな? 
肉まんをほおばったときは、どんな感じかな? 

ふわっ、じゅわ~、ホクホク・・・。

食べるときには、目で見て(視覚)香りを感じて(嗅覚)口に入れたときの音やほおばったときの感覚、温度(聴覚・触覚)・・・味わうだけで無く、五感を通して おいしいと感じているんだね。

 

ヒントになるお話を聞いた後、
一人一人にお菓子が配られます。 おせんべい、寒天ゼリー、マシュマロ。

Dscf6386_2
さて、それぞれのお菓子のかみ応えや 口触りは、言葉に表すとどんな感じかな?
色や形に表すとどんな感じかな?

Dscf6289
これは、テストではないし、答えがあるわけではありません。
自分が感じたままに表現して欲しいので、新しい言葉、自分で感じたままの言葉がでてくるといいな
形も色も感じたままに・・。
イメージすること、それを表現すること、人に伝えること・・・

Dscf6285
Dscf6290_2Dscf6308_1Dscf6298_2

私たちは、味だけでなく 見た目や音、香り、口触り・・五感を使っておいしさを感じています。食材や味から想像できる言葉や色、形を思い浮かべてみることは、言葉以外の形で人に伝える方法を見つけることでもあります。そういった訓練が、コミュニケーション能力を高めていくことでもあるのです。

Dscf6296_2
Dscf6300
Dscf6311
Dscf6312  
短時間だし、初めてのことで こどもたちも少し戸惑ったかもしれませんが
なかなかおもしろい表現が出てきましたよ!
お家に帰ってからも、何か食べたときのイメージをメモしておいたら、楽しいね。

Dscf6323_2Dscf6324_2Dscf6325_2Dscf6326_2Dscf6327_2Dscf6328_1Dscf6329Dscf6330Dscf6331Dscf6332

こうしてみてみると、おせんべいの口触りをイメージする色は、茶色やオレンジ黄色などの中間色を選んでいる子が多いですね。ぱりっとした食感は、とがっているのかな?角張っている感じなのかな?
マシュマロは、圧倒的に白。ふわっとして口の中でとけていく感じを表すのに、雲のような形を感じる子が多いようです。

さて、次は、いよいよお待ちかね ミニパイ作り。

Dscf6318

冷凍パイシートの間に チョコやチーズ、ジャムなど・・好きな具材を挟んだら、ふちに溶き卵をぬり、その上にもう一枚生地をかぶせますが、その生地の形を工夫してみよう!

Dscf6335Dscf6343Dscf6344Dscf6350Dscf6352Dscf6341_2 

クッキー型で抜いたり、好きな形に切って乗せたり・・細く切った生地を編み込んだり。 
Dscf6338_2Dscf6316_2Dscf6353_2Dscf6342_2Dscf6355  

焼き上がりはどうかな?
Dscf6371

Dscf6372

とにかく、ワークショップ2時間の中で 切ったり貼ったり想像力を働かせたり、パイを作ったり、ラッピングをしたり、片付けを協力してやったり

Dscf6360

Dscf6365

Dscf6370

・・スタッフも含めて、みんな大忙しでしたが、こどもたちにとってはどんな時間だったでしょうか?
何か新しい発見はあったかな?

ラッピングをした完成形の写真は、撮影する時間がありませんでした!ごめんなさい。

今回のしょく感教室、こどもたちには、考え感じ表現するということへのヒントが たくさんあったのではないかと思います。それでも、たったの2時間。お家でも、ぜひまたミニパイを作ってみてください。焼き加減も調節して、自分だけのステキなパイができるはずですよ!
形を工夫したり、中に入れる具をどうするか考えるのも楽しいし、
感じる言葉や色、形・・何気ない日常には たくさんのアイデアの元がかくれています!


おまけ
Dscf6381_s_2
私(ツルオカ)も、ワークショップ後に次女(今回アシスタントスタッフとして参加)とミニパイを作ってみましたよ〜! 上にのせる生地の形を工夫して・・いろいろなデザインのミニパイができました! 

Dscf6395
ぜひ、みなさんもお家で作ってみてくださいね。楽しいですよ〜!

restaurant次回の しょく感教室は、来年3月頃を予定しています。
日程が決まり次第、アプレットプラスのホームページや、しょく感教室のブログにてお知らせします。お楽しみに!

2016/09/26

食育と造形■しょく感教室vol.40■パリ?サク?!ミニパイ!

flair参加者募集中!

■食育 と 造形■
見て聴いて香って触れて味わう・・五感をつかったワークショップ


しょく感教室 vol.40

パリ?サク?!ミニパイ!
2016年 11月 6日(日)
10時30分〜12時30分  flair無事終了しました! ご参加ありがとうございました 次回は、来春の予定です

Dscf5823

ひとくちたべた しょくかんを
ことばで 
いろで 
かたちで あらわそう!

やきあがった ミニパイは どんな しょくかん だろう?

五感(みる・きく・かおる・ふれる・あじわう)
をいかして かんじてみよう!
かたちや いろをイメージしてみよう!

*たべた感覚を ことばや 色 カタチにあらわすワークをおこないます
*作った ミニパイ(2つ)は もちかえります

幼い頃から様々な味や香りを体験することが、舌で感じる味の巾を広げ、味覚だけでなく嗅覚視覚・触覚・聴覚を刺激し、食への興味にもつながります。
しょく感教室では、ここに食を演出するヒントも加えて、こどもたちが造形的表現も工夫できるようにしています。

 ★しょく感教室とは? クリックで拡大しますShokukan 

●定員 8〜10名 
対象年長〜小学生(お子様のみのご参加になります)
参加費2800円(材料費、保険料込み)
(こどもデザイン造形教室に在籍の方は2500円)おつりの無いようお持ちください。
持ち物エプロン、ハンドタオル、体調に応じて必要であればマスク、(もっている人は)しょく感教室のカード、水筒


<お申し込み方法>  bell良くお読みください
メール
mail_plus@aplt.jp  にて10 月31日(月)までにお申し込みください。期日前でも定員になり次第お申し込みを締め切りますので、あらかじめご了承ください。
なお、残席状況は随時このページかアプレットプラスHPのトップページにてお知らせします
▲参加ご希望の方は、日時をよくお確かめの上、お早めにお申し込みください。メールやお電話をいただいた順にお取り致します。特に、お友だちやご兄弟とご一緒に参加されたい場合など、お席が埋まってしまっている場合もありますので、ご注意ください。また、
お申し込み後のキャンセルは、お子様の急な体調不良等の特別な理由のない限り、ご遠慮ください また、急なキャンセルとなった場合にも必ずご連絡ください。少人数クラスで運営しております。材料手配の都合上、前日・当日のキャンセルについては 恐れ入りますが、参加費の50%をお支払いくださいますよう ご理解ご協力をお願い申し上げます。

flairお申し込みはこちらからmailto
 お申し込みの際は、下記をお知らせください

・お子様のお名前(ふりがな)、
・年齢(学年)、
・保護者様のお名前、
・ご連絡先(電話、e-mail、住所)、
・アレルギーの有無

*メールをいただきましたら、こちらから折り返しご連絡致します。その後お申し込み完了となります。万が一、返信のない場合はお手数ですが再度お知らせください。

スタッフプロフィール
岩本留里子(フードビジネストレーナー・フードコーディネーター)
飲食業界の人材教育をメインに16年間。その経験を活かし、食の重要性を教えていきたいと活動中。フードファン主宰。→HP
鶴岡まり子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。商品企画やグラフィックデザイン、イラスト制作の仕事とともに、アプレットプラスの こどもデザイン造形教室、おとなのための造形教室を企画運営しています

2016/08/30

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.39」 ご報告!

2016年8月20日土曜日に行われた 食と造形を組み合わせたワークショップ しょく感教室も、
今回で なんと!sun・・39回目となりました。ありがとうございます!

Dscf5384

今回は、夏休みこどもワークショップの中に組み込んでの開催。 
粉をこねたりのばしたり、だしの味を感じたり、香りを比べたり・・
五感をフル稼働するワークショップになっています。
いつも、内容が盛りだくさんなために 時間いっぱい大忙し!

Dscf5351Dscf5352_3Dscf5356Dscf5370Dscf5436Dscf5443

自己紹介のあとは、さっそく うどんの生地作り。
粉に塩水をまぜて、ぐるぐるかきまぜ、手でこねて、ビニール袋に入れてタオルで挟んで足でしっかりと踏みながら生地をのばしていきます。

Dscf5364Dscf5448

段々と色つやの良い生地になっていきます。最後にまるめてビニール袋に入れて しばらく休めます。今回は、初めて出会ったこどもたちも二人一組に なって順番に作業を進めました。声をかけあったり手助けしたり。お互い ちょっと恥ずかしがりながらも、スムーズな共同作業です。

生地を休めている間、岩本留里子さんのお話です。
Dscf5374Dscf5377Dscf5455Dscf5459
今回は、だし について。 
かつお節 にも ソウダガツオ と カツオがあり、ソウダガツオを使用した かつお節は血合いが多く味が濃いのが特徴。普通のカツオとは、香りが違うかな? どんな香りかな? 厚削りのかつお節で香りを比べてみます。 どんな香りがするかな〜?
Dscf5379

なんだか、あたりめ みたい! (しぶいね〜、お家で あたりめを食べているのかな??)

だしの味比べもしました。
Dscf5395
インスタントの かつおだし、インスタントの あごだし、 花鰹を使った一番だし、 厚削りのかつお節を使った一番だし・・ この四種です。
こどもたちには、どれがどのだしなのかは、教えずに あててもらいました。

Dscf5397Dscf5400
香りを比べたり、色を見たり、そして味わったり・・・

四種すべてを当てたのは・・何度も しょく感教室に通ってくれている 5年生のKくんと Aちゃんでした!! スゴイ! これまでも、だしをテーマにした しょく感教室に何回か参加してくれていたので、香りや味わいを覚えていたのかな〜、さすが!

Dscf5475Dscf5476

コドモの頃に覚えた味というのは、おとなになってもそのときの状況と共に記憶に残るそうです。
私も、かつお節でとったおだしの香りを感じると、幼い頃のお正月の朝を思い出します。母がお雑煮用に普段よりもかつお節を多めに使っていたのか、おだしの香りが一杯に広がった新年の朝・・。

Dscf5406_2
一番だしでも、厚削りのかつお節を使って長く煮出しただしは、とても濃厚な香りと味わい。 薄く削った花鰹でとった おだしは、うま味はあっさりとしていますが、香りがとても豊かです。 

比べてみると、インスタントは、味がハッキリしているものの、香りがほとんどありません。しかし、ちゃんとかつお節からとったおだしは、とても香りがいい! そして、色も濃い。

本物の差をそこから感じることができます。

Dscf5495

Dscf5410Dscf5411
最近は、インスタントのだしや めんつゆなど、お手軽に使えるものがたくさん売っているので、忙しいと どうしてもそれを使ってしまうことが多いのですが、今日は、カンタンに作れるめんつゆも、作ってみましたよ。
みりんを煮きって、醤油を入れて煮立て、そこに濃いおだしを注ぎます。あっという間にできてしまいます。
良い香りが漂い、気持ちもほっこり。

おだしって、なんでこんなに癒やされる香りなのでしょう〜。
こどもたちには、こんな風にめんつゆってできるんだと、覚えておいてほしいと思います。なんでも手軽に買える世の中ですが、手作りのおだしの香りが豊かなことを!

さて、うどん生地を休ませている間に、おだしの香りや味を体験しましたが、パッケージの準備もしておきました。今回は、カラーペーパーをクルクル丸めてはさみでカットして作る紙帯です。連続模様が楽しい!

Dscf5408

そうこうしているうちに、休ませていた生地も落ち着いたので、いよいようどんを切るよ〜!

Dscf5418

麺棒で薄くのばして、折りたたんで均等に切ります。

Dscf5431

Dscf5421Dscf5423Dscf5426Dscf5430_1Dscf5479Dscf5434Dscf5481

初めて包丁を使う子もいましたが、みんなていねいに、そして上手に切ることができましたよ! 

Dscf5485Dscf5487Dscf5490Dscf5491

今回は、手打ちうどん&手作りめんつゆ を持ち帰りました。
(午前クラスの作品、ごめんなさい 写真をとりわすれてしまいましたcoldsweats02
お家で茹でて食べた感想はどうだったかな? おいしかったかな?

今回も、五感をフル回転させての 充実した二時間だったと思います。

次回も是非楽しみにしていてくださいね。
次回 開催日時が決まりましたら、またトップページにてお知らせさせていただきますhappy01

2016/06/29

食育と造形■しょく感教室vol.39■手打ちうどんをつくろう!

Dscf6774s

見て聴いて香って触れて味わう・・五感を使ったワークショップ
 
しょく感教室 vol.39 手打ちうどんをつくろう

Dscf6674s
Dscf6755sDscf6765s
だしの香りや、うまみを味わい 
こなにふれ、こねてのばして・・・・
手打ちうどんをつくりましょう!
五感をフルに使った大人気のワークショップ!

*うどんは、持ち帰ります
 

★しょく感教室とは?
 クリックで拡大しますShokukan
★しょく感教室のブログこちら

●8月20日(土)
午前クラス 10時30分〜12時30分

 flair午前クラス 満席です!ありがとうございます(7/29)
午後クラス 14時〜16時

各クラス定員 8名(対象年齢:年長〜小学生) 
2800円(材料費、保険料込み)
(こどもデザイン造形教室に在籍の方は2500円)おつりの無いようお持ちください
持ち物:エプロン、ハンドタオル、バスタオル(うどん作りに使用します)
体調に応じて必要であればマスク、(もっている人は)しょく感教室のカード、水筒

 

<お申し込み方法>  bell良くお読みください
メール mail_plus@aplt.jp  にて
8月15日(月)までにお申し込みください。期日前でも定員になり次第お申し込みを締め切りますので、あらかじめご了承ください。
なお、残席状況は随時このページかアプレットプラスHPのトップページにてお知らせします
▲参加ご希望の方は、日時をよくお確かめの上、お早めにお申し込みください。メールやお電話をいただいた順にお取り致します。特に、お友だちやご兄弟とご一緒に参加されたい場合など、お席が埋まってしまっている場合もありますので、ご注意ください。また、
お申し込み後のキャンセルは、お子様の急な体調不良等の特別な理由のない限り、ご遠慮ください また、当日急なキャンセルとなった場合にも必ずご連絡ください

お申し込みの際は、
・ご希望のクラス
・お子様のお名前(ふりがな)、
・年齢(学年)、
・保護者様のお名前、
・ご連絡先(電話、e-mail、住所)、
・アレルギーの有無

をお知らせください。
*メールをいただきましたら、
こちらから折り返しご連絡致します。その後お申し込み完了となります。万が一、返信のない場合はお手数ですが再度お知らせください。

 

 

 

スタッフプロフィール
岩本留里子(フードビジネストレーナー・フードコーディネーター)
飲食業界の人材教育をメインに16年間。その経験を活かし、食の重要性を教えていきたいと活動中。フードファン主宰。→HP
鶴岡まり子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。商品企画やグラフィックデザイン、イラスト制作の仕事とともに、アプレットプラスの こどもデザイン造形教室、おとなのための造形教室を企画運営してい

2016/04/19

食育と造形 五感を使ったワークショップ「しょく感教室vol.38」 ご報告!

2016年4月17日(日) 五感を使ったワークショップ 「しょく感教室vol.38」 がアプレットプラスのアトリエにて 開催されました。その ご報告です。

Dscf3464_3
昨年、しばらくお休みをいただいていたので、実に一年ぶりの開催でした。そして、いつも土曜日の開催でしたが日曜日は初めて。でも、今回もリピーターのこどもたちが半数を占めているという「しょく感教室」です。それだけ、こどもたちが楽しみにしてくれているということが、とても嬉しいですね。 
今回は、新年長さんが三人も参加してくれて、全体に年齢層が若く^^なりました! 
さあ、いつものようにあいさつと自己紹介から始まりました。
初めて出会うお友だちとも仲良く二時間過ごしましょう。そして、今日も大忙しの内容です。たくさん楽しんで体験していってほしいと、ついつい内容が盛りだくさんになってしまうので、こどもたちには、がんばってもらわないと〜!

まずは、岩本留里子さんの 盛りつけのお話。
Dscf3427_2Dscf3431_2Dscf3433_2  
カップに入ったプリン。
さて、そのままカップで食べるのと、お皿にあけてから飾り付けたものとでは どちらがおいしそうに見えるかな? クリームを添えたり、イチゴを切って添えたり。カットするとイチゴの内側と外側では色が違うよね。その色の違いも上手に使ってみると、おいしそうに見えるんじゃないかな?

Dscf3435

Dscf3465
だれかのお誕生日や特別な日に、ちょっと飾って、敷物を敷いたりするだけで、随分 違って見えるよね。

それから・・買ってきたお惣菜。パックのままテーブルにおいて食べてないかな?

Dscf3439_3
ひと工夫して お皿の色を考えたり、そこに少し真ん中を高くこんもりと盛りつけ、一番上にキュウリをふわりとのせてみたり。みどりの葉やプチトマトを添えるとどうかな? どれが一番おいしそうかな?

Dscf3441_2
黒いお皿はゴボウサラダが鮮やかに見えるね。白いお皿と比べてどうだろう?

Dscf3449
Dscf3452
こんな風に、ちょっとしたひと手間でおいしそうに感じるね。料理は見た目が大切。人間は「視覚」でおいしさを感じるのです。
そして、もりつける時には、料理を食べる人のことを考えることも大切。相手のことを思い、心を込めて盛りつけることで料理はグンっとおいしく感じられるんだね。 覚えておいて、お家でも実際にやってみてね。

さて、今度はいよいよ 今日のお題のパンケーキを作りましょう。
Dscf3466_2Dscf3467_2
おえかきパンケーキと、もりつけパンケーキ。作る前にアイデアスケッチをして頭の中を整理してみよう。そうすることで、いきなり作るよりも工夫ができるし、失敗が少なくなる。
Dscf3545
今日は短時間で大急ぎですが、ぱっとひらめいた もようを表現できるといいね。

Dscf3471Dscf3474Dscf3475

おえかきパンケーキは、クッキングシートの上に、絞り出しながら絵を描いていきます。こうして、クッキングシートの上にあらかじめ模様を描いておくと、ホットプレートの熱を気にしなくていいので、絵も描きやすいのです。絞り出しをコントロールしながら絵を描くのは すこしむずかしいけれど、できるかな?

Dscf3482_2Dscf3484_2Dscf3489_2
図案の上に生地を乗せて焼いていきます。ひっくり返すと、キレイに模様が出てきました。
Dscf3490Dscf3492Dscf3493Dscf3494Dscf3506Dscf3496

Dscf3480Dscf3498
パンケーキの飾り付けは、フルーツの色合いや置き方など、みんなそれぞれ工夫できたかな?
スケッチ通りかな?
Dscf3499

参加してくれたこどもたちの作品。↓

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6Photo_7Photo_8Photo_9Photo_10Photo_11

左上から右へ順番に・・
あい/5年 いろは/年長 こうた/年長 ちさと/5年 てっぺい/年長 はなこ/3年 ゆいか/2年 ゆいな/3年 よしひと/2年


自分で盛りつけたパンケーキを試食してみましたが、みんなニッコニコの笑顔でhappy01
とてもおいしそうにペロリと平らげていました!
Dscf3532_2
Dscf3522_1
新年長さんも とてもがんばった今回のしょく感教室。みんなで お片付けも協力してできたし、自己紹介も感想発表も 堂々とできましたね!

Dscf3542_1Dscf3557

今日は時間が限られていたのでおお急ぎのところもありましたが、今度はお家で もう一度!ぜひ作ってみてくださいね。きっともっともっと上手にできますよ〜^^

おえかきパンケーキも、やけどしないようにと、クッキングシート上に絵を描きましたが、直接ホットプレートにおえかきしてから生地を流し込むと、表面のムラがなくなって絵がきれいに表現できますよ〜。

sun次回の しょく感教室 vol.39 は、8月20日土曜日を予定しています。(変更の場合もありますが、7月初旬には決定した内容をお知らせできると思います)ぜひ、またご参加くださいね!お待ちしています。

2016/03/06

食育と造形■しょく感教室vol.38■かざって おえかきパンケーキ!

■食育 と 造形■
見て聴いて香って触れて味わう・・五感をつかったワークショップ

《しょく感教室 vol.38
かざって おえかき パンケーキ!
2016年 4月17日(日)

無事終了しました!ご参加ありがとうございましたhappy01
10時30分〜12時30分
flair
満席になりました!ありがとうございます(4/7)

Dscf8813sDscf8793s_2

Dscf2885

たべものと色の関係とは?
どんな色がおいしそうにみえるかな?
おいしそうに もりつけられるかな?
楽しく学んだ後は、実際にパンケーキをかざりつけてみよう!
おえかきパンケーキもつくっちゃおう!

*もりつけたパンケーキは ワークショップ内で試食します
*おえかきパンケーキは もちかえります

Dscf8893

幼い頃から様々な味や香りを体験することが、舌で感じる味の巾を広げ、味覚だけでなく嗅覚視覚・触覚・聴覚を刺激し、食への興味にもつながります。
しょく感教室では、ここに食を演出するヒントも加えて、こどもたちが造形的表現も工夫できるようにしています。

 ★しょく感教室とは? クリックで拡大しますShokukan 

●定員 8〜10名 
対象新年長〜小学生(お子様のみのご参加になります)
参加費2800円(材料費、保険料込み)
(こどもデザイン造形教室に在籍の方は2500円)おつりの無いようお持ちください。
持ち物エプロン、ハンドタオル、体調に応じて必要であればマスク、(もっている人は)しょく感教室のカード、水筒


★過去のしょく感教室については、こちらをご覧ください→restaurant

 <お申し込み方法>  bell良くお読みください
メール mail_plus@aplt.jp  にて
4 月11日(月)までにお申し込みください。期日前でも定員になり次第お申し込みを締め切りますので、あらかじめご了承ください。
なお、残席状況は随時このページかアプレットプラスHPのトップページにてお知らせします
▲参加ご希望の方は、日時をよくお確かめの上、お早めにお申し込みください。メールやお電話をいただいた順にお取り致します。特に、お友だちやご兄弟とご一緒に参加されたい場合など、お席が埋まってしまっている場合もありますので、ご注意ください。また、
お申し込み後のキャンセルは、お子様の急な体調不良等の特別な理由のない限り、ご遠慮ください また、当日急なキャンセルとなった場合にも必ずご連絡ください

flairお申し込みはこちらからmailto
 お申し込みの際は、下記をお知らせください

・お子様のお名前(ふりがな)、
・年齢(学年)、
・保護者様のお名前、
・ご連絡先(電話、e-mail、住所)、
・アレルギーの有無

*メールをいただきましたら、こちらから折り返しご連絡致します。その後お申し込み完了となります。万が一、返信のない場合はお手数ですが再度お知らせください。

スタッフプロフィール
岩本留里子(フードビジネストレーナー・フードコーディネーター)
飲食業界の人材教育をメインに16年間。その経験を活かし、食の重要性を教えていきたいと活動中。フードファン主宰。→HP
鶴岡まり子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。商品企画やグラフィックデザイン、イラスト制作の仕事とともに、アプレットプラスの こどもデザイン造形教室、おとなのための造形教室を企画運営しています

2016/02/26

しょく感教室とは?

bell しょく感教室 vol.41 2017/3/26(日)10時30分〜12時30分に決まりました! お申し込みはこちらから→riceball

「しょく感教室」は、食育造形を組み合わせたコドモ向けのワークショップです。

食に関する仕事をしている 岩本留里子 と、デザイン・造形の仕事をしている 鶴岡まり子 の二人がタッグをくみ、毎回テーマを考えています。

 

食材の香り、音、感触、味、色などを確認しながら(五感を意識する)
これまでとは違った角度から「食」に実際に「触れる」ことにより(食&触)
コドモたちに新たな発見をしてもらうことがねらいです。Dscf8898s_2

 

また、「食」を作り味わうだけでなく  
造形を組み合わせることで、表現し演出する楽しさも体験します。

 

ワークショップには、お母さんとは離れてコドモたちだけで参加してもらっていますが、毎回のテーマに沿ったものをコドモたちが自分たちの手で作るのはもちろん、自己紹介、片づけ、最後に感想や意見の発表もします。

初めて出会った同士でも、順番に道具を使ったり、作業を分担して片づけをしたり(食器洗い・床掃除等)・・共同作業をすることの大切さも体験してもらっています。


★これまでの しょく感教室の記録 vol.1 〜 vol.38
vol.1 こねてまるめて  vol.2 おにぎりケーキ vol.3 かつおぶし vol.4 フルーツ vol.5 ふりかけ  vol. 6 ソーダパン vol.7 どらやき vol.8 おにぎりキャンディ vol.9 手作りグミ vol.10 カラフル白玉 vol.11 カステラ vol.12 やさいもち vol.13 おにぎりパフェ vol.14 お茶 vol.5 ひんやり寒天 vol.16 スパイス vol.17 ツリートーストと牛乳 vol.18 チョコレート vol.19 塩味 vol.20 酸味/ピクルス vol.21 苦味/グミ vol.22 うま味/だし vol.23 辛味/スナック vol.24 色/ピザ vol.25 もりつけ/パンケーキ vol.26 旬/じゃがいも vol.27 くずきり vol.28 たまご/手作りマヨネーズ vol.29 手打ちうどん vol.30 甘味/ロリポップチョコ vol.31 酸味/押し寿司  vol.32 苦味/野菜 vol.33 塩味/ゴロゴロアイス  vol.34 うま味/月見おにぎり vol.35 スパイス/ソーダパン  vol.36 なぞなぞスナック  vol.37 春色マカロニ vol.38 おえかきパンケーキ vol.39手打ちうどん vol.40ミニパイ

flairどこで 開催しているの?→東京都中野区にあるアトリエ アプレットプラス
flairいつ 開催しているの?
→ 開催予定日の約一ヶ月前からお申し込み受付開始予定
flair連絡先は?
mail または アプレットプラスまで

happy01こちらもご覧ください→ 岩本留里子ホームページ アプレットプラスのホームページ アプレットプラスのフェイスブックページ  


Dscf8906sDscf0987Dscf0947Dscf6601sDscf6657sDscf5509sDscf6755s

2015/04/05

五感をつかったワークショップ しょく感教室vol.37 ご報告

o2015年3月28日(土)に行われた しょく感教室vol.37 春色マカロニをつくろう! のご報告です。

Dscf8804_3

この日は春休みに入った最初の週末であり年度末年度始めの時期でもあったからか、今回のしょく感教室の参加者は少なめでしたが、こどもたちは素材に触れながら手打ちのマカロニづくりに挑戦しました。

まず始めにいつものように自己紹介。
このしょく感教室は、リピーターのこどもたちがとても多く、それぞれ何度か顔を合わせている子もいるのですが、それでも必ず名前や年齢と共に一言添えながら自己紹介をします。回数を重ねるごとに、照れること無く堂々と発表できるようになっています。

Dscf8710

次に、岩本留里子さんのお話。
今回は、薄力粉、中力粉、強力粉・・小麦粉の種類によるちがいを学びました。
実 際に粉に触れ、粉に水をいれて練ってみました。実際にこねて丸めてみることにより、粘りの違いを体感します。強力粉は、強い粘りとコシがあります。もっち りと弾力のある食感を求められる料理にピッタリ。薄力粉はサクッと仕上げたい料理に。粘りけの違いで、作る料理も変わるんだね。

Dscf8715Dscf8724Dscf8721Dscf8729
Dscf8734Dscf8737Dscf8741Dscf8747Dscf8746

さて、いよいよ手打ちのマカロニに挑戦。
普段はあまり使うことのないデュラム小麦粉ですが、触れてみるとざらっとして粒子が粗い。色も黄 色っぽい独特の粉です。今回は、ほうれん草のマカロニと、トマト風味のマカロニも作ります。プレーン生地にやさいのペーストを混ぜ込むと、色がほんのりと ついてパステル調のやさしい春色になります。

Dscf8753Dscf8766

粉にタマゴや水、オリーブオイル、野菜ペーストなどを加えながらよく練っていきます。実際に手を使って直接粉に触れる気持ちよさ!
こねていくうちに生地がまとまり弾力が出てきます。それを等分に分けたら、今度はころがし、細くながく伸ばして細かく均等に切り分け、丸めていきます。まるで粘土遊びのように楽しみながら小さな丸いお団子がたくさんできました。
巻きすの上でくるりと転がせば、シェルマカロニの出来上がり!転がすのがむずかしい場合は、フォークで模様をつけてもいいのです。

Dscf8759Dscf8764Dscf8773Dscf8776Dscf8775
Dscf8766Dscf8767Dscf8769Dscf8772Dscf8777Dscf8778Dscf8780Dscf8789Dscf8784

作ったマカロニを折り紙の要領で作ったお皿に盛りつけて・・
Dscf8791

きれいな春色マカロニができあがりました。

Dscf8798Dscf8793

幼い頃から食材に触れ、遊び感覚で身近に感じる・・そうした気軽なところから食べること・つくることに興味をもって欲しいなと思います。

Dscf8800_2Dscf8801_2Dscf8803_2Dscf8806_2

最近は、なんでも時間をかけず苦労せずに手に入れることができたり、
実際の経験も無いまま、プロセスを知ることなくすぐに結果が見えてしまったり・・。本当にそれが我々にとって役に立つことなのでしょうか?
実際に体験すること無く、感じたり考えたりすることも無く、そこから何か新しいアイデアはうまれてくるのでしょうか?

便利な世の中だからこそ、こどもたちには時間をかけ実際に手を動かし素材に触れて作ることの大切さ楽しさを伝えたい。こどもたちの未来のためにも、五感を働かせた体験をたくさんして欲しいのです。

2015/02/19

食育と造形■しょく感教室vol.37■春色マカロニをつくろう!

flair参加者募集中!
■食育 と 造形■
見て聴いて香って触れて味わう・・五感をつかったワークショップ

《しょく感教室 vol.37
春色マカロニをつくろう!
2015年 3月28日(土)
午前クラス 10時〜12時 
午後クラス 14時〜16時

Dscf8306_2Dscf8298_3

触れたり、まぜたり、こねたり、丸めたり、のばしたり・・

実際に手を動かして、素材の変化を直接感じ
粘土遊びのように楽しみながら
春色に染まる カワイイ手打ちのマカロニを作りましょう
粉の違いも学びますよ!

*作ったマカロニは 持ち帰ります
Dscf6601Dscf6694sDscf8324 調理例

幼い頃から様々な味や香りを体験することが、舌で感じる味の巾を広げ、味覚だけでなく嗅覚視覚・触覚・聴覚を刺激し、食への興味にもつながります。
しょく感教室では、ここに食を演出するヒントも加えて、こどもたちが造形的表現も工夫できるようにしています。

 ★しょく感教室とは? クリックで拡大しますShokukan


●各クラス定員 8名
 
対象年長〜小学生(お子様のみのご参加になります)
参加費2800円(材料費、保険料込み)
(こどもデザイン造形教室に在籍の方は2500円)おつりの無いようお持ちください。
持ち物エプロン、ハンドタオル、体調に応じて必要であればマスク、(もっている人は)しょく感教室のカード、水筒

 <お申し込み方法>  bell良くお読みください
メール mail_plus@aplt.jp  にて
3 月23日(月)までにお申し込みください。期日前でも定員になり次第お申し込みを締め切りますので、あらかじめご了承ください。
また、最低開催人数は1クラス2名となります。
なお、残席状況は随時このページかアプレットプラスHPのトップページにてお知らせします
▲参加ご希望の方は、日時をよくお確かめの上、お早めにお申し込みください。メールやお電話をいただいた順にお取り致します。特に、お友だちやご兄弟とご一緒に参加されたい場合など、お席が埋まってしまっている場合もありますので、ご注意ください。また、
お申し込み後のキャンセルは、お子様の急な体調不良等の特別な理由のない限り、ご遠慮ください また、当日急なキャンセルとなった場合にも必ずご連絡ください

clipお申し込みの際は、

・ご希望のクラス
・お子様のお名前(ふりがな)、
・年齢(学年)、
・保護者様のお名前、
・ご連絡先(電話、e-mail、住所)、
・アレルギーの有無

をお知らせください。
*メールをいただきましたら、こちらから折り返しご連絡致します。その後お申し込み完了となります。万が一、返信のない場合はお手数ですが再度お知らせください。

スタッフプロフィール
岩本留里子(フードビジネストレーナー・フードコーディネーター)
飲食業界の人材教育をメインに16年間。その経験を活かし、食の重要性を教えていきたいと活動中。フードファン主宰。→HP
鶴岡まり子
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。商品企画やグラフィックデザイン、イラスト制作の仕事とともに、アプレットプラスの こどもデザイン造形教室、おとなのための造形教室を企画運営しています

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー